人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年も味噌作り

年長組の我が家を初め、弟妹もだんだん足腰が痛むようになりました。
でも、やっぱり<美味しい味噌汁を楽しむ為>にと、今年も妹宅で味噌作りをしました。
豆は味噌ソムリエの資格を持つ末弟が休耕田を利用し、育てたもの。

b0197433_16405564.jpg

足腰踏ん張りの効かない私の役割は、前日水に浸けて置いた大豆を煮る事。

b0197433_16410793.jpg


土曜日朝から3~4時間、泡を掬い水を足しながら、豆が柔らかくなるまで煮る。

b0197433_16412052.jpg


これは割合好きな仕事、若かりし頃のキャンプを思い出したりしながら・・・。

10キロ近い豆を煮ました。

翌日、塩600g 麹1,5kgを袋で良く混ぜ、茹でた大豆3kg、煮汁を少し加え良く混ぜる。
豆ミンサーに入れ潰す。

b0197433_16413528.jpg


消毒した器に、味噌玉にして空気が抜けるように投げ入れる、
これが結構楽しい、ストレス発散で皆楽しそう。

b0197433_16522099.jpg
しっかり押しつぶし平らにして、表面と樽の淵を消毒し、
空気を抜きながらぴたりとサランラップを貼り付け、重しを乗せる。
切り唐辛子、練り辛子を器に入れ置く。重石は夫の使わなくなった碁石。
b0197433_17281069.jpg

今年は一つはカビ予防に、妹お勧めの生晒しを敷き酒粕で表面を覆い、
サランラップを敷き、重しを乗せてみました。

b0197433_16524593.jpg
b0197433_16415215.jpg


重たい甕を移動するのが大変で、夫が手押し車を作ってくれました。
でも、それも大変なので、今年は甕を卒業して、ホウロウとプラスチックの器にしました。

b0197433_16442558.jpg
10キロ近い大豆で、この器8個分のお味噌が出来ました。

今年は妹の娘夫婦、従妹も加わり、若い力が入って大分楽になりました。
終了後は妹が団子汁を振る舞ってくれ、
従妹からの差し入れの沢山のイチゴ等で、賑やかな楽しい時間を過ごしました。

終わって私は、4時からのアスルクラロの選手との交流会に行って来ました。

b0197433_16433841.jpg


友達と前から3番目の席を確保、選手の顔もしっかり見え、
自己紹介、エピソード等楽しい話題が一杯で、とっても楽しい時間を過ごしました。
選手達の前向きな発言に大喜び、今年もお婆さん軍団はしっかり応援しまあ~す!!!




by hibi-odayakani | 2019-02-25 17:25 | 美味しい物

フルーツサンド

先日買ったフルーツサンドが美味しかったので、作りました。

夫は辛党、こういう物はあまり好まないので、お友達とのお茶の時間に。
少し多めに作って、お家でお留守番の方へのお土産にも。

b0197433_16412509.jpg


ヨーグルト:400g 生クリーム:100cc グラニュー糖:20g バター適宜 
リンゴ イチゴ キウィ 適宜   シナモンパウダー

b0197433_16283771.jpg

①リンゴは1.5センチのいちょう切りにして、
鍋に林檎、砂糖、レモン汁、水を加えて蓋をし、弱火で10〜15分煮る。
シナモンパウダーを振り掛ける。
(この時期沢山作って冷凍しておくと色々なデザートに添えられ便利)
②ヨーグルトは6時間位水気を切っておく


③パンにバターを塗っておく。8枚切りの食パンにしました。

④生クリームをしっかり泡立て、グラニュー糖を入れ混ぜ、
ヨーグルトを加えて良く混ぜる。

b0197433_16285366.jpg


⑤クリームを沢山塗ったパンの上に果物を乗せる。

b0197433_16290994.jpg


もう一枚クリームを塗って重ねて、ラップに包んで軽く重しをし2時間くらい冷蔵庫に。
荷物が多すぎ、パンの形が・・・137.png

b0197433_16292288.jpg

果物があまり甘くない場合は、グラニュー糖を多めに。

b0197433_16410122.jpg


by hibi-odayakani | 2019-02-21 16:48 | 美味しい物

庭の小鳥

急に日差しは春、我が家の庭は相変わらずスズメの天下、

b0197433_18154330.jpg


水飲み場の水も沢山のスズメの水浴びであっという間に底の方に少しだけに。

b0197433_18160355.jpg


好奇心旺盛、シジュウカラの為の巣箱を覗いています。

b0197433_18172443.jpg


「止めて~!! それは君の為の巣箱ではありません!!」

山茶花の花が終わりに近づき、

b0197433_18152229.jpg


メジロもスズメに気を使いながらもミカンを食べる事が多くなりました。

b0197433_18143808.jpg


やっぱり番で来るとほっとします。

b0197433_18150787.jpg


メジロは桜が咲くまで、ミカンは沢山あるのでもう暫く楽しませてね。

b0197433_18142063.jpg


シジュウカラは、相変わらず、地面に落ちたヒマワリの種を拾っています。

b0197433_18145179.jpg
日柄一日居るリビングから目をやれば、小鳥がいる生活、癒されます。



by hibi-odayakani | 2019-02-18 18:28 | メジロ、シジュウカラ

イル ディーヴォ


b0197433_15322623.jpg

昨日はいつもお世話になっている大好きなお友達が見え、
夫と3人でランチ、そして 
彼女が持参して下さった イル ディーヴォ のDVDを鑑賞しました。

b0197433_15301172.jpg


先ずは、昨年彼女が行ってきた武道館の様子を、録画した物を。
その素晴らしい歌声と声量に圧倒され、元気を一杯貰いました。
私の知らない曲が一杯ありましたが、
それでも凄い充実感がありました。

