人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年も応援頑張りま~す!!!

昨日はアスルクラロホーム2戦に、初戦に続き行って来ました。

b0197433_10534913.jpg


桜は3分咲き、肌寒い一日でしたが、しっかり着込んで行きました。

b0197433_10515951.jpg


残念ながら1:2で負けました。
だんだん動きは良くなってきているけれど、あと一歩、
昨年の主力メンバーがごそっとJ2に移籍の影響は大きいです。

b0197433_10593769.jpg


まだ始まったばかりですが、現在18チーム中9位、
セレッソ大阪U23とカマタマーレ讃岐がダントツ1、2位。

相手はそのJ2から降格してきたカマタマーレ讃岐、
J2にいただけあって、やっぱり気合いが違いました。
サポーターも90名近く、四国から来ていました。
こちらの観客数は2000名足らず、もっと来て欲しいなーーー。

送迎してくれる夫と私のお弁当を作り、1時開始なのに11時半には到着、
良い席を確保、皆でお弁当を食べ、練習を見て試合開始を待ちます。

b0197433_10532938.jpg


今年のアスルのスローガンは<走れアスル>
私達お婆さんは、近年自分達が走った事がないのに、
「走れーーー!、もっと早くー!、ボールこっちに廻して!」と、
賑やかに声をかけ、拍手をしながら応援してきました。
負けても気分がスカッとして、大声を出すって良い事なんだと思います。
お友達は「これで一週間ニコニコしていられる。」と言います。

b0197433_10541446.jpg

ハーフタイムは皆さんが持参したおやつを色々頂きながらお喋り、
これが結構お腹が一杯になります。
なので、私のお弁当は少なめにしていますが、結構お腹が一杯になってしまいます
帰宅してから、負けも重なって夕食の準備がしたくない気分でした。
でも送迎係の夫は関係ないので、一生懸命作りました。

b0197433_10521686.jpg

シーズンパスポートを買って頂いたポシェット、
後ろと中にポケットを付け、マチも入れ使い易くしました。

b0197433_10523446.jpg


中に、携帯、お財布、パスポート、おやつを入れ肩に掛け膝の上に、
なかなか使い易いです。

ことしも皆で元気で楽しく応援頑張りま~す!!!
チームに元気を与えて下さる中山選手、尾崎選手のキャンディーを麻雀のお楽しみにゲット。

b0197433_10551556.jpg



by hibi-odayakani | 2019-03-31 11:20 | 日々の暮らし | Comments(0)

卵を産む場所完成?

今日の夕方の巣箱の中です。
今日はシジュウカラが午後から全然巣箱に来ないので、私が写真を撮りました。

b0197433_18461015.jpg


入口から奥のフカフカの場所の中央が凹んでいました。
多分、そこに卵を産むのだと思います。

b0197433_18580294.jpg


何処からは運んで来たのか、色々な柔らかい素材が敷き詰められていました。


もう巣が出来上がったからか、
今日は来て巣箱に入るけれど何も運んで来なくなりました。
あの凹んだところを整えていたのかしら?
番で来てヒマワリを啄んでいて仲良さそうです。
卵を産むのも近いかなと思いますが、ちょっと心配も。 


それは、今朝シジュウカラが、凄いスピードで巣箱に入ったと思ったら、
それを見ていたスズメが興味を持ったらしく、巣箱の上に乗り、

b0197433_18453067.jpg


中を覗いて、中からシジュウカラに追い払われました。

それでも諦めきれないのか、シジュウカラが留守になると又覗いていました。

b0197433_18454752.jpg


私も真似して覗きましたが、入口からは真っ暗で何も見えません。
覗いても中がどうなっているか解らないので、入る勇気はないだろうし、
穴の大きさが、スズメが入るにはちょっと無理な筈、でもちょっと心配な親ごころです。

