<   2017年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

奥湯河原の紅葉

昨日、今日と奥湯河原の紅葉を満喫してきました。

b0197433_16074272.jpg

湯河原の藤木川沿いを奥に進んでみました。

b0197433_16083701.jpg

色々な紅葉が重なり合って、奥湯河原の紅葉は想像以上に素晴らしく感激しました。

b0197433_16091667.jpg

京都の紅葉、東北のスケールの大きな紅葉など、


b0197433_16102119.jpg


今まで全国の素晴らしい紅葉を楽しんできたけれど、

b0197433_16134837.jpg


こんなに、身近に沢山の紅葉が楽しめる事はラッキー!!!♪、


b0197433_16153010.jpg

しかも人が少ない♪

川沿いに遊歩道もあり、安全に紅葉を楽しむ事が出来ました。

b0197433_16161323.jpg

杖を突きながら、夫には道の先に進んで車で待ってもらい、
川のせせらぎを聞きながら川沿いの坂の遊歩道をゆっくり上って行きました。
膝の人工関節手術のお蔭で、坂の散歩も楽しむ事が出来、幸せでした。

昨日は、紅葉亭までの紅葉を楽しみました。
今日は、紅葉亭から先、湯河原パークウェイで箱根に出ました。
昨日以上に素晴らしい紅葉でした。

b0197433_16221470.jpg
パークウェイから見る山々は、色々な木々の紅葉で綺麗だったので、
春の芽吹きの季節はきっと素晴らしいに違いない・・・、

芽吹きの季節にも是非来たい、山麓公園のウォーキングを頑張って足腰を鍛えよう!

[PR]
by hibi-odayakani | 2017-11-30 16:55 | 風景

散歩の公園で

散歩の公園、紅葉がだんだん綺麗になってきました。

b0197433_13545879.jpg


腰の痛む夫と今年の元旦から始めた散歩、
日々の積み重ねは凄いもので、二人共少しづつ楽になって来ています。

b0197433_13544233.jpg


そんな日々、色々な方と言葉を交わすようになりました。
過日、左半身麻痺で杖を突きながら、
リハビリに励んでいらっしゃる男性と知り合いました。

b0197433_13542709.jpg

一人で車を運転して来られます。

最初、何となく声をかけにくかったのですが、
私は杖を突いているし、白髪のお爺さん、お婆さんなので、
大丈夫かしら?と思いながら、声をお掛けしました。
それから、お会いすると挨拶をし、色々お話をするようになりました。

b0197433_13535896.jpg


麻痺はかなり酷く歩みもゆっくりで大変そうです。
でも、凄く前向きな方で、凄いなーーーと思います。

b0197433_13534346.jpg

退院すると、ご自宅は階段を上らなければならないので、
病院では、家に帰りたい一心でリハビリを頑張り、
自宅に戻る事が出来たと話していらっしゃいました。
病後、車も小回りのきく小型車に変え、
お医者様にも一人で運転して行くそうです。
きっと日々の積み重ねで、もっともっと快方に向かわれる事と思います。

b0197433_13541369.jpg


先日私は、両足の人工関節挿入を終えて2年、
ずーーーと気になりながら試乗しなかった自転車に乗ってみました。
結局右足首にも変形があるので、足首が綺麗に曲がりきらず、
ぺタルを完全に踏み込めず、危なっかしい乗り方しか出来ませんでした。

その方とお話しするうちに、
自転車に乗れなくても、一応歩ける自分がいる(車の免許はなし)、
乗れない事をくよくよ考えていた自分が恥ずかしくなりました。
そして、無理に乗って転んだ時の大変さを思いました。

自転車には楽しい思い出が一杯、
折りたたみ自転車を車に積んで、あちらこちら旅行したり、
一番楽しかったのは、八ヶ岳の清泉寮から駅までの長い坂道を、
あっという間に下りきった事、
楽しかった思い出に辛い思い出が加わらならない様に、やっと決心しました。
15歳から60年間、事故もなく自転車に乗る事が出来良かったです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-11-26 14:13 | 日々の暮らし

