人気ブログランキング |

カテゴリ:とうきび人形( 9 )

とうきび人形ー河口にて

沼津市の狩野川河口、<我入道の渡し>付近で早朝散歩をしてみました。
この時期我が家では早起き、5時過ぎには目覚めてしまいます。
時折、海辺まで車を走らせて朝食を取るのも楽しみの一つです。
今朝は先ずは魚市場の裏の我入道の渡し付近に行ってみました。
b0197433_09221901.jpg
話には聞いているのですが、未だ乗った事がありませんので、下見がてらです。
堤防を上り、狩野川の河口に下りると、、誰もいなくて、
対岸には沢山の船が繋留し、思ったよりいい感じの風景です。
しばし休憩、人形にもお散歩させてみました。
朝日が眩しく、空気も美味しく気分爽快です。

朝食はここから近い千本浜へ、こちらは釣りをする方やお散歩の方、
海を眺めるカップル等、結構な賑わいです。

堤防の階段に腰掛け、朝食を取りながら、
沖を行く船や漁船を眺めるのが理想ですが、
近年カラスが多く怖いので車の中で朝食、
それでも、朝から海を眺め、爽快な朝です。

by hibi-odayakani | 2019-08-23 09:26 | とうきび人形

とうきび人形ー松ぼっくりと

お友達のN子さんから、過日、自作の可愛らしい<松ぼっくりの鳥>の人形を頂きました。
<とうきび人形は素朴、素朴な物同士合うかもしれない>とのお気遣いでした。

とうもろこしの皮の縦の筋が邪魔して、手が上手にできませんでしたが、
この人形には、やっぱり外が似合うかしら?と思って外に連れ出しました。
b0197433_11041213.jpg
こわごわながら、抱っこしたくなったようです。

N子さんは、
30年前、海外旅行先で意気投合し、それ以来のお付き合いですが、
私が試行錯誤しながらとうきび人形を作り始めた頃、
とっても励まし、アドバイスを下さった方です。

最初は、海外旅行大好きな彼女がカナダで買ってきたとうもろこしの人形でした。
b0197433_11034015.jpg
「トウモロコシの皮を使ったこういう人形もあるよ、参考までに!」
と、プレゼントして下さいました。
b0197433_11043192.jpg

その後彼女は、脳溢血になり右腕、右脚が不自由になりました。
大変な日々を克服され、長いリハビリの後信じられない回復を見せてくれました。
右手足の麻痺は残りましたが、言葉はほぼ元に戻った感じです。

好奇心、向上心旺盛の彼女は、目標に向かって一生懸命リハビリを続けました。
<また、ダンスの先生と踊りたい!>、時間はかかりましたが、
スローな曲ならなんとか踊れるようになりました。
目標を持つと言うことは、気持ちを奮い立たせ、素晴らしい効果があると感心しました。

右手は不自由ながら、
左手の機能はどんどん良くなり、ビーズで色々な物を作って送って下さいます。
b0197433_11030380.jpg
一番最近の品は揺れるイヤリング、軽くて可愛くて、日々愛用しています。
b0197433_11032438.jpg
茅ヶ崎にお住まいなので、なかなかお会い出来ませんが、
時々、熱海の伊豆山でお会いし、麻雀、お喋りを楽しんでいます。

彼女は茅ヶ崎、私は仙台時代から始まり、
パソコン→携帯→スマホで意思の疎通が出来き、楽しい交流が続き、嬉しいです。
旅行先で偶然出会った方とこんなに長く、
親しくお付き合いできるのは希だと思います。大切なお友達です。

by hibi-odayakani | 2019-08-08 11:16 | とうきび人形

とうきび人形ー大きな桃と

ご近所のお友達から大きな桃を頂きました。
b0197433_08583780.jpg
とっても立派なので、すぐ賞味するには忍び難く、人形達に見せてあげました。
ほんわかした雰囲気が出たかしら?

