人気ブログランキング |

嬉しい吊るし雛

b0197433_13484814.jpg

お友達に吊るし雛を頂きました。
b0197433_13493320.jpg

昨日、整形外科に術後6か月の検診に行きました。
再入院中のお友達を部屋に訪ねたところ、
リハビリの合間に丹精込めて作られた、
こんな可愛い吊るし雛をプレゼントして下さいました。
b0197433_13504432.jpg

b0197433_1351449.jpg

とっても辛いリハビリの中で、
一生懸命針を進めていた彼女の姿を思うと、有難さで一杯です。
b0197433_13521128.jpg


私は手仕事が好き、でも何故か、
吊るし雛には挑戦した事が無いので、とっても嬉しく思いました。
我が家にはあまりない可愛らしい色は、年寄りの家を温かくしてくれます。
b0197433_1353563.jpg

何処に飾ったら良いかしら?
こんな可愛らしいプレゼント、外の方にも見て頂こうと出窓に飾ってみました。
でも、日焼けが心配・・・・・。
3月3日が過ぎたら、こちらに、
b0197433_13533427.jpg

日焼けもしないし、ここが一番良いかなと思います。

まだ、60代初めのHさんとは、昨年同じ時期に膝を手術をし、
痛みで辛いリハビリを励ましあいながら過ごしました。
今回は、彼女は1月に反対側の膝に人工関節を挿入し、ただ今リハビリ中です。

彼女も私も手仕事が好きだったので、
部屋でその痛みを忘れるように、好きな事に熱中して気を紛らわしていました。
(整形外科は、痛いリハビリに励む以外は暇)
彼女は吊るし雛、私は刺繍、二人とも覚悟の長期入院なので、
手仕事を準備しての入院も同じでした。

部屋で、テレビ、ラジオ、CDを聞きながら、手仕事をして過ごすと、
痛みの中にも達成感で痛みも薄らぐような?

同じ手術をしても回復の過程はそれぞれ、
私より10歳若いHさんは、まだ痛みがあると言い、
両松葉杖姿でまだ痛そうでした。
これから先、楽しみたい事が一杯なのに・・・、
<どうぞ、順調な回復を!!>と、願わずにはいられませんでした。

私の方は次期検診は7月でした。

by hibi-odayakani | 2016-02-19 14:08 | 日々の暮らし | Comments(0)


<< メジロとヒヨドリ 苺いちえのケーキ >>