カテゴリ:庭の花( 198 )

スカシユリ

曇り空の中、バラの終わった庭は、スカシユリの黄色が元気です。

b0197433_09403983.jpg


一本に何輪も咲き、花期が長く花が大きいのでインパクトがあります。

手間いらず、植えたまま、何もしないのに毎年立派な花を咲かせくれます。

b0197433_09402561.jpg


株が増えるので、あちらこちらに植え、嫁入りもさせていますが、
嫁入り先でも元気に花を咲かせているようで嬉しいです。

このダリアも植えたままなのに、毎年元気に咲いてくれ庭のあちこちに。

b0197433_09405581.jpg


近年、苗を買いに行くのが面倒なので、
庭の花は、球根や多年草が殆どになって来ました。

b0197433_09411115.jpg


次に咲く桔梗も多年草、これも病気知らずで大きな株になって来ました。

b0197433_09401193.jpg

先週、切り取った豆苗は、五日後にはこんなに伸びました。
目の前で、どんどん成長する様子は元気を貰え楽しい♪



[PR]
by hibi-odayakani | 2018-05-30 09:54 | 庭の花

咲き揃う

バラが咲き揃い、ウキウキしながら花がら摘みの毎日です。

b0197433_13004846.jpg


バラを見ながらのランチを楽しみしていて下さった方が、

b0197433_12575609.jpg


急に熱が出て再入院、「退院したら、伺わせてください。」のお電話。

b0197433_12582501.jpg


80歳過ぎのご夫婦二人暮らしで、とっても仲良しで、
つい最近まで、少し遠くのスーパーに、散歩がてらお買い物に出かけていたのに、

b0197433_13013086.jpg


急にバタバタ調子が悪くなりました。

b0197433_12590692.jpg


奥様は、とても心細そうでした。
高齢者の二人暮らし、とても他人事とは思えません。

b0197433_13183817.jpg

度重なる入院でお疲れの奥様に
簡単なお食事とバラを切り花にしてお届けしました。

b0197433_12581091.jpg


春のバラは一気に咲くので、日持ちがしませんが、
お一人の部屋が明るくなったら良いかなーと、思って。

b0197433_13134029.jpg

先生は、「熱が下がったら退院してよいですよ。」との事、
次々と咲いているので、まだ大丈夫ですよ~。



[PR]
by hibi-odayakani | 2018-05-10 13:27 | 庭の花 | Comments(3)

斑入りアマドコロ

b0197433_12503098.jpg


昨年買い求めた<斑入りアマドコロ>が咲きました。

b0197433_12472457.jpg


小さく可愛らしい花がスズランの様に吊る下がって咲くのが好きです。
しかも宿根草で、毎年咲く♪


知人のお宅で一目ぼれ、即、山野草のお店に行き買った物です。

2か所に植え、今年は3本と6本の株になり花が咲きました。
爽やかな葉と丈も丁度良くお気に入りです。
b0197433_12495180.jpg


バラの前やエビネと赤カノコユリの間で、爽やかな葉が素敵、
増えるそうですが、草の代わりに増えてくれたら一挙両得です。

b0197433_12500404.jpg


エビネは意外と神経質な植物で、昨年、アマドコロを植える為周辺を掘ったから?、

b0197433_12493362.jpg


今年は花が少ししか咲きませんでした。
来年は、黄色と白い花が良いバランスで咲いてくれるかしら。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-04-21 13:10 | 庭の花

チューリップが咲かない

b0197433_13593420.jpg


お隣のアンテナの上で、イソヒヨドリの綺麗な声が聞こえます。
色が地味な上に逆光で綺麗に見えませんが、素敵な啼き声に癒される日々です。

b0197433_13590216.jpg


今年の春の花壇は大失敗でした。

b0197433_14111140.jpg


老人の家を華やかにと、張り切ってチューリップの球根をあちこちに沢山植えましたが、
どうした事か、3輪しか咲きませんでした。

b0197433_13584644.jpg


ムスカリの向こうに、チューリップが一杯咲く筈だったのに…。
来年リベンジしようと思います。

b0197433_14005246.jpg


房咲き水仙、ボケ、スミレ等地味な花壇になってしまいました。

b0197433_13591894.jpg


膝の曲がりが悪いので、近年、年毎に植え替えが億劫になり、
植えたままで良い球根や宿根草を多く植えるようにしています。
あたたかくなり、それらが、元気に値を出して来ました。


b0197433_14044635.jpg


昨年仲間入りした斑入りアマドコロも可愛らしい芽を出してきました、ホッ。

b0197433_14000823.jpg


クレマチス、エビネ、球根ツリガネソウ、バラも蕾が出てきました。
もう少しで、花壇が賑やかになる楽しみの季節到来です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-04-03 14:19 | 庭の花

