<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

トマトソーメン oishii

b0197433_14365989.jpg


何時まで経っても暑い日々、昼食はやっぱり冷たくさっぱりしたものが美味しい。

朝、朝食の支度をしながら、トマトソーメンのスープを仕込んで冷やしておく、
昼食は楽々、酸味の効いた美味しいトマトソーメンを食べられます。

2人前

玉葱:半分、 トマト:大1個 人参:少々 茹でトウモロコシ:適宜
水:600cc コンソメ顆粒:小さじ4 塩、胡椒、バジル 適宜

①鍋に玉葱、人参のスライス、へたを取ったトマトの乱切りを入れ、
コトコト煮る。

b0197433_14363719.jpg


②柔らかくなったら、コンソメ、バジルの粉末、塩、胡椒を入れ、味を調え、
少し煮詰め、冷めたら冷蔵庫で冷やしておく。

④昼食の時間になったら、ソーメンを茹で、

b0197433_14372905.jpg
b0197433_14380810.jpg


ショルダーベーコンの細切り、トウモロコシ、バジルをトッピングして出来上がり、
トマトの酸味味の中、時折トウモロコシの甘さが感じられお勧めです。
油分は、ショルダーベーコンの油のみで爽やかです。

古物のソーメンは凄く味が良いので、和風で食べると味の良さが引き立ちますが、
偶には、こんな食べ方も胃がすっきりでお気に入りです。

やっぱり、パリパリと冷たいサラダは欠かせません。

b0197433_14374607.jpg
ドレッシングは、頂き物の九州野菜王国の<長崎にんじん×熊本パプリカ>
甘味と酸味のバランスが良く、油分も強くなく、さっぱりしているのが好きです。



[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-28 15:18 | 美味しい物

待望のコンサート

昨日は一人で、
待望の玉置浩二のコンサート <2016~AMORE>に行ってきました。

b0197433_14193644.jpg

今まで、美術館は一人でも行くけれど、
コンサートや舞台等いつも誰かと一緒、一人で行くのは初めてです。

素晴らしい、歌声に酔いしれ、
一人で行ったのに、全然知らない皆さんと大盛り上がり、
出待ちまでしてしまい、玉置さんに手を振ってもらい、
とっても若返った気分で帰宅しました。
歌声はさらに磨きがかかって、ファルセットは素晴らし~いの一言でした。

b0197433_14195046.jpg

20年近く前に、膝の手術の二か月の入院中、
息子が玉置浩二と安全地帯のCDをプレゼントしてくれました。
テンポが良く、乗りやすい曲はリハビリの辛さを和らげてくれるかしらと思って?、
入院中それを聞きながら、随分助けられました。

それから、ファンになり、
自分でもCDを買ったり、ユーチューブで映像を見たりして、楽しんでいました。

昨年、2回目の人工関節挿入の手術で入院中、
病院のすぐ近くの富士市のロゼシアターで、玉置浩二のコンサートがありました。
こんな機会は滅多にない、行きたいーーー。
でも、まだ術後わずかしか経っていなくて、痛い、痛い、痛いの日々。
その上、重いニーブレスを四六時中装着している時期、
「無理、無理、絶対無理。」周りも、私も無理を認める状態でした。

あれから1年、三島市文化会館でコンサートがある事を知りました。
この機会を逃したら、もう行く機会は無いかもしれない・・・と、
(駅から歩いて近い、家からタクシーでもそれ程高くない)、
直ぐ夫に連れて行ってもらい、前売り券をゲットしました。

さて、次は階段の上り下り、膝の痛みは無くなった物の、
曲がりが悪いので、階段の上り下りが苦手です。
杖を突いていてもゆっくりで、大勢の周りの方に迷惑をかけたくないし・・・、

ふと、思い出しました。
入院中リハビリの先生が、「目標を持ってリハビリ頑張って!」、
永六輔さんが「リハビリはやればやるほど元にもどる。」との言葉。

昔、ダンスを習っていた年上のお友達が脳溢血で半身麻痺になった時、
「あの先生ともう一回でもダンスを踊って欲しい!」の一心で、
リハビリを一生懸命頑張って、踊れるようになった事を思い出しました。

普段、上がらない二階への階段を、
頑張って両側の手すりにつかまりながら一日2往復、
この一か月で大分、足腰が強くなり、
杖を着きながらも、階段を上り下り出来るようになりました。