今日午後から来ないのは、卵を産み抱卵し育てるのには体力が必要なので、
二羽で美味しい物をいっぱい食べて、体力をつけていたのかな?と思ったり。



by hibi-odayakani | 2019-03-29 19:07 | メジロ、シジュウカラ

巣の材料色々

シジュウカラ、色々な種類の材料を運んでいます。
昨夕撮影した時は、ベットがもっと厚くなっていました。

b0197433_13400882.jpg

茶色の丸いのは動物の柔らかい毛のように見えます。

2日目は余裕が出来たのか、時々ヒマワリの種を突いて休憩しています。

b0197433_13382401.jpg


傍にスズメがいる時は羽を広げたり膨らんで威嚇します。
以前の様にすぐ逃げなくなりました。偉い!
スズメを怖がっていたので、どうなる事やらと心配していましたが、
やっぱり親になる意識が芽生え、だんだん強くなっているんでしょうね。
きのう、今日、色々な物を運び込んでいます。


b0197433_13390394.jpg


初日の様に苔ではなく、3日目は乾燥した物を運んでいるようです。

b0197433_13384550.jpg


b0197433_13373753.jpg

b0197433_13465691.jpg

時々顔を出し、じっとこちらを見ています。多分私も見えている筈です。
どんな風に思っているのかな~~~。


by hibi-odayakani | 2019-03-27 14:03 | メジロ、シジュウカラ

ひで代さんの染めしごと・布あそび

昨日、大仁で 知半庵で開かれている
<ひで代さんの染しごと・布あそび>
http://chihan-art.com/news/1085/に行って来ました。


b0197433_13325217.jpg
b0197433_13331176.jpg
b0197433_13332695.jpg

95歳で亡くなられた粟屋ひで代さんの沢山の作品が展示されていました。
b0197433_13413715.jpg
生家の、200年以上の古民家の部屋に飾られた作品は、
b0197433_13355368.jpg
どれも、素敵なデザインで緻密なお仕事で色合いも素晴らしかったです。
b0197433_13334220.jpg
b0197433_13340414.jpg
b0197433_13344532.jpg

50代後半で始められた紅型の一種、芋版で染められた数々の作品は、
デザイン、染め、仕立て全てご自分でされたそうです。

b0197433_13351090.jpg


膨大な作品を、ダイニングテーブルで作り続けられたといいます。

b0197433_13353034.jpg


94歳で突然注目され、「ミセス」に取材され、翌年95歳で初個展、
その年95歳で亡くなられたとの事、
もっと早く世の中の人に知って欲しかったと思いましたが、
それが彼女の姿勢だったんでしょうね。

b0197433_13342578.jpg


亡くなるまで頭脳明で、手仕事を続けられたそうです。

その他、スエーデン刺繍、フランス刺繍、こぎん刺し等色々な作品が飾られていました。

b0197433_13323648.jpg


こんなに色々な事をされる方は滅多にいないと思いますし、
どれも完成度が素晴らしいのには感心しきりでした。

私が特に共感を持ったのは、
家庭を守る事に専念し、リビングのダイニングテーブルでコツコツ手仕事をされ、
これだけ沢山の素晴らしい才能を持ちながら、個展もされず、
プレゼントはするけれど、注文は受けないという姿勢でした。

及ばずながら私も、家のリビングでコツコツ色々手仕事を楽しんで来ましたが、
喜んで頂くのが嬉しいので、知人、友人にプレゼントはするけれど注文はほぼ受けない、
そして皆さんにご足労、お気遣い頂く個展はしない等、
主婦をしながらの物作りに対する姿勢が似ていて、とっても嬉しかったです。
手仕事をしているとボケないと聞き、毎日ボチボチ手を動かしていますが、
粟屋さんにあやかりたいものです。

久しぶりに夫との遠出、帰りにいけすや https://ikesuya.com/の活き鯵を楽しんできました。
相変わらずの人気、でも、肉厚の味鯵が美味しかったです♪


by hibi-odayakani | 2019-03-26 14:08 | 日々の暮らし

巣作りに忙しい♪

昨日シジュウカラはせっせと巣の材料を運んでいました。
夕方夫が巣箱の中の様子を撮ってくれました。

b0197433_20143419.jpg


昨日一日で、こんなに一面に敷き詰め、
フカフカのベットを作っていました。

あの小さい嘴に加える量は大したことがないのに、凄い!

