<   2018年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

暑い中でも元気

連日の暑さの中、元気に咲いているのが<紅カノコユリ>、

b0197433_14472151.jpg
昨年分球して植えたので、、庭のあちこちで可愛らしい姿を見せてくれます。
b0197433_14473459.jpg

通販で買った小さな小さな球根が、良くここまで育ってくれたと嬉しい日々です。

b0197433_14484530.jpg

部屋に飾りたいところだけれど、花粉に弱い私、

b0197433_14482639.jpg


良く見える玄関前やリビングの前庭に植えました。

b0197433_14481014.jpg
ところが光の方に向いて咲くので、リビングからは後ろ姿になってしまいました。

クレマチスは小さな花が咲いています。

b0197433_14495920.jpg
こちらは涼しげなので、部屋に飾りました。

出遅れているパッションフルーツは、この時期花は咲かず、弦を伸ばしています。

b0197433_14494356.jpg

暑いので、蚊がいないのが何より嬉しい♪


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-07-27 15:07 | 庭の花

真夏のティータイム

昨日は、月に一度のお喋り&少し手仕事の会、猛暑の中お友達が来てくれました。

この暑さ、手仕事は止め、即、お茶タイムに入りました。
何時ものように、高齢者向け、あっさり目のおやつを用意しました。


紅マスの押し寿司

b0197433_09380245.jpg

酢飯に茗荷の甘酢漬けを、細かく切り混ぜて、
先日作った虹マスのそぼろで押し寿司にして、茗荷をトッピング、

b0197433_09374761.jpg


紫蘇の葉の上に乗せ保存食のキャラ蕗をそえました。
茗荷の食感がほど良い感じでした。

冷たいトウモロコシの擦り流し

b0197433_09382285.jpg
(コーンスープのドロッと濃いめの和風版と言う感じ)
トウモロコシ1本、オリーブ油:小匙1 水:30cc 粉末だし:小匙1、
牛乳:100cc 生クリーム:大匙2 塩:小匙1,5(暑いので少し濃いめ) 味噌:小匙1 胡椒:少々

①ネギのみじん切りをオリーブ油で炒め、茹でたトウモロコシの粒をそぎ落とし、

b0197433_09400172.jpg


②①にお水に粉末だしを入れ、フードプロセッサーで細かくする。

b0197433_09371256.jpg


少し粒粒があった方が、食感が面白い。
③②と牛乳、味噌、塩、胡椒を鍋に入れ、沸騰したら火を止め、生クリームを入れて冷やす。

b0197433_09373095.jpg


枝豆とあさりと筍の和え物

b0197433_09384280.jpg
煮て冷凍しておいた真竹とあさりを麺つゆでサッと煮て、枝豆とあえる。
b0197433_09385884.jpg
そして皆さんの持参された冷たいプリンやゼリーで、
お喋り、お喋り、賑やかな時間を過ごしました。

そんな中、暑さを吹き飛ばして笑ったのが、こちらの川柳、

b0197433_09401829.jpg


私の尊敬する大好きな友人が、「笑いで暑さを吹き飛ばして!」と、送ってくださった物。
早速、我が家のトイレに貼ってみました。

そして、皆さんに用事もないのに「トイレに行ってみて~。」と、声を掛けました。            
なかなか戻ってこない、そしてニコニコ顔で部屋に戻って来ました。

高齢者軍団、皆思い当たる節があるので、大笑いです。
皆さん家に帰っても、これを見て笑って欲しいと、コピーをプレゼントしました。

年を取ると本当に物忘れが多くなり、心配になるけれど、
笑って済ます事が出来る間は、まだまだ良いわね~と、笑い合いました。




[PR]
by hibi-odayakani | 2018-07-24 10:06 | 美味しい物

誕生日

3連休、私の誕生日祝いも兼ね、次男一家でやって来ました。
5歳の孫の為に、本来なら、田舎の地の利を生かし、海、川、山でしょうが、
この暑さもありもう無理々、付いて行けません。

b0197433_17100435.jpg

そこで、思い付いたのが、甥の農場での枝豆、トウモロコシ狩り、
甥が「是非是非。」と、言ってくれたので、暑い中出かけました。

やっぱり、夏は枝豆とトウモロコシ、
5歳の女の子は、枝豆、トウモロコシ大好き、しかも初体験、、
猛暑の中、パパと一緒に張り切って、一生懸命枝豆を抜いていました。

b0197433_17091848.jpg

私も友人知人にプラムジャムとセットで送りたいので、
張り切って、トウモロコシを30本、枝豆は3キロ近く収穫させて貰いました。
毎年頂く枝豆は<おつな姫>、味が濃くて実もふっくらして美味しい。
トウモロコシは<夢のコーン>、凄く甘くて美味しい、
貯蔵庫では、ジャガイモを袋に入れたり、田舎ならではの体験をさせて貰いました。

b0197433_17084111.jpg

庭に井戸を掘り、ニジマスを飼育しているので、
ニジマス釣りを体験させて貰う、孫は餌やりは出来るけれど釣るのはとっても無理、
甥に掬い上げて貰い、大きな虹マスを頂いてきました。

b0197433_17085971.jpg


その夜は、お刺身に、翌日は、ムニエルとそぼろにしました。
身の色が綺麗で、こちらもとっても美味しい。

優しく色々気遣ってくれた甥に感謝の一日でした。

誕生日、次男からは大好きな仙台の牛タンや、苺いちえケーキと孫のお手紙、

b0197433_17082255.jpg
勿論、枝豆、トウモロコシは食卓に上がり、取れたての美味しさを味わい、
賑やかな誕生日祝いをしてもらいました。
b0197433_17143441.jpg


