訃報

b0197433_13411734.jpg


優しい方は、早く亡くなるのかな?と、思う日々です。

突然の大沼市長の訃報にびっくりです。
まだ一年、これから、ご自分の方針に沿って活躍して下さると思っていたので、とっても残念です。


先週の17日、アスルクラロのホーム開幕戦の始球式で、
お元気にボールを蹴っている様子からは想像もできませんでした。
しかも、とても楽しそうでした。
見るからに誠実で優しそうな方で、昨年末のホーム最終戦にも来て下さいました。
市を盛り上げようと、
お忙しい中を寸暇を惜しんで来て下さったのだと思います。
ありがとうございました。



昨日は、夫の知人の訃報が届きました。肺がんとの事でした。
夫より一歳上、厳しいけれど温かな気持ちの方でした。
一度我が家の酒宴に来て頂いたくらいで、親しくお話をした事は数少ないけれど、
その時のお話や雰囲気が、とても印象に残っていました。

昨年末、コーヒーショップの中から、外にいる私を見かけ、
出てきて下さって、久しぶりにお話をしました。
突然の事で私はびっくりしました。
でも、私には分らなかったけれど、ご自分の病気を知っていて、
わざわざ挨拶に出て来て下さったのかな?と、思います。

突然の死、自覚して迎える死、私はどちらかなと思ったり・・・。

お二人のご冥福をお祈りいたします。


[PR]
by hibi-odayakani | 2018-03-23 13:55 | 日々の暮らし


<< 浮かぶ富士山 タラコとメークイーンの炒め物 >>