人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雛を連れてきた♫

今朝は、とっても嬉しい事がありました。

シジュウカラの親が、雛を連れてきました。
こんなに大きくなっていて嬉しい!!!。
時々どうしているかしら?と、思っていました。

巣立ちから40日あまり、鳴き声はまだ、雛の時と同じでした。
その声に反応して直ぐカメラを向けました。
b0197433_14021783.jpg
親は例によって巣箱に乗り、あちらこちら点検をして、
巣箱の中に入りました。
b0197433_14012079.jpg

b0197433_14013834.jpg
そして、なんと雛が同じように巣箱に乗り、
b0197433_14020697.jpg

巣箱を覗いて、中に入りました!
入るときの後ろ姿、お尻の黒色がしっかり出ているのが親、
b0197433_14030808.jpg
こちら↓は雛
b0197433_14024478.jpg
雛の羽の色は、まだ浅い色で成鳥とは違っていました。
5月14日飛び立った時こんなに初々しかった雛がこんなに立派になって帰ってきた!!!
b0197433_14341349.jpg
中で親子はどんな会話をしていたのでしょうか?
「君の生まれたのはここなんだよ!」と言っていたのかもしれません。

雛は巣箱からそっとこちらを見ていましたが、飛んで行きました。
b0197433_14032826.jpg
過去二回、雛を見せに来てくれましたが、巣箱まで入ったのは初めてでした。
子供に我が家の巣箱を見せると言う事は、次に繋がるようでとっても嬉しい。

親は黄金柑の木に止まって暫くゆっくりして行きましたが、
親の羽の色もすっかり綺麗になっていて、体力も十分回復したように思います。
b0197433_14110644.jpg
毎日巣箱を覗きに来るのは、次への準備?と期待に胸が膨らみます。

by hibi-odayakani | 2019-06-28 14:40 | メジロ、シジュウカラ

とうきび人形ープラムと

梅の実がに店頭に出まわる頃、妹の家のプラムも色づきます。
嬉しい電話がかかってきて、いそいそと頂きに行きました。
枝に付いている物は、花瓶に挿して楽しみます。
b0197433_17242479.jpg
丁度、タンポポを持たせるために作った赤い服を着た人形があったので、
早速写真をパチリ、本当は持たせてあげたかったのだけれど、
人形は吹けば飛ぶような軽さの上に、片足立ち、持たせられないのが残念です。

家に帰ると、見る見る間に、色づいてきて、その色がとっても可愛い。
b0197433_11080601.jpg
毎年このプラムを使ってジャムを作るのが我が家の恒例で、
今年も大汗をかいて作りました。暑い中の瓶の消毒も大変!

このプラム<大石早生>は実の色も綺麗で、生でも美味しい。
b0197433_11082040.jpg

出来上がりの色も綺麗な赤で、お気に入りだったのに残念です。
b0197433_11284301.jpg

知人、友人皆さんが大好きな甘酸っぱいジャムです。

木が老木なので、今年は木が半分折れてしまったとのこと、
収穫は例年の半分で、来年はないかもしれないとの事でした。
b0197433_11213675.jpg
毎年送るプラムジャム大好きな友人に、
「来年は、取れないかもしれません。」と電話すると、
「あら、残念!!!。私達と一緒ね。だんだんへたって行くのね。」
と、言っていました。

この地に来て20年近く、プラムジャムを楽しませて貰いましたが、
やっぱり、生あるものには限りがあるのは仕方がない事。

しっかり養生したら来年に期待できるかも?と、勝手な期待をしています。

by hibi-odayakani | 2019-06-25 11:37 | とうきび人形

念には念を入れて

シジュウカラが番で毎日餌を食べに来ます。
b0197433_16530521.jpg

そして、オスは巣箱の中や外回りを点検しています。
b0197433_16531801.jpg
特に、巣箱の下の方を良く見ています。
b0197433_16383714.jpg
猫が隠れるところはないか調べているのかと思って、
b0197433_16381926.jpg
これが気になるのかしら?、
クリスマスローズや、シュウメイギクが茂っているのを切りました。
夫に笑われましたが・・・・。
b0197433_16380624.jpg
でもまだ不安なのか、翌日も一生懸命見廻しています。
そして、中からこちらを偵察、
b0197433_16375190.jpg
念には念を入れて調べています。
その間、メスはヒマワリの種を啄んでいます。
b0197433_16400032.jpg
暢気?、それとも、子育てで疲れているので、栄養補給に余念がないのかも?
b0197433_16524835.jpg
昔の記録からすると卵を産む気があるのなら、
b0197433_16411926.jpg
そろそろ、巣材を運んでも良い時期なんですが・・・・・。

