いよいよシーズン到来♪

いよいよ3月からサッカーのJ3の試合が始まります。
やっと私の楽しみの季節到来です。

b0197433_09381490.jpg

先日、今年はクラブを応戦する会員になろうと申し込んできました。
街の中には、まだまだ応援グッズが少ないので、

b0197433_09382785.jpg


夫に車の後ろにステッカーを貼って貰いました。


申し込みの際、昨年末から自宅に持ち帰っていた
<新スタジアム建設>の署名用紙に,
知人、友人等にびっしり署名を貰い持参しました。
事務所の方がとても喜んで下さいました。

新年会に集まった甥っ子達にもお願いしました。
「故郷にJリーグのチームが出来るなんて素敵でしょ!!!」
「このままでは、一位になってもJ2に参入できないのよ・・・。」

と力説して署名してもらいました。
久しぶりに会う甥っ子達は、伯母の変わりようにびっくりした事と思います。
昨年は日毎に応援に熱中、終わってみれば15回も駆けつけました。

b0197433_09375784.jpg
今年は、3月17日のホーム初戦で、ずっとお得なシーズンチケットを買う予定です。

馴染みの選手が移籍し、新加入の選手が沢山入ってきました。
早く覚えようと、顔、番号、経歴等覚えようとパソコンでマイ資料作成中です。


年々、体の不調や諸々、思い通りにならない事が増えますが、
青空のもと、こういう楽しみがあると頑張れます。
家ご飯大好きな夫、毎日注文の多い3度の食事の支度はストレスも溜まりますが、
片道20分、競技場への車の送迎は、そのご褒美かな?、有難い事です。

一方腰痛の悪化した夫は、今までお付き合いして頂いたグルフお仲間に、
ゴルフ復活断念のお知らせをしました。

3歳違い、静と動が反対になって来たかな?。


[PR]
# by hibi-odayakani | 2018-02-22 10:42 | 日々の暮らし

お隣さんと盛り上がる

昨日の羽生君の金メダル、お隣さんと一緒に盛り上がりました。

羽生君の素晴らしい演技を二人で見るより、誰かと一緒の方が一層盛り上る筈、
久しぶりにお隣さんをランチにお誘いし、その後TV観戦する事にしました。

b0197433_11014741.jpg

折しも、甥から貰った菌床に可愛らしい椎茸が一杯出来て、
それをお二人に見てもらい、それも使いさくっと料理して楽しむ事にしました。

食後のTV観戦、凄い集中力と精神力に感動しながら、
ドキドキしたり拍手したり、素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。

b0197433_11042412.jpg

お二人は、我が家とほぼ同じ年齢、昔、胃の手術をされているので小食です。
ご主人の好きな温麺に、桜えびのかき揚げと、とろろ、ネギのトッピング。

b0197433_11040670.jpg

そして、取ったばかりの肉厚の椎茸を、
八丁味噌やベーコンとチーズ等を乗せてグリルで焼いた物やお野菜等。

b0197433_11021097.jpg


デザートはバニラアイスクリームに、
冷蔵庫で保存していたパッションフルーツをかけて。

パッションフルーツは、夏、緑のカーテンを見て、
「それなあに?」「実が可愛い~」と興味津々だったのでお出ししました。

いつもは玄関先のお喋りだけれど、
久しぶりにゆっくりお喋りも出来、「また、誘ってください。」と、帰られました。

こんなに喜んで下さるのなら、まだ椎茸は一杯出ているし・・・、
夕方、この所ご無沙汰で気になっているご夫妻に電話をしました。

留守電になっていたので、趣旨を伝言すると、
暗くなって奥様がお見えになり、10日前からがんセンターに入院しているとの事、
「明日、病院に行ってお気遣い話しますね。帰ってきたらご挨拶に伺います。」と。
80代、心身共に我がよりお元気な方なので、もう、びっくりでした。

虫の知らせと言いますが、この所こんな事が多い日々です。
気になっている事は、実行しなければと思います。



[PR]
# by hibi-odayakani | 2018-02-18 11:24 | 日々の暮らし

黄金柑のジャム

メジロの色と良く合う黄金柑、今年は沢山出来て嬉しい♪

b0197433_16081603.jpg
2月下旬が収穫時、待ちきれずに小さい物を取って、ジャムを作りました。
b0197433_15505370.jpg

先日の来客時には、ヨーグルトの上に乗せ、
ラムレーズンをトッピングして喜ばれました。大人の味かな。

毎年作る柚子ジャムと同じ作り方で作りました。

無農薬なので、皮を洗うだけで種も殆どないので、意外と簡単です。

b0197433_15495327.jpg

柚子ジャムの味に近いけれど、苦味と酸味のバランスがこちらの方が好きです。


材料  黄金柑:1キロ 砂糖:600g レモン:半分

作り方
①夏ミカンを剥くムッキー君で筋を入れると直ぐむけます。

b0197433_16143443.jpg

②皮は5ミリ位の千切りにする。

b0197433_15503785.jpg


③水に浸け、揉むと苦みが柔らぐので、2回繰り返す。
④その後、1時間ほど水に浸け、しっかり絞る。
⑤実の中に種があったら取り除く。
⑥鍋に皮、実、汁を入れ、ヒタヒタの水を入れ、灰汁が出たら掬いながら、
少し柔らかくなるまで、煮る。
⑦柔らかくなったら、砂糖を2,3回に分けて入れながらレモン汁を入れ煮詰める。

b0197433_15510759.jpg
大きな黄金柑は、爽やか香りで果汁が多く、
酸味と甘みのバランスが良く私の一番好きな柑橘類です。

収穫して少し予措をすると、甘味と酸味のバランスがとっても良くなります。
去年は少ししか収穫できず、買ったものと一緒に送ったところ、
お嫁さんが、「お母さんの作った方が味が濃い!!!」と褒めてくれました。
甥の作った紅はるかの干し芋と一緒に送るつもりです。



