<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

母の思い出

先日、母の17回忌の法要が無事終わりました。
弟妹甥姪家族、皆元気に揃い、和やかな集いでした。
その席で、花を育てるのが大好きだった母の赤いバラの話になりました。

b0197433_14223715.jpg

大家族の農家に嫁いだ母は、大人しく真面目で良く働き、
忙しい中にも花を育てるのが大好きな人でした。
どんなに忙しくても、夕方遅くなっても庭の花の水やりを欠かしませんでした。
赤いバラは、母が大事に育てていた花の一つです。

我が家のリヴィングから、毎日眺める小さな庭、
その特等席に、母の愛したオレンジ系の四季咲きの赤いバラを植えています。
母亡き後は妹が受け継ぎ、私達が終の棲家を建てた時、
妹が挿し木にして私に贈ってくれたものです。

b0197433_14230055.jpg

写真では綺麗な色に出ませんが、とっても綺麗な赤です。
南側に山茶花の垣根があるので?、こちらを向いて咲いてくれます。
いつも母が私の生活態度を見ているような気持になります。
気持ちが凹んだ時等は「しっかりしなさい」と励まされるような気持にもなります。

そのバラも18年になり老木です。花数は少ないけれど、まだ凛として咲いています。
私が生きている間はずっと咲いていて欲しいから、
法事の席で弟達にバラの挿し木の仕方を教えて貰いました。

b0197433_14235199.jpg


発根促進剤と挿し木用の土を買ってきました。取り敢えず、この秋挑戦します。

b0197433_14232042.jpg



私は結婚後、夫の転勤で故郷を遠く離れて住む生活が続きました。
この絵は40年近く前、福岡時代、県展に出展した<市場>という50号の油絵です。

b0197433_14221358.jpg


福岡の西新でリアカーに花やお野菜等を積んで売っている小母さん達がいました。
その中で、お花屋さんの小母さんが、母のイメージと重なり描いた絵です。

静岡と福岡、なかなか会う機会が無い故郷の母を思い出しながら描きました。
「県展に入選したよ。お母さんを思い出しながら描きました。」と報告すると、
「おめでとう、良かったね、でも何か顔が・・・。」解ってもらえず残念。


他の弟妹の様に親の近くに住んでいなかったので、
母からの手紙を貰う機会はとっても多かったように思います。
晩年もらった手紙は、認知症もあり、だんだん誤字脱字が多くなり、
間違ったところには白い紙を貼り、その上から正しい文字を書いてありました。
今でも大切に残してあります。
私も物忘れをするようになった昨今、母が白い紙で訂正している姿が目に浮かびます。

親元近くに戻って来たのは亡くなる3年前でした。
他の弟妹のように傍にいて親孝行が出来なかったけれど
寝たきりで殆ど眠ったまま状態の母に我が家に来て貰い、
母方の叔父、叔母さん達と一緒に食事会をしたのが、最後の親孝行でした。
母の亡くなった年まで私はあと10年、
法要の席で読経をしながら、丁寧に過ごさなければと思いました。、


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-09-23 14:40 | 日々の暮らし

ヤリイカ三昧

今年も、九州の玄界灘、津屋崎沖で釣った沢山のヤリイカが届きました♪

b0197433_15510495.jpg


夫の会社の後輩が釣って直ぐ送って下さった物で、
翌日に着くので、凄く新鮮です。

この所、夫が友人に電話すると突然亡くなったばかりだったり、
ガンの末期だったりと、辛い話題ばかりでした。
イカを沢山送って頂いたのも嬉しいけれど、
それ以上に、一人暮らしの彼が元気でいてくれた事がとっても嬉しかったです。

b0197433_15512399.jpg


とっても大きいものから、小ぶりのものまで、10杯も。
早速、夕方から下こしらえして、冷蔵庫や冷凍庫に。
その日の夕食はヤリイカ三昧になりました♪


大きい物は甘めの煮つけに、肉厚なのに柔らかく味も抜群、
やっぱりスルメイカより全~然美味しい!!!

b0197433_15495001.jpg

小ぶりのものはイカソウメン、隠し包丁を入れ、ネットリと美味しい。

b0197433_15491907.jpg


ゲソはイタリアン風に、ニンニクで炒め、ピーマンパプリカ、種なしオリーブで炒め、
オイスターソース等で味付けしました。

b0197433_15493498.jpg

イカソウメンに辛子明太子を添えてお酒の肴に。

b0197433_15501238.jpg


後は、ハスの酢漬け卵焼き等の夕食でした。

まだまだ沢山あるので、色々工夫して楽しませて貰おうと思います。

こんなにして頂いて、どんなお礼をしたら良いのかしら・・・、
私と同じ名前の亡き奥様を偲びながら、
お一人様の彼が、直ぐ食べられる物をあれこれ用意しようと思います。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-09-20 16:04 | 美味しい物