終わった後、思わず拍手をしていました。

本当に、あの迫力での歌は素晴らしい!!

b0197433_15312974.jpg

お友達はイル ディーヴォの大ファンで、
東京公演にはいつも出掛け、DVDも一杯持っています。
彼女からその活躍を聞き、
私もユーチューブ等で聴いているうちに大好きになりました。
そして、ロンドン公演のをDVDを買いました。
メンバーは皆凄い美声と迫力の持ち主だけれど、
彼女が好きなのはカルロス、私はセバスチャン・イザンバールの声が好き。
b0197433_15314703.jpg

今回彼女は沢山のDVDを持参して下さいましたが、
その内の2枚をお借りしました。

b0197433_15320835.jpg

今日は夫が整形にリハビリに行っている間に、
(夫には長い時間あの迫力は耐えられない様子)
一人で2014年の武道館でのライブ版を鑑賞しました。
一人なので、大きな音量でも気兼ねしなくて済むので・・・。
トゥナイトから始まり、知っている曲が多く、とっても楽しめました。
東日本災害復興支援の曲<花は咲く>も組み込まれていました。

バックに各国の方のメッセージが書かれた映像が映し出され、
日本人が歌うのとはまた違って、力強い歌になっていました。

b0197433_15324756.jpg


昨年の武道館も今回の武道館も<マイウエイ>は最後の方で、
やっぱり素晴らしかったです。終わった後、スカッとしました。

昨日は、久しぶりに一杯お喋りをしながらのランチ、そしてビデオ鑑賞、
こういう時、夫が私達の輪に入ってくれる事は有難い事だと常々思っています。

b0197433_15452605.jpg


私は武道館に行く気力体力も財力もないけれど、
彼女のお蔭で、何時にない楽しみを持つ事が出来、幸せです。






by hibi-odayakani | 2019-02-16 16:06 | 日々の暮らし

ヒヨドリガモ


b0197433_10301030.jpg
一月半ばから、風邪、眩暈、眩暈による吐き気に悩まされ、
体調が優れず家でグズグズしているうちにこの寒さ、
プールにも行かず、運動不足の日々です。

そろそろ動き出さなければと、
国道沿いの水深の浅い川に水鳥がいる事を思い出し行って来ました。

とっても寒い日でしたが、重いカメラを2台持っている為か、
寒さはあまり感ずることなく、気持ちの良い時間を過ごしました。

b0197433_10303082.jpg

川には鴨が沢山いました。

b0197433_10305050.jpg
名前が解りません。
家に帰りネット名前を調べると<ヒヨドリガモ>と、分かりました。

鴨だけでなくサギやジョウビタキにも会えました。

b0197433_10313150.jpg
b0197433_10314770.jpg
万歩計をみると4000歩、重い物を持って、私にしては上出来の歩数でした。

水が綺麗なのに、川にはあちらこちらにゴミが落ちていました。
暖かくなったら、水深が浅い川なので、ゴミ拾いをしたいと思うのですが、
川底は道路から3メートルくらい下、簡単に下りる事も出来ない感じです。


by hibi-odayakani | 2019-02-13 10:50 | 野鳥

落語会

先日、久しぶりに夫と落語会に行って来ました。

b0197433_10002970.jpg


沼津寄席と小さく書かれていて、

落語だけでなく、浪曲の方、物まね、そして円楽師匠の落語等、
色々な方が出て、大笑いして帰って来ました。

幼い頃、祖父と聴いた浪曲は久しぶりで、とっても懐かしく昔を思い出しました。
円楽師匠は新作落語で笑わせてくれ、お元気な姿を見せてくれ安心しました。
猫八さんの動物の物まね等も良かったです。
久居振りにミニ寄せを味わった感じでした。

こちらに来る前は友人と、新宿末広亭や浅草演芸ホールに行ったものです。

こちらに来てからは、
市民文化センター等での米朝、文珍 小朝師匠等の落語会に行きましたが、
ほぼ落語だけの会で、寄席の雰囲気とはまた違った楽しみでした。


年を取ると色々な芸人さんが出る寄席も、良いなーと思いました。


by hibi-odayakani | 2019-02-09 10:20 | 日々の暮らし

モバイル バッテリー

私のうっかりミスや地震災害時用にエレコムのモバイルバッテリーを買いました。

b0197433_10154200.jpg

近くの量販店でこの所お世話になっているお姉さんに相談、
お安くて<2、1回充電可能>これに決めました。

b0197433_10162949.jpg

買ってはみたものの、説明書は文字が小さく読みにくい、
パソコンで調べると良く解りました。
早速充電し、これで一安心です。

b0197433_10161347.jpg

災害用だったら、ソーラーが良いかなと思い探しましたが、
家電量販店にはおいてなくて、ネットの販売だけ、
電池式もあるとの事、息子に相談すると、
充電式ので良いのではとの事でした。