年末のレモンイエロー

パッションフルーツの葉が綺麗に紅葉して、山茶花のピンクと相まって、
寒い中、温かさを感じています。

b0197433_15382445.jpg

膨らスズメも嬉しいかな?

b0197433_15280173.jpg


パッションフルーツの秋の実も色づいてきました。

b0197433_15123590.jpg


大きな葉は、今年も良い緑のカーテンの役目をしてくれました。
多分、お正月明けには、葉が全部落ちると思います。

b0197433_15113293.jpg

夫が立派な支柱を立ててくれたので、来年の為の挿し木も待機中です。

大切に育てている黄金柑の実も黄色になりました。

b0197433_15274337.jpg

鉢植えのレモンの実も綺麗に色づきました。

b0197433_15293034.jpg

花が少ない時期、レモンイエローは良いかな~と思って植えて正解でした。

今年は、親族に亡くなった方が6名、知人も何名か、
その度に、<年を取ると不具合が生じるのは普通・・・?>、
取り敢えず、<二人共元気でいられる事が幸せなのだ>と思って過ごす事に。
そう思う事で、前向きになったように思います。

b0197433_15125868.jpg

今年最後のバラを部屋に飾りました。
来年も花を育て、自然を楽しみのどかな日々を過ごしたいものです。


今年も、拙いブログを訪ねて頂き有難うございました。
明日からは新年の賑やかな日々に向け、頑張ります。

誤字脱字も多くなりましたが、
来年も脳トレの心算で続けたいと思っております。
お訪ね頂けると嬉しいです。どうそ、よろしくお願い致します。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-12-27 16:08 | 庭の花 | Comments(3)

パッションフルーツ自然落下


b0197433_13211139.jpg

パッションフルーツの落下が始まりました。
今年は袋を掛けたので、傷つかず、綺麗な可愛らしい果実の収穫です。
b0197433_13203990.jpg
少し色づいて来てから袋をかけ、
b0197433_13205735.jpg
完熟すると見事に茎の付け根からポトンと袋の中に落ちました。
高い所から落下しても傷が付かず綺麗、
スーパーに売っている物と遜色ないのでお友達にもにもプレゼント出来る!


部屋に置いて南国の香りがプンプンしてきたら食べ頃、
b0197433_13183607.jpg
早速バニラアイスやヨーグルトに掛けたりして、
b0197433_13202005.jpg
甘酸っぱい香りと種のプチプチ感を楽しんでいます。
そんなに沢山食べたい物ではないけれど、可愛らしさ香りが素晴らしい。


今年は20個位結実、食べごろになった物から、

ラップに包み冷蔵庫で保存、結構長期間大丈夫です。


b0197433_13214675.jpg
日がな一日過ごすリビングから外を見ると
b0197433_13212902.jpg
目の前でブラブラしている姿は、見ているだけでほっこりします。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-08-16 13:51 | 庭の花

紅カノコユリ


b0197433_10255898.jpg

猛暑の中、紅カノコユリが元気に咲いています。

真夏の花の少ない季節に、華やかで綺麗で嬉しい花です。
スカシユリと違って、花びらがだんだん反り返って行き、
真夏でも元気一杯な所が好きです。
ユリでも少し小ぶりなので、我が家の狭い庭にも良く合います。

b0197433_10261716.jpg

今年は2か所に分球した球根に、沢山の花が咲きました。

b0197433_10265274.jpg
去年の暮れ、腐葉土を一杯入れたのが良かったのかしら。

パッションフルーツの緑のカーテンの間から、

b0197433_10271922.jpg
小鳥の餌台の向こうに紅カノコユリのピンク、私の好きな庭の風景です。

基本ユリは花粉で被れるので、部屋には飾らないけれど、

b0197433_10270562.jpg
このユリだけは別、花粉を取って、部屋に飾ります。


一番最初に出会ったのは、もう15年位前、
三島の水泉園の近くにあった古ーーーい鰻屋さんに行った折、
駐車場の近くのお宅に、暑ーい中、華やかに咲いているのを見つけました。
それから、ずっと探していたけれど、なかなか見つからない、