リハビリって、目標を持たないと進まない と改めて思いました。


[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-22 14:32 | 日々の暮らし

久しぶりのらららサンビーチ

b0197433_15293163.jpg

先日、エゾ シーフードに行った帰り、
久しぶりに らららサンビーチ に行ってきました。

b0197433_15301301.jpg
今年の夏は3歳になった孫を初海水浴に連れ出そうと思っていましたが、
風邪をひき体調が悪いとの事で、取りやめにしました。
出来れば、9月の連休に来たいとの事。

今年は、私の脚も元気になって来たので、
砂浜を歩くのがどれくらい大丈夫かな?と思って、ちょっと下見に。

b0197433_11304735.jpg

三歳になった孫のSちゃんは、初めての海ではどんな反応をして、
どんな遊びをするかしら?

b0197433_11302128.jpg

楽しみです。

b0197433_11312324.jpg

b0197433_11310679.jpg
浅い海なので、海の中は小さなお子様連れのご家族が多く、
白い砂浜で沢山の若い人達が甲羅干ししていました。
他府県ナンバーの車が多いのは、お盆で帰省中の人達だったのかしら?

ライフセーバーのお兄さんたちが3人

b0197433_11432869.jpg
b0197433_15301301.jpg

見回っていました。女性のライフセーバーは初めてでした。

b0197433_11432869.jpg


水も綺麗で、日本の綺麗な海水浴場に選ばれているこの海水浴場、
この人達のお蔭で、一層安心な海水浴場になりますね。





[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-19 16:08 | 日々の暮らし

海辺のレストラン 伊豆サマー

b0197433_17111081.jpg

先日、Haruさんのブログ180℃の大パノラマ!Ezo Seafoods Summerを拝見し、

私の待っていたシーサイドレスレストランだ!!と、早速行ってきました。

b0197433_17161086.jpg

今日は晴天で海も綺麗に見えるだろうと、予約のお電話を、
留守電だったので、趣旨を伝えて出かけました。
オーナーのジェームズギャラガーさんが流暢な日本語で出迎えて下さいました。


夏季限定のレストラン、エゾ シーフード 伊豆サマー
海辺にあり、中央に生簀があって広々、
席も皆、海が見えるように配置されているのが嬉しい、
解放感のある素敵な、気軽に立ち寄れるレストランでした。

b0197433_17171052.jpg

店の生簀のイサキやタコを見て、

b0197433_17162424.jpg


私はイサキのアクアパッツァ、夫はトマトとイカのスパゲティーを注文。
ドリンクは色々ある中から選べます。

b0197433_17113616.jpg
冷製カボチャのスープ
b0197433_17121639.jpg

前菜はエゾマスの燻製、ゴーヤと茄子のソテェー

b0197433_17115417.jpg
b0197433_17125808.jpg

そして、イサキのアクアパッツァは、
生簀のイサキをさっと掬い上げて調理、熱々がテーブルに届きました。

魚介類やハーブ、トマト等で素材の良さが良く出ていて、
骨に注意しながら、とっても美味しく頂きました。

骨のある魚には近寄らない夫も、恐る恐る手を伸ばし、
「美味しい、美味しい!!」と。
そのスープがとっても美味しかったので、Haruさんのおっしゃる通り、
パンが一切れあったら、良かったかなーと思いました。

スパゲティーも、イカの新鮮さが良く解る美味しいトマト味でした。

b0197433_17131840.jpg

窓辺の海は透き通っていて、とても綺麗、

b0197433_17133914.jpg


暑かった今日、冷房の効いた部屋から
マリンジェットや岩場で遊ぶ人達を見ながら、

b0197433_17124032.jpg
とってもリラックスした時間を過ごしました。
風のある日には、ヨットも見えるかもしれません。
どれもとっても美味しく、
Aパスタセット、アクアパッツァセットで4000円足らず、
この景色の中でこのお料理は大変お得だと思います。


昔、海辺にあったフレンチレストランでの夕食を思い出し、夜も良いだろうなーーと。
夕食は土曜日だけ営業との事でした。
今年は27日までなので、生憎スケジュールが合いません。
来年は、お友達も誘ってサンセットで夕食を頂きたいと思います。


家に帰って電話をみると伊豆サマーから2回も着歴がありました。
私の留守電を聞いての返信だったようで、オーナーのお人柄が嬉しかったです。

このお店の先にあるミカン山に通って10年以上、
近年建物の色を塗り替え、何のお店かしらと思いながら、通り過ぎていました。

海岸線の長い沼津なのに、
海辺に立つ素敵なお店に出会えません。
とっても美味しい、シーサイドレストランが出来てとっても嬉しいです。

来日してから20年との事、冬はニセコで
北海道の新鮮な食材を使ってエゾシーフードを経営、
夏は沼津で、こちらの新鮮な食材で使って夏だけの 伊豆サマーを営業との事、
ニセコのお店も色々美味しそう、
残念ながら、北海道の寒さには付いて行けそうもありません。

