マルシェの菓子パン

大雨の災害の後、今度は北海道の地震、
本当に次から次に災害があってお気の毒です。

地震と言えば、7日、
東北大震災で被災した友人のパン屋さんから沢山の美味しそうなパンが届きました。

b0197433_15115607.jpg

仙台のパン屋<ブーランジェリー マルシェ>https://ameblo.jp/marchekuma/からです。

b0197433_15121220.jpg


折しも9月7日のマルシェのブログを見ていたら、
美味しそうな可愛らしい菓子パンが一杯載っていました。

b0197433_15111071.jpg


「美味しそう!!!」と、思っていると、
14時頃、マルシェから大きな段ボール一杯のパンが届きました。グットタイミング♪、嬉しい♪

b0197433_15113421.jpg


菓子パンは、パイ生地の上にクリームや色々なフルーツ等が乗っていて、
とってもカラフルで可愛らしく、見るからに美味しそうで、とっても美味しい。

東北大震災の折、仙台時代のお友達のパン屋さんマルシェが被災しました。
仙台市内でしたが、津波に遭わなかったのが救いでした。
宅急便が届くようになったのを知り、
主婦の感覚で食料品をあれこれお送りしたのをとても喜んで頂き、
それ以来、ご自分の工房で作る数々のパンを送って下さるようになりました。

マルシェはご夫婦の頑張りでとっても大きなパン屋さんになりました。
送って下さる度に、レパートリーが広がって繁栄ぶりが伺えます。

<送料は大して変わらないので>と、いつもダンボール一杯のパンが届きます。
調理パンも色々入っていました。

b0197433_15122914.jpg


冷凍したり、息子達や友人にお福分けして喜ばれています。

b0197433_15124894.jpg


昨日は、地震で電話が通じなかった札幌市内にやっと電話が繋がりました。

夫の大切な友人宅に電話をしたところ、
お嬢さんが出られて、「父は先月半ば亡くなりました。」との事、
地震お見舞いの心算がとんでもないお話を聞き、ショックで言葉もありませんでした。

私も何度かお会いしている素敵な紳士で、毎年電話でお元気な声をお聞きしていたのに・・・。、
6月に電話で話した時はとてもお元気で普通の会話でしたの・・・。
二か月の間に、こんな事になるなんて、夫はがっくっりしています。
取り急ぎご仏前はお送りしましたが「いつ配達できるか解りません」との事でした。
宅急便が受け付けて頂けるようになったら地震お見舞いを送る心算です。

私は、75歳になってから「出来る事は出来る間に」を心がけて生活している心算ですが、
こんな事があると、その思いが一層強くなります。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-09-09 15:28 | 美味しい物


<< ヤリイカ三昧 ラブライブ、サンシャインの力 >>