ずっ~と頭に引っかかっていたスマホへ、漸く乗り換え一か月経ちました。

私はパソコン大好き人間、21年前、足の手術で入院中、
スノボーやスキーで入院中の若者に、
「○○さん、これからはインターネットの時代、早く覚えた方が良いよ!!!」
と触発され、先ずは入院中の彼等に相手をしてもらい、ポストペットから始めました。

夢中になる性格なので、接続もホームページも本を相手に自分でやってきました。
なので、パソコンは大好き、家にいて空いている時間は直ぐパソコンの前に、
メールも打ちやすいし、画面も見やすいし、
転勤で出来た全国に散らばるお友達とも楽しく話せるし・・・、
そしてガラ系の携帯は、高齢者には、何よりも嵩張らず、軽いのがお気に入りでした。

b0197433_10155992.jpg

でも、昨今、新しい事に挑戦する気力が減少、文字も読むのも億劫になって来ました。
頭の少しでも柔軟な内に覚えた方が良いと一念発起、
帰省中の息子が帰る日に、同行してもらい乗り換えました。
色々勧められると断りきれない性格なので、
息子が私に良いような設定をお店の人に伝えてくれ帰りました。

後は、自学自習、冊子やパソコンで調べながら、
どうにか色々な事が出来るようになりました。

b0197433_10364935.jpg

アネモネが顔を出してきました

スマホになった途端、
息子が「お母さんもラインに入って、家族の健康など共有しましょう。」と。
ラインの設定の仕方をメールで指示してくれ、息子達とラインも繋がりました。

繋がった日の深夜、次男が緊急入院、大事には至りませんでしたが、
早速ラインで状態を報告してくれ、長男も参加し、
心配な中にも、安心出来ました。もう退院出来ほっとしています。

息子達は、離れて住む老親が心配でラインで繋げたのに、
その深夜、一番最初に使ったのは言い出しっぺの次男でした。
世の中、そんなものですね。

ガラ系と違い、消費電力も多いように思ったので、
モバイルバッテリーを買った訳です。
うっかり者の私、これで安心です。




by hibi-odayakani | 2019-02-07 11:03 | 日々の暮らし

偲ぶ会

今年は、デンドロビュームの白とピンクが揃って咲きました。

b0197433_17264893.jpg


いつもずれて咲くのですが。

b0197433_17274147.jpg


今年は一緒に咲き白は、ほのかな香りを漂わせています。

お花が揃ったので、もう少ししたら、
親しくして頂いた方の <偲ぶ会> を開こうと思っています。

1月も終わりの頃、

b0197433_17270352.jpg


親しくしている方の奥様がお見えになりました。
ご主人が八日に、お亡くなりになり、家族葬を済ませたので、
お世話になった方に、御礼方々ご報告までとのご挨拶でした。

b0197433_17272823.jpg


香典等、お気遣いは一切無しに、ご主人強い意向なのでと・・・。

86歳、3年半の闘病の末の事でした。
11月ごろまでは入退院を繰り返し、お元気でした。

折に触れお邪魔してお力になれる事は・・・、
と、私達なりに声をお掛けしていましたが、
流石にだんだん敷居が高くなり、最後の頃は、失礼してしまいました。
奥様は毎日病院に通われ、ご主人に元気を贈っていらしたようですが、
流石にご自身は心労でお痩せになっていました。

ホスピスで眠るように亡くなられたとの事、
奥様は中学時代からの同級生で、ずーーーーーとご一緒だったので、
「こんなに悲しいのなら、一緒にならなかった方が良かった。」と、
声を詰まらせていました。

b0197433_17263525.jpg


散歩やお買いもの、あの年代の方には珍しく、
いつもご一緒に行動されていた仲良しのお二人でした。

この頃、家族葬を行われる方が多くなりました。
我が家ではそういう方にどうしたら良いかしらと思案します。
やっぱり、お線香はあげさせて頂きたい、
でも悲しみの中、お伺いするのはご迷惑かしら?と、思い、
奥様にご遺影を持って来て頂き、
我が家で親しくしていた方と偲ぶ会を開く事にしています。

夫は次男坊なので、我が家は仏壇がありませんが、
亡き義父母、義姉、両親の写真を用意し、
俄か仕立てのお線香をあげる場を作っていました。

b0197433_17271734.jpg


遺影にお線香をあげ、
皆でお食事をしながら、亡き人の思い出話をしながら、
泣いたり笑ったり、時に悲しく、時に賑やかに過ごして頂く事にしています。

もうそろそろ一か月、少しは気持ちも落ち着かれるかしら?
一人暮らしは切ない日々かしら?と思い、、
お花が揃ったので、偲ぶ会 のお声をかけようと思っています。





by hibi-odayakani | 2019-02-05 17:48 | 日々の暮らし