人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ちびまる子ちゃん

お友達が、清水駅前江尻口にある、
ちびまる子ちゃんのマンホールの蓋の写真を撮って来てくれました。

b0197433_14021697.jpg


さくらももこさんから静岡市にプレゼントされた物だそうです。
良く見ると、ちびまる子ちゃん、とっても可愛いらしい♪

又過日はちびまる子ちゃんの絵が入ったじゃり豆を買って来てくれました。

b0197433_14023260.jpg


袋の中には漫画の登場人物の顔が、

b0197433_14024624.jpg


中はヒマワリ、カボチャ、アーモンドの種をコーティングしてありサクサクと美味しい。

b0197433_14030208.jpg


さくらももこさんが亡くなられ、TVで連日報道された時、
お友達に、私の愛称が<ちびまる子ちゃん>だったと話した事があり、
それを心に留め、プレゼントしてくれたものです。
私は20年前、<ちびまる子ちゃん>という愛称で呼ばれていました。
勿論、50代の小母さんはあんなに可愛い訳がありませんが、
私の容姿が小さくて丸い所からだと思います。


20年前、痛む足を抱えながら、
仙台から田園都市線の宮前平に引っ越ししてきました。
膝の筋力を付けようと通ったスイミングスクールで、
10歳以上年上のお金持ちの小母様達がとても可愛がって下さり、
ある日、「ちびまる子ちゃ~ん」と声を掛けられびっくりでした。「ええっ、どうしてーーー」

それから暫くして<まるちゃ~ん、まるちゃ~ん>と呼ばれるようになりました。
小母様達は、プールの後いつも近くでランチしていました。
その時、「やっぱりチビが入ると可哀そう」と変更になったそうです。

私が膝の手術で新宿厚生年金病院に入院中のある日、
フェンディーの洋服にバックを身に付けた素敵な小母様がお見舞いに、
私の愛称の名付け親です。私は一瞬、何方か解りませんでした。
何故なら、いつもお会いする時は水着で、すっぴんなので、印象が全然違う!!!!!
しかも、私の入院は話していなかったので、びっくりでした。

又、退院してマンションに戻ると、ドアの前に大きな段ボールが置いてありました。
中には、バナナが一杯、その他、フルーツが色々ありました。
「この町は坂が多いので買い物が大変、取り敢えず、バナナでしのいで!」と。
色々ご親切にして頂き、とっても楽しい日々でした。

あれから20年近く、もう90歳は過ぎている事でしょう。
この所、お手紙を書いても返信がありませんが、
さくらももこさんが亡くなられたのを機に、久しぶりにお手紙を書きました。
戻って来ないのは、届いている筈読んでいてくれるのかな?

最初<ちびまる子ちゃ~ん>と呼ばれた時は嫌だったけれど、
今あらためてこの可愛らしい顔を見ると、嬉しい事だと思えます。

もう、後期高齢者、ちびまる子ちゃんからは程遠ーーーくなりましたが・・・・・。


by hibi-odayakani | 2018-10-30 14:22 | 日々の暮らし

準備完了ですよ~♪

まだメジロの好きな山茶花は咲かないけれど、
我が家はこの冬もメジロ大歓迎、夫がメジロの餌台を塗り替えてくれました。

b0197433_17064801.jpg


糞で汚れた所もこんなに綺麗に、

b0197433_17063285.jpg


籤も新しいのに変えてくれ、新品の様になりました。

b0197433_17061256.jpg


やっぱり、白にメジロの緑は映えます。
本体は、数年目に作り替えたもの、
今年も綺麗になって、お迎えの準備完了ですよ~、メジロ君、早く来てね!!!