ニョキニョキ

甥から貰った椎茸の菌床から、
あっと言う間に椎茸がニョキニョキと出て来て楽しんでいます。

b0197433_13590627.jpg


毎日霧を吹きかけ、日陰に置き、ビニール袋をサッと掛けて置くと、

b0197433_13571223.jpg


ニョキニョキと出てきて、日に日に大きくなって毎朝覗くのが楽しみです。

b0197433_13574519.jpg

大きい物から取って使い、多い時は、ちょっと陽に干して、冷凍しました。

そのまま焼いて食べても美味しいけれど、
ベーコンとネギとチーズを乗せて焼いたり、

b0197433_13584119.jpg


蓮根と椎茸のシューマイにしてみたり色々楽しんでいます。

b0197433_13582968.jpg

シューマイはオイスターソースで下味を付けました。

b0197433_13581400.jpg
蓮根の歯触りと椎茸の味が口に広がり美味しく頂きました。

甥が、昨年に続き、
「今年も楽しんで下さい。」と、椎茸の菌床をプレゼントしてくれた物です。

「伯父さん伯母さんが退屈だろう・・・」と気遣っての事と思います。

形が可愛らしいし、ニュキニョキ出て来るのを見るのは、本当に楽しみです。
一回目の収穫は18個、一通り収穫したら、
水に浸けると、2番目が出てき来ます。



[PR]
by hibi-odayakani | 2017-11-15 14:20 | 日々の暮らし

編み物

パッションフルーツの葉っぱ越しに
花壇の花やスズメを見ながら毛糸の整理中、

b0197433_11103765.jpg


ちょっとした時間を見つけ、ボチボチ編み物をしています。

b0197433_11105279.jpg

昨年末、凄い目眩に襲われた折、
<肩こりにならない様に肩や首を冷やさない事が大事ですよ>と言われました。

湯上りや寝ている時に、首や肩が冷えない様に、
でも首回りがきついと一層肩がこるので、ゆったり目に編みました。

b0197433_11102567.jpg


肩に向かっては増し目をしてみました。
もう一枚は、丈が長めのベストを編んでいます。

編み物は場所取らず、部屋も汚れないので、
身の回りに置くと、少しづつ進んでいるのが嬉しい。
編んでいて、間違えて解く事が多くなって来たような・・・、
黒っぽい物は特に難しくなってきました。

過日、びっしり生垣に囲まれた友人宅が空き巣の被害に。
そこで山茶花の垣根をバッサリ40センチ切ってもらいました。
少し隙々になったので、家の中が見えるかな?と、思ったけれど、
道路より高く建っているので、私達が家の中で過ごしている様子は意外と見えない。
陽当たりが一層良くなり明るい感じになりました。

b0197433_11095211.jpg

今年は天候が悪く、秋バラが綺麗に咲かなかっけれど、

b0197433_11094283.jpg


お蔭で急に蕾が沢山出て来たような、
花好きな私は、冬に向かって花達に陽が一杯当たって嬉しい。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-11-11 11:35 | 私の手仕事

応援日和

昨日は予報に反して穏やかな一日、サッカーの応援日和でした。

b0197433_15361056.jpg

この所、何かと忙しく久しぶりに主婦業から解放され、サッカーの応援に行って来ました。

残念ながら、SC相模原にスコアレスドローでしたが、
青空の下、とっても気分爽快な一日を過ごしました。

夫の昼食を用意し、私はお弁当とお菓子を持参、

b0197433_15525032.jpg
箱根山や練習を見ながら、ゆったりと昼食を食べました。

b0197433_15372694.jpg


昨日は、アスルの頼れる守護神GK 大西 勝俉選手紹介の
リーフレットも配布されました。
大西選手の意気込みにますます頼もしく思いました。

大西 勝俉選手は、SC相模原相手に、
見事に相手をシャットアウトしてくれましたが、点が入らず残念でした。

b0197433_15374499.jpg
我らが中山雅史選手は ブランド アンバサダー として、
チームの成長に尽力してくださり、有難い事です。

応援団の方は凄い!!!、頭が下がります。
b0197433_15370300.jpg
先週の台風でも応援、選手はアディショナルタイムに一点入れ、勝利!!


SC相模原のGKは、元日本代表川口能活選手、

真赤なウェアに身を包み、まだまだお元気で、シャットアウトされてしまいました。

b0197433_15364623.jpg

残り4試合、1、2、3位の差が1点づつ、
あと2回、ホームでの試合は応援に行かなくては!

b0197433_15380856.jpg

競技場の周りの朝の散歩道も紅葉が進み、今朝も落ち葉をカサコソと踏んできました。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-11-06 16:03 | 日々の暮らし

お見舞いに


b0197433_15335388.jpg

昨日は朝から、お見舞いに添えるお料理を作って大忙しでした。
やっと夕方2軒のお宅に発送しました。

チリメンジャコと鰻のちらし寿し、ネギ入り卵焼き、青菜のお浸し、
カブとキューリの酢の物、大根の醤油漬け、生姜の佃煮


時々、高齢のお一人様暮らしの知人友人宅に、クール便でお届けしています。


先日、夫の先輩の80代の方からお電話がありました。
最後にお会いしたのは大阪時代30年以上前、
その後はお年賀状の交換だけの日々でしたが、
選挙の立候補者の名前が、我が家の長男と同じで思い出して下ったようです。
奥様は3年前から入院中で、現在お一人暮らしとの事、
高齢になって男性のお一人暮らしは大変そうでした。

最近急に、男女を問わず周りにお一人様暮らしが増えて来ました。
特に男性は慣れない炊事は大変そうです。

夫は、友人のお一人暮らしを聞くと、
自分がその身になった時を想定するようです。

そして、私の手料理でもお届けしてみてはと、言います。
お料理上手だった奥様には及びませんが、<気は心>の心算で作っています。

b0197433_15423361.jpg

私の友人達にも送ると、
<老人家庭への宅配サービス、ありがとう!、直ぐ食べられて嬉しい♪>
喜んでくれるので、ついついその気になり結構暇なしです。

一番人気は?、
馬路村のすしの素とチリメンジャコで作った酢飯に、

b0197433_15334103.jpg
金糸卵やうなぎを乗せたもの。すし酢がまろやかで優しく、好評です。

b0197433_15340747.jpg

鰻をちょこっと載せるだけでぐっと豪華になります。


この年齢になって、夢中になれるサッカー応援の楽しみも出来ました。
朝、昼、晩、自分達の食事だけでも大変だけれど、
入院中、次々入院してくる老齢のご婦人達を見ているので、
<出来る間にしておこう!>と、つい頑張ってしまいます。

お料理はボケ防止と聞きますが、
私も一人になったらお料理をいろいろ作らなくなるかな~。

夫婦二人でいると、日々そんなに長い会話をしないけれど、
お一人様になられた方達のお電話は長~い、
やっぱり、人と話をするのは楽しみなんだと思います。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-11-01 16:19 | 日々の暮らし