<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

蝶のプリント柄で

b0197433_1573215.jpg

随分前、神戸の洋装店に勤めていた夫の従妹さんから、
未使用の沢山の布地をプレゼントして頂きました。
b0197433_1513246.jpg

その中に、メイドインオーストリアの可愛い蝶のプリント柄がありました。
これで洋服を作ったら派手かしら?と思い、手付かずのままでしたが、
白地も布の織り方も涼しそうなので、
梅雨明け前に荷物の整理も兼ね、縫ってみました。

麻、ポリエステル混紡なので、シャキッとして、洗っても皺にならず、楽そうです。
b0197433_1581940.jpg

この年齢になると、デザインはゆったりしている方が楽で好きです、まして夏は。
b0197433_1585562.jpg

見頃の前後にタックを入れ、冷房の効き過ぎにも良いように袖は8分丈にしました。
b0197433_1592770.jpg


良くある事ですが、見た目と仕立て後はイメージが違っていました。
柄だけ見ると派手に見えるけれど、仕立ててみると意外と地味でした。
b0197433_1510513.jpg

そこで、先日、ホホホの本田さんのお店で買った赤い派手なイヤリング、
添えて見ると、蝶の赤と同系色で合うように思います。
遊びに行く時に付けると楽しそう・・・。
b0197433_15104154.jpg

外出時は杖を突くので、
靴と同系色の布に、蝶をの柄を貼り付けたバックはポシエットにもなるようにしました。
着尺2,5mあったので、まだ何か出来そうです。

手芸用品、洋裁用品、頂き物も含め、まだまだ沢山残っています。
出来る間に少しづつでも片付けようと思います。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-06-28 15:46 | 私の手仕事 | Comments(0)

プラムジャム作り

b0197433_1623215.jpg

三年ぶりに、沢山のプラムでジャムを作りました。
色違い二種類(同じ物でも色づき具合で違った色に出来上がる)
b0197433_1616919.jpg

暑い中とっても大変でしたが、頑張って作りました。
しかも8キロも・・・・・・。

材料:プラム2キロ 砂糖:プラムの50~60パーセント

①プラムを洗い、皮の汚い所やへたを取り、皮に縦に5,6か所切れ込みを入れる。
b0197433_1610879.jpg

②分量の半分くらいのお砂糖をまぶし、一晩置くと水分が出て砂糖が溶けてくる。
b0197433_16103598.jpg

b0197433_1611939.jpg

③そのまま中火で煮ると、沢山の灰汁が出て来るので、取り除く。
b0197433_16114651.jpg

b0197433_16121572.jpg

b0197433_1646696.jpg

④柔らかくなり、種が取り除きやすくなったら、
b0197433_16125237.jpg

玉杓子の穴の開いたもので種をすくい上げ箸で種だけ取り除く。
⑤灰汁と種を取ったら、残りの砂糖を入れとろ火で煮込む。
b0197433_16132460.jpg

⑥プチュ、プチュと、中から、泡が弾けるように出て来たら火を止めます。
⑦冷蔵庫で冷やしておいたお皿にたらして傾けると、
液がゆっくり動く位が、ヨーグルトやパンに塗るのに丁度良い。
⑧熱湯消毒をした瓶に熱いうちに詰め、
冷たい水を張ったパットの中に逆さまに入れ、
瓶と蓋の間から泡が出て来なかったら、密封出来ています。

ここ数年、膝の痛みや手術でジャム作りもしませんでした。

暑い中のジャム作りは、瓶の消毒や煮込むのが大変で、
「ジャム作りはもう止ーーめたー」の心算でした。

先日妹から「プラムが取れますよ。」の電話、
一応、プラムジャム大好きな夫に伝えると、
「取りに行くよ。」と、元気な良い返事がありました。
甘い物苦手な夫が、大好きなのがプラムジャムです。

妹の家のプラムは無農薬なので、ジャム作りには最適です。
例年、家族は元より、友人、知人にも大好評なので、
今のところ膝の調子も良好、「ま~、作ってみましょうか。」と言う事になりました。