[PR]
# by hibi-odayakani | 2018-02-16 16:49 | 美味しい物

コートを縫う

寒さで行動範囲が減り、家にこもる日々、
この寒さが過ぎたら着ようと、
頂き物のファミリアの小花模様の生地で、コートを縫いました。

b0197433_11315008.jpg


高齢者には可愛過ぎる生地?、離れてみるとそう派手でもないし、
スポーツクラブやお買いもの等普段着用に縫いました。

b0197433_11322031.jpg


何よりも皺にならず家で洗える!!!

襟無しにして、頂き物のストールやマフラー等巻いたり、

b0197433_11324559.jpg
b0197433_11330108.jpg


下に着る物で暖かさの調整も出来るし。

バスに乗る時直ぐ取り出せるボタン付きのポケットを二つ。
片方はパスモ、小銭、片方は鍵、携帯を入れるようにしました。
動きやすいように、後ろには深めのボックスプリーツを入れました。

b0197433_11320675.jpg


ボタンは夫のバーバリの背広のお古、買ったのは裏地、芯地で済みました。
新しい物が増えたので、一着捨てなければ・・・。
洋服はほぼ手作りなので、なかなか捨てがたいけれど。


最近高齢者の免許証返納が話題になっています。
脚の手術でこの4年間、少し遠方へは夫の運転で行っていましたが、
夫がいつまでも元気で運転できる保証はありません。

このところ、スポーツクラブに行く時は送って貰い、
帰りはバスを乗り継いで、一人で帰るように心がけています。
直通のバスが無いので乗り換えが面倒だけれど、
終わる時間を気にせずマイペースで出来るので、気が楽です。

<筋肉の貯金>目指して、出来る所は自立して出かけたいものです。

スーパー、郵便局、Nojima、百均、ユニクロ等徒歩圏内に色々お店があるのが有難い。


[PR]
# by hibi-odayakani | 2018-02-11 12:00 | 私の手仕事

先ずは一安心


b0197433_15312223.jpg

何時もは、夫の車で行く膝の人工関節の定期検診、
数日前に夫の腰痛が突然悪化し、病院への運転など到底無理、
通院以来初めて、タクシー、電車を乗り継いで一人で行って来ました。
車窓から見る富士山はとても綺麗でした。

術後、左足3年半、右足2年半経ちました。
半年ぶりに検診、先生の説明を受けました。
レントゲンや骨密度、血液検査等の結果も良好でした。

人工関節がしっかり骨に固定していて、緩む心配もなさそうとのお話、
次回は1年後の検診になりました。万歳!!!

膝の痛みに耐えかねて、TVで得た知識で色々検索し、
先生の許を訪れて4年近く、先ずは一安心です。


膝の曲がりが120度は、不自由な事もあるけれど、痛みがない事が一番嬉しい!
後は、転ばない事!!
その日病院に会いに来て下さった入院友達は、まだ痛むとの事、
先生の技術は元より、私とその人工関節の相性が良かったとも思います。ラッキー!
先生は、
<結果が良いのは、前向きの気持ちが良かったのかな>と言って下さいました。
入院中、リハビリの痛さに耐えかねて、ブツブツ言ったけれど、
<治って行く過程の痛みだから我慢しなければ>の言葉を改めて思います。
退院後は、水中歩行から始まり、水泳、スロープの散歩、階段の昇降の練習等
自分なりのメニューで、筋肉を付けるよう努力した事が良かったのかな?


まだ、腰の骨や足首の変形もあり、時折痛むけれど、
この年になって痛い所があるのは普通と思う事にして、
うまく付き合って行けたら良いなと思います。

b0197433_15294445.jpg

帰り、良い結果を聞いたので、心も晴れやかで、
JR富士駅駅ビルの高架上にあるヴィドフランスで、
サンドイッチやコーヒーでランチをしました。
一人での外食は苦手なのにこういう処は大好きです。
時折短い車両の電車が入って来たり、出て行く光景は、
とってもゆったり出来、甘いものも追加注文してしまいました。


b0197433_15475725.jpg


寒い一日でしたが、誰もいないホームはのどかな光景でした。

今回の夫の腰痛の突然の悪化、大の男は私にはどうにも動かせません。
老々介護の大変さも改めて思いました。
私の脚が元気になっていたので、色々お世話も出来、少しづつ快方に。
良い時期に手術を終えていて本当に良かったと思いました。

b0197433_15290177.jpg


宿で節分を迎え、立春は熱海梅園にと計画していた湯河原への家族旅行、
突然の腰痛で私達夫婦はキャンセルになってしまいました。

b0197433_15291847.jpg

送られてくる子供達の家族揃っての楽しそうな写真に、
痛みの中、少し夫の笑顔も見えてほっとしました。

子供達からは<リベンジしましょう>の励ましの声もあるけれど、
全員集合は、だんだん無理になって来るのかも・・・。

b0197433_15485502.jpg


[PR]
# by hibi-odayakani | 2018-02-06 16:20 | 日々の暮らし