人形はそれぞれ自立して立っているので、
好きなところへポット置くだけで簡単です。

小さいので、
大きな桃は、ちょっと坊やの手には負えないようです。

桃は当たり外れが多いので、買うのは苦手です。
でも、これはとっても美味しかったです♫

by hibi-odayakani | 2019-07-13 09:03 | とうきび人形

とうきび人形ープラムと

梅の実がに店頭に出まわる頃、妹の家のプラムも色づきます。
嬉しい電話がかかってきて、いそいそと頂きに行きました。
枝に付いている物は、花瓶に挿して楽しみます。
b0197433_17242479.jpg
丁度、タンポポを持たせるために作った赤い服を着た人形があったので、
早速写真をパチリ、本当は持たせてあげたかったのだけれど、
人形は吹けば飛ぶような軽さの上に、片足立ち、持たせられないのが残念です。

家に帰ると、見る見る間に、色づいてきて、その色がとっても可愛い。
b0197433_11080601.jpg
毎年このプラムを使ってジャムを作るのが我が家の恒例で、
今年も大汗をかいて作りました。暑い中の瓶の消毒も大変!

このプラム<大石早生>は実の色も綺麗で、生でも美味しい。
b0197433_11082040.jpg

出来上がりの色も綺麗な赤で、お気に入りだったのに残念です。
b0197433_11284301.jpg

知人、友人皆さんが大好きな甘酸っぱいジャムです。

木が老木なので、今年は木が半分折れてしまったとのこと、
収穫は例年の半分で、来年はないかもしれないとの事でした。
b0197433_11213675.jpg
毎年送るプラムジャム大好きな友人に、
「来年は、取れないかもしれません。」と電話すると、
「あら、残念!!!。私達と一緒ね。だんだんへたって行くのね。」
と、言っていました。

この地に来て20年近く、プラムジャムを楽しませて貰いましたが、
やっぱり、生あるものには限りがあるのは仕方がない事。

しっかり養生したら来年に期待できるかも?と、勝手な期待をしています。

by hibi-odayakani | 2019-06-25 11:37 | とうきび人形

とうきび人形ーびわ

びわが出回ってきました。
b0197433_09373785.jpg
お友達のSさんは我が家に何時も美味しい物を届けて下さる。

昨夜は、西伊豆からのもぎたての白ビワを届けてくださった。
ジューシーで上品な甘さがお気に入りです。
とても大きく、人形達がとっても小さく見えます。

見るからに新鮮で美味しそう、直ぐ口にするには忍びなく、
翌朝、人形達と沼津市の愛鷹広域公園に出かけてみました。
緑の芝生の中で、ビワが一層輝いて見えました。


この公園の一角に私の通うサッカー場があります。
緑が一杯でとても気持ちの良い場所です。
休日には子供達が芝生の上を走り回り、賑やかな声が響いています。


by hibi-odayakani | 2019-05-29 09:47 | とうきび人形

とうきび人形ークレマチススと

手間いらずのクレマチス、一時期凝って色々植えました。
とうきび人形は小さいので、
小さなクレマチスが合いそうな気がして、作った人形です。
b0197433_09202539.jpg
怖々?、でも自慢げに見えるような気がします。

冬咲きのクレマチス、ウンナンエンシス、
みんな下を向いて咲いています。
やっぱり女の子、ちょっとお手入れしています。
b0197433_09204482.jpg
花の風合いと、人形の肌合いが同じで、ビックリです。

by hibi-odayakani | 2019-05-01 09:30 | とうきび人形

とうきび人形ータンポポの綿毛と

b0197433_10285349.jpg

タンポポの綿毛をドライフラワーにして一緒に写真を撮りました。
綿毛は夢があって面白く、人形たちもほわーっとして、楽しそうに思います。
背景の色等工夫して、優しい感じに撮れたかなと思います。好きな写真です。

北海道でのとうきび人形の体験レッスンの時、
綿毛が飾ってあってびっくりしました。即、お聞きしました。
帰宅して試行錯誤してタンポポの綿毛のドライフラワーを作る事が出来ました。

今回、タンポポの綿毛のドライフラワーをもう一度作りたいと思って探しますが、
タンポポがなかなか咲いていません。
20年前には、道端のあちらこちらに咲いていたのに・・・。

b0197433_10294180.jpg

タンポポの綿毛のドライフラワーの作り方

タンポポの花が咲き終わって、萎んだばかりの物を少し長い茎ごと摘んで来る。
部屋の中の洗濯干し(靴下等を吊るして干す物)に、茎を上にして吊るす。
すると、日増しに茎が固くなり棒のようになり、
綿毛がまーるくなって触っても壊れなくなる。綺麗な綿毛のボールが出来る。
綿毛の付け根が乾燥して固くなり閉まって壊れなくなるのかな?
茎の所を持って、逆さにしたままヘヤースプレイをそっとかける。
それを2,3回すると、手の上に乗せても壊れない。


by hibi-odayakani | 2019-04-07 10:36 | とうきび人形

とうきび人形 ワタシの人形よ!!!