b0197433_20123888.jpg


どうやら、本気で巣作りをするようで、とっても嬉しい!!

b0197433_20162986.jpg

嬉しくて息子や友人に、写真を送ってしまいました。

b0197433_20135363.jpg

近くに巣の材料があるようで、直ぐ戻って来ます。苔のようです。
用心深く、さっと来て巣箱に直行するので、写真を撮るのが難しい。
中に一羽入っているのに覗く事も、大丈夫?と見ているのかな?

b0197433_20170247.jpg

私のカメラと巣箱は4メートル足らず、
時々中からこちらをじっと見ているけれど、私のカメラにきがついているのかな?
今日は午前中暖かくせっせと運んでいましたが、午後は寒くなりお休みみたいです。

雄と雌の役割はどうなっているのかしら?
最初、巣箱の点検は雄が何回も何回も入って探検していたけれど、
今運んでいるのは雄のような気がします。 



by hibi-odayakani | 2019-03-25 20:35 | メジロ、シジュウカラ

もしかして♪、もしかして♪♪・・・


ここ数日嬉しい予感で胸ドキドキです。
今年はシジュウカラが久しぶりに巣作りをしてくれる気配です。

b0197433_13184470.jpg


2,3日前から、巣箱の中に何回も入り、5分ぐらい出てきません
中からじっと外を窺っています。
昨年までは、覗いて、ちょこっと入るけれどすぐ出て来ていましたが、
今年はもっと長居をしています。

b0197433_13210351.jpg
b0197433_13182644.jpg
b0197433_13201800.jpg

用心深くスズメのいない時期を見計らって、入っています。

b0197433_13195217.jpg

今日はついに巣の材料を口に咥えて巣箱の中に入るようになりました。

b0197433_13204077.jpg

巣材が大きすぎて難儀していました。
これは本気かしら?、胸がわくわくしてきます。
でも、20羽近スズメが意地悪しないかしら?大丈夫かしら?心配です。

先程、スズメが巣箱の上にいた所、羽を広げて威嚇していました。

b0197433_13214857.jpg


どうぞ、卵を産み、無事巣立ってくれますように、
まだまだ先になりますが祈るばかりです。

2014年、シジュウカラが目の前の巣箱に巣作り、
しかも年2回、可愛らしい巣立ちを見届けました。

b0197433_13170963.jpg
初めての外の世界に恐々、なかなか飛び立てません。お母さんに促されています。
こんなに可愛かったんですよ♪
b0197433_13172356.jpg

結構車も多く、賑やかな場所なのに、我が家を選んでくれてありがとう!!
日頃の私達夫婦の小鳥に対する愛が伝わっているのかな?

久しぶりに三脚を出しました。暫く遠出ではしないで、見守っていたいな~。


by hibi-odayakani | 2019-03-24 13:39 | メジロ、シジュウカラ

堀 文子 さん

2月、日本画家の堀文子さんがお亡くなりになられました。
過日、NHKの番組で<95歳 鋭い観察眼>でお元気な映像を拝見ました。
下の3枚の写真はその時初めて見た画でした。

b0197433_16440878.jpg


とてもお元気で、日々の生活や絵の事など楽しそうにお話されていました。

b0197433_16442050.jpg


まだまだご活躍して下さると思っていたのに残念です。
素敵な絵を見せて頂きありがとうございました。

b0197433_16445153.jpg


私は堀さんの明るい優しい色使いが大好きです。

b0197433_16435421.jpg


展覧会では絵ハガキを買い時々入れ替え楽しんでいます。

20年以上前、私が東京で初めての足の大手術で苦しんでいる時、
妹が「春になって足が元気になったらこれを身に付けて出掛けられるよ!」
と、言って、箱根のMOA美術館で買った、
堀文子さんの<トスカーナの花>のスカーフを届けてくれました。

b0197433_16434184.jpg


先の分らない苦しい日々の中で、明るい色彩に元気を貰いました。
とても春らしい綺麗な色でお気に入りです。

5年前のNHKの番組を見ている時、
堀さんには珍しい画の映像が出てきました。
先程の画、思わず近くのカメラでパチッ。
しっかりピントが合っていなくて残念だけれど、
なかなか見られない画なので、撮れてラッキーでした。