住所:沼津市口野145-17
電話:090-1203-7879

定休日:日、月曜日
営業時間:11時~ 夕方まで
 
6月1日から8月27日までオープン


[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-16 20:07 | 美味しい物

真夏の花達

b0197433_13502443.jpg

暑い暑いと言いながら、8月もあと半分になりました。

今年は昨年一昨年と水不足、手入れ不足でへたっていた花達も、

夕方の散水のお蔭で、真夏とは思えないくらい花が一杯咲いています。
b0197433_13512388.jpg

多分我が家の前を通っている、太い水道管からの冷たーい水のお蔭だと思います。
あの名水、柿田川から取水している冷たい水道水は、
冬暖かく、夏冷たくてとっても有難い。

b0197433_13532248.jpg
花達も冷たい葉水を浴びると、日中凄く暑くても、
b0197433_13523559.jpg
夕方の冷たい水道水の散水で、火照りが無くなり元気になるのかも知れません。
b0197433_13541116.jpg
b0197433_13544441.jpg

パッションフルーツは花が咲くけれど、この時期は結実しません。でも涼しげです。

b0197433_13551683.jpg

東京、福岡、仙台、長い間のマンション暮らしでは、
真夏の水道水はこんなに冷たくなく、
夏の冷やし中華、素麺は一苦労、氷水を使用してやっと。
こちらでは流水でさーーっと洗い流せば、直ぐ冷たくなります。

b0197433_13555022.jpg

地元に長く住んでいる方は、多分その有難さを知らないのでは・・・。

真夏、冷たい水の花達への散水は、とっても気持ちが良く贅沢な気分です。



[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-15 14:24 | 庭の花

食欲増進 ゴーヤの佃煮

b0197433_134268.jpg

今日は連日の暑さより少し凌ぎやすい日になり、ほっとしています。
このところ早寝早起きの我が家、
ゴーヤを沢山頂いたので、朝早くから恒例のゴーヤの佃煮を作りました。
頂き物のザラメは、佃煮作りにはコクが出て重宝しています。
b0197433_1371582.jpg


ほろ苦さが口に広がり、胃にも優しい感じで、ご飯が一層進みます。

b0197433_1343863.jpg

中の綿をくり抜いたゴーヤ:1,4キロ
ザラメ:200g (今回はザラメを使いましたが、少し多めの量の砂糖、三温糖でも良い)
醤油:150cc 酢:100cc 鰹節:適宜

①5ミリくらいに切ったゴーヤを熱湯の中に入れ、落し蓋をして、
b0197433_1351567.jpg

沸騰してから1分位したら茹でこぼす。
灰汁もとれ、苦みも薄らぐ。
b0197433_135504.jpg


②鍋に調味料を入れて沸騰させ、
茹でこぼしゴーヤを入れ、途中、鰹節を入れて煮詰める。
b0197433_1362750.jpg

好みの味の濃さで、煮汁が無くなるまで煮なくても良い。

瓶に入れて冷蔵庫で保存、
沢山作った心算でも佃煮は出来上がると意外と少量に。

この時期、スイカやゴーヤお野菜等を持った来て下さる方多いので、
瓶に詰めてお礼にプレゼントしてたりして、意外と直ぐ終わってしまいます。

昨年、一昨年この時期は膝の手術で2か月の入院生活、
朝から晩まで冷房漬けだったので、今年の暑さは身に応えます。

連日の暑さ、昼食、夕食の準備は暑くて大変です、
オープンキッチンの我が家、
部屋の冷房を効かせてゆったりしていても、
食事の用意をすると暑くなるし、臭いも抜けにくいのが難点です。

そこで、昼食や夕食の火を使う物は部屋を開け放ち、
午前中にするように心がけています。
昼食からは寝るまでは涼しい部屋で、テレビ、ビデオ観戦でグダーーーとする日々。

先日スイカを持ってきた下さった方は奥様を亡くされた方、
「女房が生前好きだったスイカで、毎年、知人が届けて下さるけれど、一人では、・・・・・」と、

大きなスイカを一人で食べ尽くすのは大変かもしれないけれど、
食べる度に思い出すのも切ないのかなーと、思ったりしました。
今日、割って冷蔵庫に入れて頂きます。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-12 13:36 | 美味しい物