by hibi-odayakani | 2019-06-22 16:58 | メジロ、シジュウカラ

桜エビとシラスの落とし揚げ

昨日は、刺繍とお喋りの会に、
乾燥桜エビと、釜揚げシラスを使った揚げ物を作りました。
b0197433_15512696.jpg
お高い乾燥桜エビを少々、釜揚げシラスをたっぷり、岩海苔、ネギのみじん切り、
b0197433_15500912.jpg
すりおろした長芋に片栗粉を混ぜ、白だしで少し味を加え、
b0197433_15503912.jpg
b0197433_15505128.jpg
油の中にスプーンで落としながら揚げました。
b0197433_15510345.jpg

桜エビ:適宜 釜揚げシラス:150g
長芋:200g 片栗粉:大2 白だし:大1長ネギみじん切り、 岩のりの粉

片栗粉が入っているので、外はパリパリ、
中はフワフワ、モチモチ、ほのかに桜エビの味と香りがして、
b0197433_15511304.jpg
例年とは違う桜エビの味を楽しみました。

毎年、皆さんがとっても楽しみしている桜エビのかき揚げ、
みんなでワイワイ言いながら、揚げて、ニコニコ顔で賞味していましたが、
今年はこんな形でしか実現できませんでした。

昨年からの超不漁に規制がかかり、早々と漁も中止になり、
由比漁協に問い合わせると、お値段は昨年の倍でした。
桜エビにしろシラスにしろ、年々漁獲量が減ってきて、
これから先が心配です。
昨年からの桜エビの漁の規制が反映されて、
この秋の漁には沢山取れますように、期待しています。

by hibi-odayakani | 2019-06-18 16:02 | 美味しい物

水浴び

スズメの水浴びは一年中です。
b0197433_09354637.jpg
でも、暑い日の水浴びは、見ているこちらも気持ちが良い。
b0197433_09353059.jpg
綺麗な水にしてあげたら、早速、パシャパシャ、
b0197433_09351961.jpg
今日は一人で気持ち良さそうです。
b0197433_09350462.jpg

沢山で芋の子を洗うようなときもあります。
b0197433_09360775.jpg

by hibi-odayakani | 2019-06-16 09:39 | 小鳥、魚 | Comments(0)

生のジュンサイ

秋田出身のお友達が、
秋田の朝市での名物が届いたと、色々届けて下さいました。
b0197433_09103848.jpg
ご主人もお酒が大好きだったとのことで、
お酒大好きな夫の嗜好ををご存じで、いつも心に掛けて下さる。
秋田の美味しい物が一杯の夕食になり良かったです。

仙台時代旅行先で良く頂きましたが、ジュンサイの生は初めてでした。
ネットで調べて、さっと茹でて、氷水にさらしました。
b0197433_09110753.jpg
沢山あるので、お吸い物にたっぷり入れました。
b0197433_09114469.jpg
過日、彼女が届けて下さった茅の舎のアゴのだしが役に立ちました。
b0197433_09102430.jpg
美味しいだし汁と一緒にツルリとした食感が良かったです。
もう一品は、ポン酢で頂きました。
b0197433_09113205.jpg
そして、カレイの一夜干しは、唐揚げにしました。
良く揚げたので、中心の太い骨以外は食べられ、
骨があるので魚が嫌いな夫も、喜んで頂きました。
b0197433_09121262.jpg
ナスの漬物も農家の方が漬けた物とのこと、
塩味がちょうど良く、伽羅蕗と一緒に。
b0197433_09112174.jpg
彼女の贈り物は、少しづつ色々あって高齢者には楽しみです。
私もそういう気遣いを見習うようにしています。

by hibi-odayakani | 2019-06-13 09:21 | 美味しい物

ステッキ

父の日にと、一足早く子供達から、夫にステッキが届きました。
b0197433_15110589.jpg
毎年それぞれ趣向を凝らしたプレゼントが届きますが、
今年は、私が夫に内緒で子供達に提案をさせて貰いました。
b0197433_15104961.jpg
<介護用ではない、少しお洒落なステッキのプレゼントはどうかしら>と。

腰痛でゴルフを止めて2年あまり、
夫は近年めっきり足腰が弱ってきたように思います。

白内障の手術をしたら、横がゆがんで見え真っ直ぐ歩きにくいとの事、
大したことはありませんでしたが、過日も躓いて転びました。
先生は馴れるしかないと言われるそうですが、歩くのも怖いようです。

