夫の腰痛

夫の腰痛再発で、将来も見据え、電動式の介護ベッドを買いました。

b0197433_14325955.jpg

2月初め、突然の腰痛の再発、
一時は傍を通るだけでも痛がり、話すのも嫌、大変でした。

一昨年暮れに続き2回目の腰痛、やっとの思いでタクシーでお医者様に、
先生は、ヒビも入って無いし、骨折もしていないので、痛み止めとリハビリでと、
痛み止めの注射とお薬を処方して下さいました。
家に帰っても、痛がって、ベッドに横になる事が出来ませんでした。
翌日も注射をして頂きましたが、そう簡単には、治りません。

先生は、痛くてもベッドで寝るように言われますが、
痛い痛いと言い、自分のベッドには移れません。
4,5日、朝昼晩、リクライニングチェアーで休んでいたところ、
お尻が褥瘡の走りのように赤く爛れて、こちらも痛いと言います。
これは早くベッドで寝て貰わなければ、と私は焦りました。


介護用電動ベッドなら、なんとかベッドで眠れるかと思うものの、
急な事で、何処で借りたり買ったりするのが良いかも解りません。
市役所に電話をし、<地域包括支援センターに相談しては>とのアドバイスを頂き、
即、電話、ケアマネージャーさんが、業者を紹介して下さり、

b0197433_14342206.jpg


翌日にはフランスベッドメディカル営業所の方がベッドを届けて下さいました。

b0197433_14322650.jpg


取り敢えずレンタルで、調子が良いようであればお買い上げと言うお話で。

その間の皆さんの対応の速さに感謝です。

痛むけれど、そろりそろりとベッドに腰を掛け、
電動でなんとかベッドに寝る事が出来ました。
やっぱり睡眠は大切です、日に日に元気になり、まだ元のようにはなりませんが、
3週間過ぎた今は立ったり歩いたりは出来るようになりました。

先生のお話では、
夫の変形性腰椎症は、私の人工関節の様に治る訳ではないとの事、
また同じ症状になる可能性が多く、筋力を付けボチボチ付き合うしかないようです。

痛い痛いという傍らで、どう手を貸して良いのやら焦りますが、
備えあれば憂いなし、ベッドも用意、治る過程も見ているので少し安心です。

余ほど痛かったのか、お酒大好きな夫が人生2度目の断酒中です。
これから、どんな病が待っているか解りませんが、
食欲があるのは、気分的に楽でした。歳を取るってだんだん大変だなーーー。

b0197433_14364308.jpg

b0197433_15030330.jpg
b0197433_15033234.jpg
大変だった日々は、庭の花や小鳥で気分が和らぎました。



[PR]
by hibi-odayakani | 2018-02-25 16:17 | 日々の暮らし


<< サツマイモとリンゴのレモン煮 いよいよシーズン到来♪ >>