人気ブログランキング |

お買い物袋

レジ袋を出さないお店が増えてきました。
私もこの傾向に大賛成です。
お世話になっているお友達にお買い物袋を作ってみました。
b0197433_13503841.jpg
横28センチ、縦32センチ、
脇に9センチのマチを入れましたので結構入ります。
ポリエステル混紡の少し厚めの布地に、
いつもシックな装いの彼女の邪魔にならない色合いにしたつもりです。
b0197433_13502739.jpg
頑丈で洗えるので、重宝かなと思って・・・・・。
昔、クロネコの宅急便のポイントを貯めて頂いた物が、
使いやすく、外出の時はバックに入れていました。
b0197433_13505950.jpg
少し薄地なので少し厚地にしてみました。
ゴムは伸びるので、ボタンで留めてコンパクトにしました。
b0197433_13504766.jpg
カルチャースクールの帰りに駅ビルでお買い物をしているとの事、
お一人暮らしなので、このくらいの大きさで良いかな?
私のお友達だけれど、夫にとっても気を使って下さり、
夫婦とも仲良くさせて頂いております。

最近、身近の思いもよらぬ方が亡くなっています。
だんだん物を作るのが億劫になってきました。
お世話になった方に、ほんの気持ち、
手作りの普段使いの物をプレゼントしておこうと、ボチボチ始めています。
お買い物袋なら、消耗品なので直ぐ捨てられると思って・・・。
気持ちが伝わるだけでもと、自己満足ですが。

# by hibi-odayakani | 2019-05-24 13:59 | 私の手仕事

シラスの混ぜ焼き

待望の静浦漁協の揚げたての薄味の釜揚げシラスをゲットしました。
いつも同じ食べ方では芸が無いので、
友人から教わった、混ぜ焼きをしてみました。
b0197433_10003781.jpg
山芋を擦って、スライスしたハス、エンドウ豆、ネギのみじん切り、
塩を少し加えてまぜる。
b0197433_10005162.jpg
友人が届けてくれたエンドウ豆は柔らかくて甘いので、薄味で煮ました。
フライパンに油を敷き、スプーンで垂らして、
焦げ色が付いたらもう片面焼く。
b0197433_10010188.jpg
シラスの入ったうっすら塩味の種に、
エンドウ豆の甘さがよく合って、優しい味になりました。
b0197433_10011228.jpg
おやつにも、食卓の一品にも良いと思います。

我が家は遠方に住む友人、知人に、「私達は元気ですよ~。」のご挨拶に
春先、駿河湾の春の産物をお送りするのが習慣になっています。
ところが、今年は駿河湾の桜エビは超不漁、
私の好きな漁協の釜揚げシラスも、今回は遠方まで取りに行ってきたそうです。

高価な桜エビは手が出ず、かき揚げは送ることが出来ませんでしたが、
手製の伽羅蕗の佃煮や紫花豆等田舎の加工品と一緒に送る事ができました。
皆さん毎年待っていて下さるので、とっても喜んで頂きましたが、
海の幸もだんだん取れなくなって来て心配です。

# by hibi-odayakani | 2019-05-21 10:08 | 美味しい物

しじゅうからー巣の材料

しじゅうからが巣立って3日目、
親や雛の鳴き声が聞こえず、物足りない日々です。
次に向け、夫が巣箱の中のお掃除をし、
土台も新しくする事にして、全て取り外してくれました。、
今まであった所に見慣れた物が無くなると、変な感じです。
b0197433_10241548.jpg
中には水苔が3センチくらい敷き詰めてありました。
b0197433_10245289.jpg
いつも写真を撮るとき大急ぎなので、じっくり見るのは初めてです。
卵を産んだところは綺麗な円形になっていました。
b0197433_10360226.jpg
お皿のように丸く凹んで柔らかい物が敷き詰めてあった場所も、
雛達の成長で、ふわふわでは無くなっていました。
b0197433_10361425.jpg
あのお皿の中にスポット収まる卵の数がちょうど良いかな?
今回は多すぎたような気がします。

駐車場のバラも一杯咲いていて、巣立ちを歓迎していたような・・・。
b0197433_10242759.jpg
雛達は、暫く庭や駐車場にいたので、
この光景を覚えていて、また来てくれるかな?
b0197433_10243891.jpg
5年前、同じ個体かどうか分かりませんが、7月にも巣作りをしてくれました。
卵を12個も産んだ元気なカップルなので、
巣箱のお掃除をしておけば、
また巣作りをしてくれるかもしれません。

昨日、今日、親の姿も全然見えません。
巣立った日の午後は、親は何度か来ていました。
残っている雛がいないか確認に来ていたように思います。
巣立ってからの日々が良い天候なので、無事に過ごしているかな?少し安心です。