でも、歩かなければ尚更足腰が弱るし、
子供達からのプレゼントなら持ってくれるかな?と思って・・・。

ラインで色々画像を送ってきてくれ、
老舗 ドイツ ガストロック製 のステッキが良いのではとなりました。
b0197433_15103468.jpg
長さ調節や折りたたみの金具がないのでスマートです。

私も16年前に、八ヶ岳クラブでステッキを買いました。
ドイツ製で少しお高かったけれど、一生物なので奮発しました。

グリップの曲線がとっても握りやすく安定感があり、お気に入りです。
b0197433_15095671.jpg
届いて、夫はとても気に入ってくれました。
凄く堅くて切るのが大変だったようですが、自分で長さ調節をしていました。
b0197433_15101464.jpg
<転ばぬ先の杖>これから重宝しそうです。

by hibi-odayakani | 2019-06-09 15:24 | 日々の暮らし

また、嬉しい予感

この所、嬉しい予感があります。
b0197433_15300430.jpg
先日夫が新しい巣箱を設置してくれましたが、
それから毎日、シジュウカラが巣箱を覗きに来てくれます。
b0197433_15302514.jpg
胸からお腹の黒い部分が大きいので、オスと思います。
b0197433_15304273.jpg
人間と同じで物件を探すのはオスの役目のようです。
b0197433_15310121.jpg
3日連続です。
b0197433_15311715.jpg
最初は覗くだけでしたが、
翌日は、巣箱の周囲を色々点検していました。
b0197433_15370100.jpg
気に入って、2回目の巣作りはあるかしら?

5年前は7月16日に卵を6個産んでいます。
b0197433_15295079.jpg
このまま気に入って、メスを連れてきて、巣作りをしてくれるかな?
羽の色艶もとっても良く、子育てが終わり、十分体力が回復したのかもしれません。

昨日は、幼鳥を連れてきましたが、あっという間に帰ってしまいました。
先日子育てをしたシジュウカラのように思えます。

by hibi-odayakani | 2019-06-07 15:39 | メジロ、シジュウカラ

バラの後の庭

バラの花が一段落、2番花のつぼみが膨らみ始めました。
この時期、庭や駐車場はは黄色のスカシユリが新緑に輝いています。
b0197433_10293608.jpg

スカシユリはとっても繁殖力が強く、花後早く切っても毎年よく咲いています。
b0197433_09501511.jpg
嫁入り先のあちらこちらでも咲いていることでしょう。

ピンクアイスバーグは、ずっと咲き続けています。
b0197433_09502681.jpg
苗で買ったので、咲いてから花に重厚感がないのに気がつきました。
失敗かと思いましたが、ずっと咲いているので、賑やかしにはもってこいです。

パッションフルーツは、やっと一つ結実、まだまだこれからです。
b0197433_09503886.jpg
バラが咲き出す頃、ダリア、カノコユリ、キキョウが次々咲き、
まだ暫くは花が一杯咲いて、外を眺めながらのお茶はほっとします。

お友達が梅を沢山届けて下さいました。
久~しぶりに梅サワー等作りました。
終活で色々捨てたけれど、この瓶は残っていました。
b0197433_10013590.jpg
妹から破竹やフキも届き、佃煮作り等次から次と、結構忙しい・・・、
夫は大好物が届き、嬉しそうです。



by hibi-odayakani | 2019-06-06 10:08 | 庭の花

巣箱のリニューアル

シジュウカラが巣立って20日過ぎました。
あのピーピー鳴く声が聞こえず物足りない日々です。

夫が、新しい巣箱を設置してくれました。
年々作るのが大変になるので、2個作り置きしてくれていました。
ありがとう!!!
b0197433_16130124.jpg
新しい巣箱の中はこんな感じです。
b0197433_16213908.jpg
湿気がこもらないように底は五カ所くらい穴が開けてあり、
底の風通しの良いように底に下駄を履かせました。
b0197433_16430107.jpg
上が開くようになっていて、そこから私は雛達の写真を撮りました。
b0197433_16304854.jpg
新緑の中に綺麗に映え、期待が膨らみます。
b0197433_16131650.jpg
メジロの餌台も綺麗にペンキを塗り替えてくれました。
b0197433_16305913.jpg
前回、暫くして親が雛を数羽づつ連れてきました。
お世話になったところ?、餌があるよ?と案内してきたように思いました。
先日は、親が庭に来ていました。
b0197433_16133098.jpg
リニューアルした巣箱をちらっと見ていました。

5年前のシジュウカラは、一年に2回巣作りをしてくれました。
今回は卵を12個も産んだ元気なシジュウカラなので、
もしかして、今年もあるかも?、期待に胸が膨らみます。

by hibi-odayakani | 2019-06-03 16:47 | 夫の手仕事