赤い服の女の子に早くお友達を作ってあげたくて、作りました。
女の子と言えば、
やっぱりお人形が好きかなーーーと思って、人形を抱かせてあげました。

b0197433_10543879.jpg

ビオラが好きで、人形には丁度よい大きさなので遊ばせてみました。
お花が一杯で幸せそうに見えました。


二人作りました。少し表情が違うと思います。


b0197433_10542203.jpg
大好きな人形を大事に持っている様子を表現出来たかな?
b0197433_10533435.jpg


コテマリの花でアーチを作ってあげました。
男の子に、人形を自慢しているように思えるのは私だけかしら?


b0197433_10540329.jpg

男の子も加え一緒に仲よし3人組です。
この3人を作ってたのしくなり、本気に人形作りに精を出していました。

この頃はどうしたら可愛らしく撮れるかしらと、試行錯誤、
バックの色や、ライト等、今なら面倒で出来ない事もしていました。
若いって、気合が素晴らしい。


by hibi-odayakani | 2019-01-31 11:09 | とうきび人形

とうきび人形 よろしく

20年余り前、10年間作っていたトウモロコシの皮とひげで作った人形です。
ホームページに載せたりやポストカードにしていましたが、
終活の一環として、ブログにまとめようと思います。
時折、アップしますので、よろしかったらご覧下さい。

b0197433_15294229.jpg

とうきび人形初期の作品です。
身長10センチ足らず、重さ10gの小さな人形です。
先ずは赤い服の人形を作りました。
台に貼り付けたりせず、自分で立てる人形を目指しましたので、
色々な場所に連れ出して、違和感なく写真を撮れました。
(夫のアドバイスで釣り用の板鉛を少し靴底に入れてバランスを取りました)
台座に張り付けたりすると人形が不自然だと思い、一人で立つ事に拘りました。

カスミソウが好きで育てていましたので、カスミソウの中を散歩させてみました。

旅行の折には箱に入れ、持ってゆきました。

b0197433_15295924.jpg


宿の庭に、大きな白いテーブルがありましたので、ちょっと、お散歩です。
違う場所に立たせるとまた違った表情に見え、写真を撮るのも楽しかった日々です。


とうきび人形を作り始めたきっかけ

双子の男の子を育てた私、縫う洋服も男の子用ばかり、
女の子の洋服には縁のない生活で、可愛らしい人形作りに憧れていました。

仙台時代、青森まで東北自動車道そしてフェリーに乗り北海道へ、
気ままな旅行を2度しました。
白銀温泉の宿で<とうきび人形体験出来ます>のチラシを見つけました。
とっても素朴で可愛らしい人形だったので、即気に入りました。
予定を変更して貰い体験してきました。
材料費、お茶、ケーキ込みで1500円だったような・・・?
その時作った人形がこれです。

b0197433_15292568.jpg

トウモロコシの皮を使っての作り方を学んだので、
帰宅して、私なりの人形を作りたいと思い、ボチボチ作り始めました。
それには、トウモロコシの中の柔らかい皮が必要でした。
(顔や洋服を作るのには、トウモロコシの硬い皮は陰影が強すぎるので、)
トウモロコシを一杯買い皮を集めました。中身は食用に。
夫に「僕は牛ではありません・・・・・。」と言われたことも。

基本は教わって来たものの、ここから先は先生がいないので、試行錯誤しながら作り上げた人形です。

先ずはとうもろこしの内側の皮の柔らかい皮とヒゲを乾燥させ染めました。

b0197433_15304188.jpg

ヒゲは紅茶等で染め、髪の毛にました。

b0197433_15301089.jpg


草木染に拘りましが、皮はなかなか綺麗に染まりません。

b0197433_15302862.jpg


顔、手足はそのままを使いましたが、洋服用に色々な色に染めるのに苦労しました。

b0197433_15305385.jpg


赤とブルーは染粉を使いました。

トウモロコシの皮の陰影は、人形に素朴な雰囲気を醸し出してくれるように思います。



by hibi-odayakani | 2019-01-25 15:56 | とうきび人形