黄金柑のジャム

メジロの色と良く合う黄金柑、今年は沢山出来て嬉しい♪

b0197433_16081603.jpg
2月下旬が収穫時、待ちきれずに小さい物を取って、ジャムを作りました。
b0197433_15505370.jpg

先日の来客時には、ヨーグルトの上に乗せ、
ラムレーズンをトッピングして喜ばれました。大人の味かな。

毎年作る柚子ジャムと同じ作り方で作りました。

無農薬なので、皮を洗うだけで種も殆どないので、意外と簡単です。

b0197433_15495327.jpg

柚子ジャムの味に近いけれど、苦味と酸味のバランスがこちらの方が好きです。


材料  黄金柑:1キロ 砂糖:600g レモン:半分

作り方
①夏ミカンを剥くムッキー君で筋を入れると直ぐむけます。

b0197433_16143443.jpg

②皮は5ミリ位の千切りにする。

b0197433_15503785.jpg


③水に浸け、揉むと苦みが柔らぐので、2回繰り返す。
④その後、1時間ほど水に浸け、しっかり絞る。
⑤実の中に種があったら取り除く。
⑥鍋に皮、実、汁を入れ、ヒタヒタの水を入れ、灰汁が出たら掬いながら、
少し柔らかくなるまで、煮る。
⑦柔らかくなったら、砂糖を2,3回に分けて入れながらレモン汁を入れ煮詰める。

b0197433_15510759.jpg
大きな黄金柑は、爽やか香りで果汁が多く、
酸味と甘みのバランスが良く私の一番好きな柑橘類です。

収穫して少し予措をすると、甘味と酸味のバランスがとっても良くなります。
去年は少ししか収穫できず、買ったものと一緒に送ったところ、
お嫁さんが、「お母さんの作った方が味が濃い!!!」と褒めてくれました。
甥の作った紅はるかの干し芋と一緒に送るつもりです。



[PR]
by hibi-odayakani | 2018-02-16 16:49 | 美味しい物


<< お隣さんと盛り上がる コートを縫う >>