早朝のスズメ

b0197433_125942100.jpg


連日の猛暑、人間も植物も小鳥も大~変、
スズメは朝早く陽が射さないうちに来て、
電線や木に止まって餌を待っています。
小雀は電線ではなく、低い黄金柑の枝にじっと止まって待っています
b0197433_1335969.jpg

餌をあげると一斉に降りてきて、凄い騒ぎになります。
全部で20羽くらい。

我が家はこの時期、オリンピックを見る為早起きなので、餌の時間も早くなります。
b0197433_1342991.jpg

b0197433_1353436.jpg

食べ終わると暑くならないうちに、さーーーと何処かに飛んで行きます。
何時もは、常時、一羽二羽、庭にいるのに、日中は全然、見かけません。

b0197433_1355817.jpg

日中、冷たい水浴びは如何?と、冷たい水道水に変えてあげるのに、飛んできません。
あっという間に熱くなってしまうのを知っているのかな?

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-10 13:13 | メジロ、シジュウカラ

泉州の水茄子漬

b0197433_14563032.jpg

大阪の義兄から泉州の水茄子漬が届きました。
b0197433_14565745.jpg

b0197433_14572718.jpg

大きな水茄子を丸ごと漬けたもの、
口に入れると、皮は柔らかく、
中から程よい塩加減の汁が口一杯に広がります。

見た目も爽やかで、今日のような暑い日はとりわけ美味しい。
b0197433_14575019.jpg

お友達の家から頂いた、白い小花を添えて出すと、一層涼しげです。
昼から夫のビールも進む、進む事。

昨年、一昨年と真夏の入院で、糠床をすっかり駄目にしてしまったので、
美味しい漬物は食も進み有難いです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-08 15:00 | 美味しい物

塩水入り生うに

b0197433_13225185.jpg

昨日は幸せな夕食になりました。

友人が暑さの中、3時頃、
北海道から届いたばかりの塩水入り生うにを届けて下さいました。
大好物のうに、夫の現役時代は北海道から送って頂いたものですが、
久ーーしぶりの北海道からの塩水入り生うに。

美味しい物は、その日のうちに、早速夕食の食卓に。
以前、お友達が生シラスを入れて届けて下さった
b0197433_13235274.jpg

スノコ入りのこの器に入れて暫く冷蔵庫で水きりします。
スノコが入っていて、こういう時便利です。
b0197433_13241556.jpg

薄い塩味がするので、ワサビを少~し付けて、そのままの味を楽しみました。
甘~くて、トロッとして、とっても美味しい。
b0197433_13244535.jpg

夫の要望で、最近夕食は野菜が多いメニューにしていますが、
ウニが入ったお蔭で、凄~く豪華な食卓になりました。

時には買って買えない物ではないけれど、なかなか自分では買わない・・・、
大好物のそういう物を突然頂くと、と~っても幸せ! 
(o゜▽゜)o ☆☆☆


[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-05 13:45 | 美味しい物

パッションフルーツ色付く

b0197433_12495538.jpg

緑のカーテンにと育てているパッションフルーツの実が、
先日から、色づき始めました。
収穫時は自然落果するので、落ちてから保存しています。
b0197433_12502856.jpg

今日もこんな感じで木になっていますが、多分、今日か明日落果します。
外皮が固いので、落果しても傷つきません。

先月26日から落果が始まりました。
ただ今3個、向かって右から落果して、日増しに色が濃くなってきます。
b0197433_12514427.jpg

3日くらい前からさわやかな南国の香りがしてきました。
少し、皮が皺皺になってからラップに包み冷蔵庫や冷凍庫で保管します。
弟は沢山取れるとシャーベットにすると言っていましたが、
私は、お友達とのお茶の時間に、
ムースやアイスクリームのトッピングにする心算。
b0197433_1253658.jpg

真ん丸な可愛い実がぶら下がっている様子は、とっても可愛らしく、
b0197433_12534037.jpg

b0197433_13152566.jpg

だんだん私の描いていた緑のカーテンになって来ました。
b0197433_12541886.jpg


弦はどんどん伸びて来るので、
b0197433_12545534.jpg

日陰を作る事を考えながら誘引するのも楽しみです。
b0197433_138961.jpg

まだ、陽があまり差し込んできませんが、
b0197433_12553090.jpg

これから晩秋にかけ、良い日除けになる事と思います。

只今10個実がなっていますが、また蕾が出来て、楽しみがもっと増え、
朝夕セッセと水やりをしています。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-08-04 13:20 | 庭の花