とっても楽しい図案と色で、何時かこれを刺繍したいと思っていました。
お亡くなりになったのを聞き、、
先ずはこれを刺繍してバックにしました。


b0197433_16474737.jpg

少し派手、片手に杖でも元気なお婆さん見えるかな?
軽くてポケット自由自在4個作りました。

b0197433_16473000.jpg


ツーウェイバックにして中と外に2個のファスナーポケット、
2個マジックテープとマグネットボタンのポケットを作り、入口はボタン

b0197433_16481211.jpg


貴重品はしっかり納まり、重さは今回は220gでした。

今度はユニクロで買った白の麻のシャツに、
この図案でオトナシイ色彩で刺繍、
春爛漫の中をお出かけしたいものです。



by hibi-odayakani | 2019-03-21 17:10 | 私の手仕事 | Comments(0)

春めく日の食事会

急に春めいてきました。
首が短かかったチューリップの首も長くなって来ました。

b0197433_16582720.jpg

禁漁になっていた桜えび漁も、もう直ぐ解禁になるとの事、
でも、私の手に入る程取れてくれるのかしら・・・・・。

我が家に残る最後の冷凍生桜えびを、
何方に召し上がって頂くのが良いかな~と、思案しましたが、
日頃お世話になっている方で、
桜えびのかき揚げが一番好きそうな方を招いて食事会をする事にしました。

b0197433_16580528.jpg

メニューは、蓮根が美味しいので、レンコン三昧のメニューに、
揚げたての桜えびのかき揚げにしました。
蓮根は夫の大好物ですが、皆さんも気に入って下さって良かった♪

我が家の常備菜の盛り合わせ、

b0197433_16575192.jpg

右上、レンコンと辛子めんたいの和え物、手前、酢バス、
蓮根とコンビーフの焼き物とレンコン団子甘酢、

b0197433_16572462.jpg
b0197433_17120014.jpg
黄色はコンビーフが脂っこいので、お口直しの黄金柑


コンビーフと貝割れの海苔巻
b0197433_16573729.jpg


そして揚げたてのかき揚げ、
日頃は、準備の都合上、先に揚げておくのでサクサク感を味わってもらえないけれど、
今回は写真も撮らず、
揚げて直ぐテーブルに、サクサク感を味わって頂き、良かった!
春の宵、皆で楽しい時間を過ごしました。

b0197433_16590768.jpg

今朝は稲荷市に行きました。桜えびを売るお店の方も、
今は台湾産の桜えびをもう一度干して売っているとの事、
焼きそば用に買ってきました。
今年は、桜えびも、シラスも豊漁でありますように!

支度をする私を見て、夫は「良くやるね~」と、言いますが、
食いしん坊の私はお料理をする事はそれ程苦にならす、特に盛り付けは楽しい♪、
皆さんの楽しそうな笑顔を見ると、「良かった!また出来るかな?」と思います。



by hibi-odayakani | 2019-03-15 17:20 | 美味しい物

アネモネの思い出

アネモネが咲き始めました。植えたのは久しぶりです。

b0197433_09532103.jpg

油絵を頑張っていた頃、先生が好きだったのか、良く画材になりました。
毎年、「また???。」と思ったけれど、一年前のと比べるとやっぱり上手になっているような?
赤、紫、白、色とりどりで華やかなので、
部屋に飾るのには4号位が丁度良く、今は一枚だけ部屋に飾っています。

