入院支度


来週初め、
右足に人工関節を入れる手術を受ける事になり、入院の準備をしています。

入院中に着るパジャマに刺繍をしてみたり、
b0197433_10301253.jpg

b0197433_10304225.jpg

b0197433_10312491.jpg


b0197433_10315131.jpg

b0197433_1032188.jpg


長い入院生活で退屈しない様に手仕事も用意して・・・・・。
b0197433_10341280.jpg

刺しておけば、いつでもバックや小物入れに加工出来るので。
昨年は ペットボトルケース を編みました。
50日余りの入院生活で16個も出来ました。

今年は、クロスステッチを用意しました。(針先が円いので、危なくないと思って・・・)
大好きな玉置浩二のCD等を聞きながら、ポチポチ刺したいと思います。
b0197433_10371475.jpg

昨年6月左膝に人工関節を入れる手術をしました。
術後とリハビリの辛さに、「もうこんな痛いのは絶対やらない!!」、と叫んでいたのに・・・、

一年経ち、正座は出来ない等不自由な事もあるけれど、
膝の痛みは全然なくなり、自転車にもなんとか乗る事が出来るようになりました。

左足は元気になったものの、まだ右足が痛むので手術しようかしまいか、思案していました。

でも、今の左足の快適さを思うと、
これから先「痛い痛い。」で過ごすより、今のうちに治せるものは治しておいた方が、
自分も楽になるし、周りの方にも迷惑を掛ける事が少なくなると思い決めました。

手術、リハビリと入院生活が長いので、その間夫は独り暮らし、
今の段階なら大丈夫そう?なので、それも要因の一つでした。


今日、夫の車で朝市に買い物に出かけました。
高齢の方が、手押し車を押しながら、痛そうに足を引きずりながらの姿を見かけました。
痛みが解るだけに、 「ああー、痛そう、可哀そう。」、
思わず、頑張っているその後ろ姿に声援を送りました。
[PR]
by hibi-odayakani | 2015-08-12 10:52 | 日々の暮らし


<< 暫くお休み 銀の耳かき >>