長男一家からは、アスルクラロの応援に行く時持ってゆくブルーのランチセットの数々、
夫も好物のナッツ等。

b0197433_17190698.jpg
象印のこのジャー、早速明日の試合に冷たい果物を入れて行こうと思う。


22日は、長男の所属する市民オーケストラの定期演奏会、
夫と出かけ、皆で合流し、演奏会後は食事、
足腰が元気ならば、爺、婆も来るのを待つだけではなく、
電車に乗って会いに行ける。足腰を鍛えれば、楽しみも広がる♪



[PR]
by hibi-odayakani | 2018-07-20 17:34 | 日々の暮らし

キキョウ

キキョウが沢山咲いてきました。

b0197433_11094833.jpg
年々株が大きくなり、白いキキョウは例年の1,5倍くらいになりました。
b0197433_11093175.jpg

大雨の被害が日々大きくなり、報道される映像を見ると胸が痛みます。
この炎天下、さぞ、大変な日々を過ごされているのではと、思います。

b0197433_11101971.jpg

60年前、狩野川台風の折、高校のお友達の家が被災され、
お役に立てばとお手伝いに出かけました。
9月だったけれど、まだ暑さが残る中、水の恐ろしさを目の当たりにしました。
水は退いても、ドロドロは家の中に入り込んでいて大変でした。
まだその頃は水洗トイレではなかったので、一層大変でした。

b0197433_11100358.jpg

その教訓を生かして狩野川放水路が出来、
狩野川の氾濫はなくなり、不幸中の幸いです。
災害があってから、後手後手に回って仕舞いますが、
被災地の復旧が早からん事を祈るばかりです。

この頃、予期せぬ災害が多発しています。
近くに警報が出ても、幸い我が家は今の所大丈夫ですが、
避難警報が出たら、直ぐ非難するかと言えば、自信がありません。
二階に移動すればと、安易に考えてしまいそうですが、
昔の映像を思い出し、しっかりと判断をしなければと、改めて思います。

b0197433_11103657.jpg

花柄を摘むと、秋まで咲き続けます。
丈が長く、倒れてだらしなくなるので、100均で柵を買い、
支柱に止め、支えてお行儀が良くなりました。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-07-13 11:17 | 庭の花

フウラン

可憐な小さなフウラン(富貴ラン)が咲き始めました。

b0197433_13280373.jpg


今年は、今までにない花の数で嬉しい。
これだけ沢山咲くと、傍に行くだけでほのかな甘い上品な香りがしてきます。

b0197433_13274619.jpg


昨年、水苔で植え替えたのが良かったのかな?
植え替えた後は木に吊るして置きました。

この花をプレゼントして下さった義姉は、昨年の春他界しましたが、
花は今年も我が家で元気に咲いています。
しかも今までで一番株も大きくなり、花数も多くなりました。
「私の事忘れないで!」と言っているような気がします。

この花、我が家に来て10年以上、あと何年咲き続けてくれる事でしょう。
手間いらずなので、年をとっても育てられます。

b0197433_13273070.jpg


義姉の亡くなった年齢まで私は後10年、
私の両親もその年齢で他界、私もそれ位の年齢で逝きたいな~。
この頃の友人達との合言葉は、
<ピンピンコロリで逝けるよう、
心身共の管理を怠りなく、楽しく過ごしましょう!!!>です。



[PR]
by hibi-odayakani | 2018-07-08 13:34 | 庭の花

刺し直し

梅雨の間、過日買ったユニクロの麻混のシャツ2枚目に刺繍をしましたが、
出来上がって着てみると気に入らないので、刺し直しをしました。
二重手間になってしまいました。

b0197433_14023529.jpg

最初はこちら、 
良いと思って刺繍したのに、出来上がってみると、私のイメージとは違っていました。

b0197433_14021962.jpg


真夏に着るので、明るい色が良いと思い刺してみましたが、
オレンジ色が、これから先何年も着るのには派手かな・・・。
この頃、最初選んだ糸が、出来上がってみると合っていない事が良くあります。
感覚が鈍ってきているのかな?

直すなら、暑くならない今のうちにと、思い切って刺し直してみました。

b0197433_14025604.jpg


ブルーを多くして、少し、落ち着いた感じに仕上がったのではと思います。
やっぱりチームカラーのブルーが入り、サッカー観戦にも着て行けそうです。
後ろは最初のままです。

b0197433_14032166.jpg


図案は啓祐社、戸塚きく貞子監修 <ブラウス刺繍>より。


b0197433_14080482.jpg


毎日、ワールドカップのTV観戦で寝不足気味ですが、
昨日は、炎天下の中、15時からの地元のサッカーの応援に行って来ました。

b0197433_14134439.jpg

先日刺繍したユニクロの麻、レーヨン混紡のシャツを着て。

オフボディーになっているので、この時期とっても楽々♪、
こういう楽な服ばかり着るので、痩せないのですが・・・。

麻は目が粗いので、風も良く通り、思ったより涼しく応援出来ました。
セブンイレブンで買った、保冷剤を入れたブルーの首巻もして。
b0197433_14030925.jpg


保冷材はスペアもあるので、もう一枚も冷凍して持参しました。

暑かったけれど、この頃、観戦仲間の輪が広がって出来たグループ、
小母さん、お婆さん達で盛り上がり応援してきました。
試合は1:1でしたが、頑張る選手達に拍手を一杯送り、楽しい一日でした。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-07-02 14:25 | 私の手仕事