b0197433_09523697.jpg

好きで長い間油絵を描き、夫の転勤先々でそのお仲間も増えました。
アネモネを描いていた福岡時代、子供達も手が離れ私が油絵に一番乗っていた時期でした。
自宅からバス、電車を乗り継いで片道2時間近く、好きだから通えたと思います。

b0197433_09525313.jpg


ここ10年の間にその時代の、私の尊敬していた先生を始め、
大好きなお友達も次々に亡くなり、寂しくなりました。

b0197433_09530796.jpg


N先生は93歳、晩年も勢力的に個展を開かれていました。
私が最後に師事した先生で、4年間でしたがとっても影響を受けた先生です。
エネルギッシュで、色彩も華やか、この4年で私の画風もぐっと変わりました。
「今日はタッチが良いね!」と褒められる日は、家で面白くない事があった日で、
見透かされているような気分でしたが、それが良いなんて・・・。

b0197433_09553737.jpg

夫の転勤で福岡を離れる事になりましたが、
転居先の豊中市展でもぺんてる賞を頂く事が出来ました。
画風が変わったお蔭かな?
先生に報告がてらその賞品のホルべインの油絵の具等をお送りしたところ、
とっても喜んで下さったのが良い思い出です。

先生のご自宅は玄界灘を前に、海辺の高台にポツンと建っていました。
国定公園になった為、周りには人家がなく、人も通らず、
駅からの30分近い道を、女性4人で重い道具を持って歩いて通った物です。
お弁当持参でピーチクパーチクお喋りしながら通いました。


皆それぞれ好きな色や画材が違っていて、お互いに刺激を受けていました。
県展、市展、4人展、張り切って描いていたものです。

先生の個展の折には、私は大阪や仙台から会いに行き旧交を温めました。
先生の訃報は奥様から、
一人暮らしの方は姪御さんから、後のお二人はご主人からの突然の訃報でした。
今でもTVで博多弁が飛び交う番組を見ると、
先生や彼女達の事が思い出され、私も下手な博多弁を真似してみたりします。





by hibi-odayakani | 2019-03-10 10:18 | 庭の花

コンビーフで海苔巻

沼津市原の渡邊精肉店のあしたか牛で作ったコンビーフは、
脂分が少なくてお気に入りです。

b0197433_15082457.jpg

パン食に使った折りに、少し残して一口海苔巻にしてみました。
ユズの皮の千切りと、カイワレ大根、ワサビでくるりと巻いて出来上がり。

b0197433_15074936.jpg


最初鉄火巻のような味ですが、だんだん牛肉の濃い味がして来てとても美味しい。
コンビーフは少し温めると広がりやすく使い易い。

b0197433_15085346.jpg
ワサビがとっても良く合います。

お酒の好きな人は、沢山は要らないけれどつまみが色々欲しい、
そんな時、ちょっとしたおつまみに最適です。
我が家は散し寿司等作った時、酢飯を少し冷凍保存しておきます。

あと一品欲しい時、色々な物を巻いて一品に、便利です。

b0197433_15083796.jpg

過日、富士市の整形外科に膝人工関節の術後検診に行って来ました。
その帰り道にあるのが渡邊精肉店で、いつも立ち寄ります。

早いもので、左足術後5年と右足4年近くになります。
人工関節は綺麗に挿入されていて、「このまま大丈夫でしょう。」と。
でも、足首や腰の変形もあり少し痛む私、
先生はレントゲンを見て、
「足首の手術もありますよ。」と、言って下さるがもう手術は御免です。

「時々痛むけれど、我慢のできる痛さなので・・・」
「このまま無理をしない様に過ごして行きます。大変になったらお願いします。」
と様子を見る事にしました。

この年齢になると痛むところを持たない人は少ない様に思えます。
無理をしない様にして、日々を楽しんで過ごしたいものです。


by hibi-odayakani | 2019-03-02 15:21 | 美味しい物