b0197433_17073913.jpg

足元には、シクラメンやビオラを植えてあげました。


今日は、急にお友達が見える事に、
お客様の時は、家に咲いた花を飾ってお出迎えが私のモットー、

b0197433_17070299.jpg

花の無い時期、細々咲いていた桔梗やビオラを摘んで飾りました。
b0197433_17071980.jpg
こちらも準備完了です。

by hibi-odayakani | 2018-10-27 17:17 | 日々の暮らし

バックの持ち手

膝が元気になり、外出時、杖は持参するものの、
短い距離は折り畳んでバックに入れたくなりました。

今までのバックは小さくて納まらないので、
沢山物が入るような少し大きめのバックを作りました。

b0197433_14422932.jpg


縦25,5㎝  横27㎝ マチ10㎝
今回は手提げとショルダーに使えるツーウェイバックに作りました。

b0197433_14425585.jpg

ポケットは外側2個、内側2個にファスナーとマグネットボタン二つづつ、
大切な物はその四つのポケットに入れる事にして、
バックの入口はマグネットボタンで留めるだけ、どんどん放りこめるので楽になりました。

b0197433_14434823.jpg

色々持ち手を探していましたが、今回丁度良いのが見つかりました。

b0197433_15241885.jpg

今回のは、持ち手が下に下がる様になっているので、ショルダーにした時邪魔にならない。

b0197433_14431137.jpg

縫い付けるので頑丈で、その金具にショルダーの金具を前と後ろにひっ掛ける事を思いつきました。


持ち手下がる物でも挟み込むだけの物もあり、

b0197433_15245878.jpg


これはがっちり押さえれば、簡単には外れないので、

b0197433_14460817.jpg
b0197433_14572476.jpg

あまり重い物を入れなければ、十分耐えられます。


以前の持ち手は立ったままなので、

b0197433_15244228.jpg
b0197433_14440617.jpg

その横にショルダーの紐を取り付ける為に金具を縫い付けていました。

b0197433_14453747.jpg

夫は沢山作ってどうするの?と、言いますが、
ほぼ毎日使う物、洋服の色、目的等、あれこれ持ちたいので、
趣味と実益を兼ね、暇な時間にポチポチ刺しています。
私が不要になったら、お友達が欲しいと言ってくれる・・・、
でもそうなると丁寧に刺さなければ・・・。



by hibi-odayakani | 2018-10-17 15:34 | 私の手仕事

雨宿り

急に秋らしくなりました。
今朝は雷が鳴り、雨が降ったりやんだりしていました。

小雀は黄金柑の木で雨宿りです。

b0197433_10030575.jpg


頭の上の雨粒が可愛らしい。

b0197433_10054363.jpg


暇を持て余し、羽繕いをしています。

b0197433_10041209.jpg
b0197433_10033230.jpg

b0197433_10035017.jpg


今年は黄金柑の実が一つもなりませんでした。
昨年、沢山なり過ぎたのと、私の剪定のしすぎかもしれません。
冬場、綺麗なレモン色が庭にないのは寂しいなーーー。


by hibi-odayakani | 2018-10-14 10:11 | 小鳥、魚

秋ひらり♪

夫より10歳上の先輩ご夫妻から美味しいプレゼントが届きました。

b0197433_10121160.jpg


いつもの今半の佃煮のセットと抱き合わせに桂新堂の可愛らしい海老せんべいが入っていました。

b0197433_10103316.jpg


<秋ひらり>柿と栗、紅葉、とっても可愛らしくて楽しい♪。

b0197433_10123105.jpg


年を取ると、量より質、こういう余裕のある物が大好きになりました。
名古屋勤務だった息子が時折お土産に持参してくれますが、
秋バージョンは初めてです。

昔は、珍しい物を頂くと、「何日後に○○さんが見えるので、その時に」と、
お友達も一緒に楽しんでいましたが、
この頃は、「好きな物は早く食べたい!」と、待っていられません。

暑さの残る一日、夫と冷茶と一緒に頂きました。

b0197433_10110900.jpg
b0197433_10112862.jpg


味は海老せんべいですが、口に運ぶ時、にこやかな穏やか気持ちになりました。

その方のメールに、物忘れの事を健忘症とありました。
物忘れをする昨今、「私、認知症かしら?」、「私、健忘症かも・・・・・」
健忘症という言葉はぐっと、気持ちが楽になります。
本当の認知症だったら大変ですが、少しくらい?の物忘れはこの言葉が良いなーと思いました。

そして岸元首相の言葉が添えられていました。
年配者は、
①風邪をひくな
②おっ転がるな
③義理を欠け   

これからの生活に必要な事、肝に銘じたいと思いました。


by hibi-odayakani | 2018-10-11 10:26 | 美味しい物

塩害のバラ

塩害に遭ったバラに漸く新芽が出てきました♪。

b0197433_14463922.jpg

今年はもう駄目かしらと諦めていた所、

b0197433_14465710.jpg


あっという間にあちらこちらの木に新芽が、嬉しい!!

