<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

山菜おこわ

急に春めき、嬉しい事に友人や弟妹から、次々と筍、蕨、蕗が届きました。
どれも夫の大好物なのを知ってのお気遣いに感謝です。

b0197433_12561407.jpg
b0197433_12570393.jpg

有難い事に、筍は堀りたてを直ぐ茹でてあく抜きをしてあるので、甘くて美味しい。
狭い台所の私には手間要らずで大助かりです。
蕨は、重曹であく抜きをしました。

毎年妹が届けてくれる山菜おこわがとっても美味しいので、
いつも「美味しい、美味しい」と言いながら食べていましたが、
今年は教えてもらい、山菜おこわに初挑戦しました。

b0197433_12562819.jpg

妹は外の大きな竈で、薪を燃やして蒸かすので蒸し加減が丁度よく美味しい、
私はガスコンロ、蒸し器で挑戦しましたが、火加減が上手く行かず、柔らかくなり過ぎました。
それでも気持ちが大事、春の味覚をと子供達に宅急便で送り喜んで貰いました。

でも、やっぱりすっきりしない・・・、
昨年、電気釜を新しくして、おこわの機能がある事を思い出しました。

冷凍してあった具材で、恐々電気釜で再度挑戦してみました。
今の電気釜は素晴らしい、今度は丁度良く出来ました。


b0197433_11065722.jpg

蕗は、他の具材と一緒に煮ないで、別に煮て、後から混ぜました。

b0197433_12573233.jpg


材料 もち米:3C、筍、蕨、椎茸、人参、えのき 蕗、インゲン 具材は沢山の方が美味しい。

①もち米を2時間前に洗って水に浸けて置く。
②灰汁ぬきした筍、蕨、人参、えのきを3~4㎝の細きりにする。
出し汁:300cc 酒:大2 醤油:大1,5 味醂:大2 砂糖:大1 塩:小さじ1で煮る。
ざるに上げ、汁を切って置く。

③炊飯器にもち米を入れ、だし汁を入れる。
顆粒だし:小さじ2 酒:大2 味醂:大2 醤油:大2 塩:小1

④炊飯器のおこわの線まで水を足す。
⑤炊き上がったら、具材をのせ、暫く蒸してから、大きな器に移し混ぜて水分を飛ばす。


b0197433_11094604.jpg
これで一安心、まだ具材が冷凍室に残っているので、その内もう一回挑戦です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-04-14 10:03 | 日々の暮らし

爽やかなレースで

b0197433_16582399.jpg

テレビを見ていると、今年もレースが流行っているようです。

昨年の誕生日に、お嫁さんから「使ってください。」と頂いたレースです。
とても綺麗なので、どのように使ったら良いか思案していました。

b0197433_16583897.jpg

残り布の麻とポリエステルの混紡の生地があったので、
オーバーブラスを作り貼り付けてみました。

b0197433_16585591.jpg
爽やかな感じの楽なブラウスが出来ました。
これからの季節アイロンいらず、マージャンの時にお腹のポッコリが見えないのが嬉しい。

b0197433_16593451.jpg

後ろは一昨年に頂いた、古布模様のクルミボタンでアクセントに。
お蔭で後ろ姿は可愛らしい。やっと出来上がったのでメールで報告しなければ。

花粉の時期、手仕事もあまり精が出ませんでしたが、
出来上がりと同時に花粉の季節も終わりそうでヤレヤレです。

b0197433_17003522.jpg


球根ツリガネソウが一気に咲きました。

今日は元沼津市長、大沼さんのお別れの会の献花に行って来ました。
にこやかなお顔が祭壇で微笑んでいました。
<お疲れ様でした。ありがとうございました。>と言って来ました。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-04-10 17:29 | 私の手仕事

久しぶりの映画


久しぶりに<しあわせの絵の具>http://shiawase-enogu.jp/という映画を観に行って来ました。
いつも拝見している<ホホホの本田>さんのブログで、この映画の事を知りました。
予告編を見て、どうしても観たくなりました。

b0197433_10591727.jpg

ネットで検索し、我が県では静岡市の2館だけとの事、
サールナートホールのシネ ギャラリー http://www.cine-gallery.jp/に行って来ました。

b0197433_10594562.jpg


松坂屋の直ぐ近くにある、素敵な佇まいの映画館でした。
前日電話で問い合わせをすると、
土日は混んで入場できない事もあるので、早めに来て、整理券を受け取って下さいとの事でした。
客席は100あるかなし、平日の10:00からなのに、結構入っていました。


絵を描くことが生きがいの、リューマチで幼少期身内に冷たくされ育った女性が、
自立の為に、養護施設で育った魚の行商をしている粗暴な男性の許に、
家政婦に入り、話は始まります。

育った環境も性格も全然合いそうもない二人が、
カナダの自然の中でだんだん認め合い、夫婦になるお話で、
後半は、切なく、涙が止まりませんでした。
<お互いを認め合う>、って難しい・・・、
こういう映画を見ると、自分を反省したり・・・、

帰り、デパ地下で、夫の好物を買って帰りました。
スケジュール表を見ると、知らない映画で見たい映画が沢山、
電車で片道1時間は、そうそう行けない、
でも、これからは、こういう時間が必要だと思いました。




[PR]
by hibi-odayakani | 2018-04-05 11:04 | 日々の暮らし

チューリップが咲かない

b0197433_13593420.jpg


お隣のアンテナの上で、イソヒヨドリの綺麗な声が聞こえます。
色が地味な上に逆光で綺麗に見えませんが、素敵な啼き声に癒される日々です。

b0197433_13590216.jpg


今年の春の花壇は大失敗でした。

b0197433_14111140.jpg


老人の家を華やかにと、張り切ってチューリップの球根をあちこちに沢山植えましたが、
どうした事か、3輪しか咲きませんでした。

b0197433_13584644.jpg


ムスカリの向こうに、チューリップが一杯咲く筈だったのに…。
来年リベンジしようと思います。

b0197433_14005246.jpg


房咲き水仙、ボケ、スミレ等地味な花壇になってしまいました。

b0197433_13591894.jpg


膝の曲がりが悪いので、近年、年毎に植え替えが億劫になり、
植えたままで良い球根や宿根草を多く植えるようにしています。
あたたかくなり、それらが、元気に値を出して来ました。


b0197433_14044635.jpg


昨年仲間入りした斑入りアマドコロも可愛らしい芽を出してきました、ホッ。

b0197433_14000823.jpg


クレマチス、エビネ、球根ツリガネソウ、バラも蕾が出てきました。
もう少しで、花壇が賑やかになる楽しみの季節到来です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-04-03 14:19 | 庭の花