もう10年位になるかしら?、
やっとネットで探し注文したところ、
綿の中に包まれた、小さな球根が2,3個届きました。
お値段は結構したのに・・・・・、がっかり、失敗でした。

最初は咲かなかったけれどだんだん球根が大きくなり、
我が家の庭にも慣れてきてくれたようで、花の数も多くなりました。

b0197433_10263547.jpg

これでやっと、我が家に定着してくれた感じです。
植えたままでも毎年咲いてくれるので、嬉しい。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-08-02 10:54 | 庭の花

フウラン

b0197433_21282101.jpg


フウランが咲いてきました。
10年くらい前、夫の兄嫁に頂いた物。
残念ながら兄嫁は長い病の末、この春お亡くなりになりました。

b0197433_21280463.jpg

お元気な頃、私の花好きを知り、色々珍しい花を送ってくれました。
夕方、花壇に水撒きに行くと、とっても甘い上品な香りがしてきます。
花も、真っ白でとっても綺麗で、大好きです。

今年はいつになく、株もしっかりして次々蕾が出来て咲いています。

b0197433_21274818.jpg


育てるのは意外と楽で、籠に水草を入れて植え、吊るしています。


兄嫁と私は10歳違い、10年先の私はどうなっているかしら?、
葬儀へ向かう道中、色々思いをめぐらしました。
10年は意外と早いような気がして、
<出来る事は出来る間に>、この頃の私のモットーです。

今まで足の痛みで諦めていた、あれもして置かなければ、これもしたいな~、
今まで以上に忙しくなったような気がします。
足が元気になったお蔭かな?

b0197433_21283675.jpg

キキョウも咲き始めました。

b0197433_21285345.jpg


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-07-09 21:42 | 庭の花

オオヤマレンゲ


b0197433_10582269.jpg
久しぶりの雨に植物も生き生きしています。
b0197433_10580159.jpg

オオヤマレンゲの花が次々咲いています。

b0197433_10584505.jpg
モクレンの様な白い花はとっても清楚で、
直径10センチ位、中は華やかです。
b0197433_10574202.jpg

蕾がとっても可愛らしくて好きです。

b0197433_10593090.jpg
毎年どんどん大きくなるので、枝切鋏でバサバサ切っています。
レンゲはハスの花に似ているからとの事、香りもあり、
茶花としても使われるとか。

b0197433_10572906.jpg
今年は近しい方々が5人も亡くなりました。
仏前に似合うと思うけれど、、
日持ちがしない上花びらが直ぐ茶色になり綺麗でなくなるのが難点です。

この木を買った園芸店は数年前に高齢に伴い店じまい、
近くに園芸店があると、覗くだけでも楽しみだったのに残念です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-05-26 11:07 | 庭の花

バラが花盛り

b0197433_10534603.jpg


バラが咲き、我が家の庭が一番華やかな季節です。

夫の現役中は,
東京、大阪、福岡、大阪、東京、仙台、東京と転勤の繰り返し、

b0197433_10521053.jpg


花は鉢植えで楽しむくらい、退職後は庭で花を育てるのが夢でした。
仙台時代の友人Oさんのお宅のローズガーデンは素晴らしく、
雑誌に載る程見事で、<出来れば私も>と、夢見ていましたが、

b0197433_10532709.jpg


退職後、いざ、家を建てる段になった時、
老後の家は便利な街中にと思うと広い庭は無理でした。

b0197433_10530905.jpg


その時はとっても残念に思ったけれど、
膝を人工関節にしたら、曲がりが悪いので、草取りも手入れも大~変、

b0197433_10523856.jpg


こらから先の老いを考えると、これで十分!と思うようになりました。

日中ほぼ過ごすリビングから、時間があると外のバラを眺める日々、

b0197433_10525332.jpg


あの枝をを剪定しなければ、あの花はもう終わり・・・、なかなか忙しい、
古いバラはもう17年目に入り、毎年楽しませてくれます。

b0197433_10515654.jpg



「良く飽きないで眺めているね。」と、夫は感心しています。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-05-20 11:15 | 庭の花