これからバラが楽しめると思っていた矢先の出来事で、
がっかりでしたが、これで一安心です。

b0197433_14472760.jpg


夫の眩暈も小康状態、腰痛もまあそれなりなので、
この秋は、バラをご馳走にお客様を迎えて楽しく過ごそうと、計画していていましたが、
少し時期をずらして頂き、予定通りに賑やかな日々を過ごせそうです。

b0197433_14480898.jpg


3回のお客様はそれぞれ年齢層も色々、楽しいお話も聴けそうで楽しみです。

今はシュウメイギクも全滅、庭に何の花もないのは寂しいので、
一足早くシクラメンの寄せ植えをしました。

b0197433_14455887.jpg


やっぱり、華やかになって元気が出てきます。

b0197433_14462163.jpg


河津バガテル公園も塩害で今は花があまりないので19日までは入場料無しとの事、
遅れて咲くけれど11月末までは楽しめると事でした。
我が家のバラもその頃まで楽しめそうです。


by hibi-odayakani | 2018-10-09 14:57 | 庭の花 | Comments(2)

新生姜とチリメンジャコの佃煮

今年も沢山の新生姜とチリメンジャコの佃煮を煮ました。

b0197433_09575085.jpg


毎年、これを楽しみして下さる友人、知人、自宅用に今年も奮闘しました。

b0197433_09560814.jpg


今年は暑さの為か、新生姜がなかなか産直市に出回らず、何回も足を運びました。
係りの方に尋ねると、「毎日少しづつ出ていますよ。」
洗ったり手間がかかるので、作る人がだんだん少なくなっているようです。」と。

サー大変、そこでお願いして生産者の方に注文させて頂く事にしました。

2回に分けて、自宅用とプレゼント用に6キロを買う事が出来ました。

b0197433_09563704.jpg


この佃煮、手前味噌ながら、私達の買う漁協の薄味の釜あげシラスととっても合うのです。
釜揚げシラスと、甘辛い新生姜の佃煮をセットで送るのが毎年の恒例です。

b0197433_09571328.jpg

昨年から不漁続きのシラス、お値段はぐっと上がったままだけれど、
いつも楽しみにして下さる皆さんにと、
漁協にシラスが取れたら電話を下さるようお願いしておきました。

凄く薄味なので、漁協は釜揚げ後直ぐ冷凍します。
その前に買わせて頂く訳で、今朝まで泳いでいたシラスのあげたてを入手、
凄くふんわりとしていて、美味しいので、大好評なのです。

b0197433_09573339.jpg


でも、シラスが何時取れるか解らないので、その前に、佃煮を煮て小分けしておく必要が・・・。

b0197433_09565503.jpg


佃煮は味が濃いので、冷蔵庫でかなり保存は効くけれど、半分は冷凍にします。

佃煮が出来上がって3日後、「今朝、シラスが取れましたので、今から茹でます。何箱注文しますか?」

前回は10箱、今回は13箱、昼前に漁協に取に行き、帰ってから昼食、
大急ぎでシラスと生姜のセットを荷作り、全国各地に送りました。
大忙しの一日になり、二人共元気でないともう無理だと思います。

翌日は皆さんからのお礼のメールや電話、
高齢者、お一人様、孫に食べさせたい方色々で、
皆さん喜んで下さって、こちらニコニコ顔になりました。

材料
新生姜:2キロ ジャコ:200g 三温糖:300g 醤油:165cc 
みりん、お酒それぞれ:120cc だし粉:小4

①新生姜を節で切り離し、細かくして、洗う。 砂が取れる。
②繊維に沿って、3ミリくらいに薄くスライス、
③鍋に湯を沸かし沸騰したら②を中に入れ、沸騰してから5分茹でる。この時にも砂が落ちる。
④ザルにあげる。(これで、間に入っていた砂も殆ど取れる)
⑤砂糖、味醂、酒、だし粉を入れ、沸騰したら、④とチリメンジャコを入れ、暫く煮込む。
⑥お醤油を加え、汁が無くなるまで、時々鍋を反して混ぜながら煮込む。 
⑦我が家はお酒のつまみにしますので、少し、塩分控えめにして甘めかも知れません。
 味見をして、お好みに醤油を足して下さい。


by hibi-odayakani | 2018-10-06 10:16 | 美味しい物

以心伝心?