マルシェの菓子パン

大雨の災害の後、今度は北海道の地震、
本当に次から次に災害があってお気の毒です。

地震と言えば、7日、
東北大震災で被災した友人のパン屋さんから沢山の美味しそうなパンが届きました。

b0197433_15115607.jpg

仙台のパン屋<ブーランジェリー マルシェ>https://ameblo.jp/marchekuma/からです。

b0197433_15121220.jpg


折しも9月7日のマルシェのブログを見ていたら、
美味しそうな可愛らしい菓子パンが一杯載っていました。

b0197433_15111071.jpg


「美味しそう!!!」と、思っていると、
14時頃、マルシェから大きな段ボール一杯のパンが届きました。グットタイミング♪、嬉しい♪

b0197433_15113421.jpg


菓子パンは、パイ生地の上にクリームや色々なフルーツ等が乗っていて、
とってもカラフルで可愛らしく、見るからに美味しそうで、とっても美味しい。

東北大震災の折、仙台時代のお友達のパン屋さんマルシェが被災しました。
仙台市内でしたが、津波に遭わなかったのが救いでした。
宅急便が届くようになったのを知り、
主婦の感覚で食料品をあれこれお送りしたのをとても喜んで頂き、
それ以来、ご自分の工房で作る数々のパンを送って下さるようになりました。

マルシェはご夫婦の頑張りでとっても大きなパン屋さんになりました。
送って下さる度に、レパートリーが広がって繁栄ぶりが伺えます。

<送料は大して変わらないので>と、いつもダンボール一杯のパンが届きます。
調理パンも色々入っていました。

b0197433_15122914.jpg


冷凍したり、息子達や友人にお福分けして喜ばれています。

b0197433_15124894.jpg


昨日は、地震で電話が通じなかった札幌市内にやっと電話が繋がりました。

夫の大切な友人宅に電話をしたところ、
お嬢さんが出られて、「父は先月半ば亡くなりました。」との事、
地震お見舞いの心算がとんでもないお話を聞き、ショックで言葉もありませんでした。

私も何度かお会いしている素敵な紳士で、毎年電話でお元気な声をお聞きしていたのに・・・。、
6月に電話で話した時はとてもお元気で普通の会話でしたの・・・。
二か月の間に、こんな事になるなんて、夫はがっくっりしています。
取り急ぎご仏前はお送りしましたが「いつ配達できるか解りません」との事でした。
宅急便が受け付けて頂けるようになったら地震お見舞いを送る心算です。

私は、75歳になってから「出来る事は出来る間に」を心がけて生活している心算ですが、
こんな事があると、その思いが一層強くなります。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-09-09 15:28 | 美味しい物

ラブライブ、サンシャインの力

日曜日、アスルクラロのホーム戦に行って来ました。
ホームでの試合は久しぶりなので、、試合開始1時間半前には会場に到着、
ところがなんと凄い行列でした。

b0197433_10583320.jpg

当日はラブライブ サンシャインとのコラボの試合でした。
http://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/
会場に着くと、青年が一杯でびっくり、
しかも皆さん大人しそうできちっとルールを守る好青年ばかりでした。
お婆さんの<おっかけ>に対する概念が間違っている事に気が付きました。

b0197433_10575786.jpg

何時もは3000名に届かない観客数が5000名超え、
ラブライブのフ ァンのおかげです。
ラブライブの声優の女の子斉藤朱美さんが、会場に来ると言う事で、
これだけ沢山のファンが来てくれる、
こんなに多い観客数は年に一度くらいなので、とっても嬉しくなりました。

仕合前、彼女が挨拶し、グランドを一周すると、
皆さん立ち上がってとっても嬉しそうに手を振ったり拍手をしていていました。


声も可愛らしいけれど、素顔もスピーチも可愛らしくお婆さんたちも拍手しました。

私は、ラブライブ サンシャインに付いて良く理解していませんでした。
沼津を舞台の女学生のアニメで、若い青年達に人気があるそうですが、
23時過ぎからの放映なので、お年寄りには見る機会もありませんでした。

ここ数年、海の方に行くと可愛い女の子をラッピングしたバスが走っているなー、
三津の辺りや駅前で、若い男の子達が写真を撮っているのを見かけていましたが、
こういう事だったのだと思いました。

一人で来ている青年が多く、
お婆さん達は、前の席に座っている青年達に、差し入れをしながらお話を。
一人は香港からの留学生、今は日本語学校に、来年から大学に進むそうです。
イエローカードに「どうしてーーー、」というお婆さんたちに、
綺麗な日本語で「あれは、遅延行為ですよ。」と、教えてくれる。
アスルとラブライブサンシャインのコラボのTシャツとタオルを買って、身に付けていました。
私達のより高価で綺麗でした。

b0197433_10581594.jpg


斉藤さんに会えるんを楽しみに来ているのでしょうに、応援も熱心にしていました。

もう一人は東京からの好青年、サッカーに詳しく、
私達の様に無駄にワーワー騒がないけれど、一緒に盛り上がり、
点が入るとハイタッチで喜び合いました。

「次回ある時は来てね~」と言って別れました。
1:0 で北九州に勝ち、ラブライブのファンの方達のお蔭で盛り上がり、
私は、この所気分がスッキリしない日々でしたがお蔭様で発散出来ました。

それにしても北九州のサポーターはホームでは5000名とか、羨ましい事です。
5000名での盛り上がりは楽しい!!!、
子育ての終わった市民の皆さん、
<チームを育て、応援する>楽しみを持って欲しいと強く思いました。

息子から<今日も行っていますか?、ホーム皆勤でしょう。」のメール、
「勿論です!!!」と返信しました。



[PR]
by hibi-odayakani | 2018-09-04 11:15 | 日々の暮らし