# by hibi-odayakani | 2019-05-17 10:38 | メジロ、シジュウカラ

シジュウカラ 雛が可愛い♫

雨がちらつく中、シジュウカラが次々巣立って行きました。
初めての世界に、キョトンとした顔が初々しい。
b0197433_21521066.jpg
最初の一羽が飛び出すと、次々巣箱から飛び出して行き、
あちらにこちらに飛び、追い付けません。
b0197433_21522338.jpg
周りにある木に止まりながら、あちらこちら見ていて、
暫く我が家の庭にいて、バラバラに飛び立って行きました。

みんな大丈夫かな?
雛はとっても可愛らしい、まだ、お腹の辺りは薄いクリーム色、
頭や背は親と同じような色になっていました。
b0197433_21592912.jpg
飛び立ったのは6羽、昨日の雛と合わせると7羽になります。
b0197433_21524157.jpg
巣箱の中にはまた二羽の亡骸がありました。
他の雛と変わらないようにも見えますが、
何がいけなかったのかなーーーと思います。
先に土に埋めた仲間の許に埋めました。

b0197433_21514135.jpg
これで我が家でのシジュウカラの子育ては3回目になりました。
飛び立った雛は2014年5月は9羽、8月は7羽、そして今回7羽でした。
b0197433_21515441.jpg
でも亡骸が入っていたことはありませんでしたので、ショックでした。
小さな亡骸を見て、あと少しだったのにと思うと、とっても可哀想でした。
b0197433_21532338.jpg
今日巣立った雛達が、
どうぞ、無事に自然の中で生き残って欲しいと願うばかりです。

この一ヶ月半、私たち老夫婦はとっても張り合いのある生活をする事が出来ました。
朝に夕に、時間があると巣箱を眺め、
シジュウカラの行動を見て楽しんでいました。
出来る事はヒマワリの種の補充と、悪戯スズメを追い払うことくらいでした。

沢山の楽しみを与えてくれて、ありがとう!!!!!
4回目もあって欲しいと願っています。
雛の鳴き声で賑やかだった庭が急に静かになり、寂しくなりました。
巣立った後、何か疲れがどっと出てきました。
でも、とっても充実した日々でした。シジュウカラに感謝です!!!



# by hibi-odayakani | 2019-05-14 22:18 | 野鳥

シジュウカラ 一羽巣立つ

今朝一羽が巣立ちしました。
多分、昨日身を乗り出していた雛だと思います。
b0197433_22315402.jpg
どの世界にも腕白坊主?がいる物で、昨日の雛は特別元気が良かったのか、
今朝も、長い間身を乗り出してキョロキョロ辺りを見廻していました。
そして突然、親の誘導も無しに巣立ちました。
b0197433_22313764.jpg
山茶花の木に止まり、庭の枝にチョコチョコ止まって飛び立って行きました。
b0197433_22321667.jpg
親はその後、巣箱の雛に餌を運んでいました。
一段落してから、暫く姿を見せなかったので、
先ほどの雛を安全な所に連れて行ってくれたのかしら?
雛に、「何処で待っていなさい」と伝言でもしてあったのかしら?
初めて出た外の世界、今夜はどうして過ごすのかしら・・・?

8日の時点では11羽いたはずなのに、最近数が少ないような???、
11日の写真をよく見ると、雛が皆一方方向を向いていて、
その先に色艶の悪い雛がいました。調べてみると亡くなっていました。
夕方夫が、親が来なくなってから、亡骸を取りだしてくれました。

そして昨日、やっぱり8羽しか確認できない、
夕方巣箱の中を見ると、雛達の下に亡骸がありました。
数から言えば、後一羽どこかにいる筈ですが、
蓋を開けると、皆ピタッと伏せるので分かりません。

2羽とも、少し小さいけれど羽も生えていました。後少しだったのに・・・。
この小さな巣箱の中に12の卵、無理と思っていましたが、
11羽は無事に孵化しました。
でもそこから先、餌の量や
皆の体重で押しつぶされた圧死したのではないかと思います。
無事育たないから卵を沢山産むと聞いたけれど、やっぱりと思いました。
皆が飛び立って行くのが見えるように、バラの根元に埋めてあげました。
b0197433_22324423.jpg
明日も、残った7羽の雛達が無事に巣立ってくれるように、見守りたいと思います。
母の日の、子供達からスープ、缶詰佃煮など手のかからない保存食が色々届きました。
今回留守にしたくないので、大いに役立っています。




# by hibi-odayakani | 2019-05-13 22:42 | メジロ、シジュウカラ