夫の誕生日、今年も双子の息子達からプレゼントが届きました。

b0197433_15492782.jpg

以心伝心?、仲良しの二人から、今年も趣向をこらした似た様な物が届きました。

b0197433_15494212.jpg


どちらの荷物も、4年間過ごした懐かしい福岡からの品々でした。
その上、夫の好きな辛い物が入っていました。

<ふくやの辛子明太子>、もう、何十年も変わらない辛くて美味しくて大好きな味、

b0197433_15500321.jpg


<Yuzu Sco>、今まで柚子胡椒は良く使っていましたが、
こちらは美味しく、その上液体で凄く使いやすくお気に入りです。

b0197433_15501724.jpg


そして台風の影響で、福岡からの荷物がどちらも遅れて届き、これもびっくりでした。


それぞれ家庭を持った50歳になった今も、仲よくしていて、
離れて住んでいても相手の考えている事がわかるのかしら?と思う事が度々あり驚きます。


父親と息子、普段あまり会話がありませんが、
親にとって、二人が仲良くしている事が一番嬉しい事かも知れません。


by hibi-odayakani | 2018-10-04 16:09 | 日々の暮らし

雨でも応援に

今回の凄い風台風、皆さん大丈夫でしたか?
我が家は、折角出てきた秋バラの花芽が潮風でしんなりでがっかり、
でも、大した被害も無くて良かったです。

昨日は大型の台風が来ると言う情報が流れる中、サッカーの応援に行って来ました。

b0197433_14355058.jpg
b0197433_14184574.jpg

アスルクラロがホームで、首位琉球を迎えての試合でした。
「友人と、どうしよう、大丈夫?、」様子を見る事になりました。
夜、友人より、台風の為、試合開始が1時間早まったとのメール、
当日、朝から天気予報、12~14時のアメダス等を何度も確認して決める事に。

「風は大丈夫そうなので、行きましょう!!!」
「折角一位の琉球を迎えるので、応援に行かなければ!」
「我がチームは現在2位、一位の試合も見せて貰いましょう。」
風は夜からなので、濡れるだけなら、雨具の準備をして行けば大丈夫!」

と、応援をしていて知り合った小母さん達7名がの意見が一致しました。
78歳から60代の小母さん軍団の話は直ぐまとまりました。

皆、雨具をバッチリ用意、
私は先日買ったポンチヨ、前が見えるつば広の帽子に、防水ズボンを用意、

b0197433_14235387.jpg


10:30には会場に集まり、一応屋根の下の席を確保、
(私には、手摺のない階段は、危ないので、友人達がサポートしてくれました。)
試合開始まで、ワイワイ言いながら、昼食やお菓子で栄養補給、
私は、サッカーの送迎をしてくれる自宅待機の夫のお弁当を作りながら、自分のお弁当も。

b0197433_14212146.jpg


熱心なサポーター軍団の席の近くだったので、皆で一緒に大盛り上がりをして応援しました。
時々雨が降っても、準備万端なので、
普通にワイワイ言いながら応援出来ましたが、やっぱり一位は強い!!!、4:1で完敗でした。
後半はかなり強い雨が降って来ましたが、最後まで、しっかり応援し、
選手にお疲れ様の拍手を送って来ました。

私の観戦した昨年から昨日までホームでの試合28試合は引き分けか、勝の試合ばかり、
負けは初めてだったので、がっかり、でも、やっぱり琉球は強い、
「J3参戦、2年目、まだまだこれからよね~」と、妙に納得していました。

それにしても、スーツ姿の選手はスリムで恰好良いです。

b0197433_14241008.jpg

昨日は夫の78歳の誕生日、
帰宅して大忙しで誕生日祝いの食事作りを終わり、

b0197433_14340224.jpg

明日からの一年も大病もなく過ごせるよう、乾杯しました。


by hibi-odayakani | 2018-10-01 14:43 | 日々の暮らし