たわわになっている可愛らしいプラムは、取らないと地面に落ちてしまうし、
2歳下の妹は、「暑い時期のジャムは、沢山は作りたくない。」との事。
「それでは頂きま~す。」と、8キロも頂いてきてしまいました。
夫は、高所恐怖症、めまいも出るので高い所は苦手ですが、頑張りました。

熟して、色が濃くなるとジャムの色が濃すぎて、
綺麗ではないので、私はあまり赤くならない内に作ります。

直ぐ赤くなるので、急がなくては・・・・・、
赤い物から選んで、二日がかりでジャム作り、沢山の瓶詰が出来ました。
b0197433_1618879.jpg

沢山作った心算が、
あの人にも、あの方にもと思っているうちに嫁入り先はほぼ決まりました。

あ、あ、あ~、疲れた! でも、痩せない!

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-06-26 17:10 | 美味しい物

ヤリイカ三昧 ♪

b0197433_13113150.jpg

先日から、我が家は大好物の美味しいヤリイカ三昧です♪

夫の同僚だった方が、
ご本人が漁船に乗って釣り上げたばかりのヤリイカを唐津より直送して下さいました。
なんと、15杯!、昨年も送って頂き、
その美味を知っているので、イカ好きの夫は特に大喜びです。
2,3杯づつ傘袋に入れて(雨の日スーパーなどの入口に置いてある傘袋)
保冷剤を入れたクール便で送って下さるので、
翌日我が家に着いた時にも新鮮その物です。
このご時世、唐津から沼津でも翌日には着く、便利な世の中になった物です。

b0197433_13155840.jpg

先ずは、生姜とゆずポン酢しょうゆでお刺身。
イカの味が濃く、甘くて、すごっく美味しい。

皮を剥いて保存、、翌日食べると、
今度はねっとりとしてまた美味しさが違ってきます。

エンペラーや脚はさっと熱湯を通して、、酢味噌和えしたり、
b0197433_13242316.jpg

アスパラやニンニクやズッキーニ、トマト等でイタリアン風に。
b0197433_13244939.jpg

煮つけは、さっと煮て一晩置くと、
b0197433_13253381.jpg

イカに味がしみ込んで、美味しくなります。
大きなものは、煮てから切って、食卓に。
どれも、みんなとっても美味しくて、ヘルシーで嬉しい食卓になりました。

到着した日は大忙し、新鮮なうちに早く処理しなければ・・・、
二人で2,3日間で食べる分と、イカ大好きなお友達へのお福分けを除き、
即、傘袋に入ったまま冷凍しました。

傘袋に2,3杯づつ入れて封をしてあるので、
その都度一袋づつ出して使えるのは有難いお気遣いです。

冷凍イカを捌く時は、
半解凍でイカを新聞紙の上に広げて捌くと、墨袋の処理がし易く綺麗にできます。
綺麗になってからさっとお水で洗う方が良いそうです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-06-24 14:06 | 美味しい物

人工芝の張り替え

b0197433_11104051.jpg

6年前に張り替えた人工芝が、擦り減って汚くなったので、
夫が張り替えてくれました。
やっぱり、フカフカしていて、歩いていても気持ちが良い。
b0197433_11233752.jpg


6年前夫が張り替えてくれましたが
当時夫は70歳、作業そしている姿は楽しんでいるようにも見えました。

でも、今回の張り替えはなかなか大変そうでした。
ホームセンターで大きな人工芝を買い、
家のスロープに合わせて切り取りますが、カーブになっているので、
几帳面な夫は型紙を取って、綺麗に裁断していました。

屈んでする仕事なので、膝の曲がりの悪い私は全てお任せです。

剥がすのは意外と簡単です。
b0197433_11221679.jpg

剥がした後、
b0197433_1119372.jpg

コンクリートに滑り止めの溝を一杯入れてあり、
その間に貼ってあった細かい人工芝が入っているのを取り出します。
b0197433_11211348.jpg

普通に箒で掃いても取れないので、マスクをかけディスクグラインダーで取り除き、
ジェット噴射で外に流し出しました。
b0197433_1120197.jpg

粘着テープを剥がすのがまた大変です。
外出先では、色々な場所で人工芝を貼っているので、
ホームセンターで取り除く方法を聞いたところ、
溶剤で溶けるけれど、始末に困るとの事でした。
結局、グラインダーの部品を変えて取り除いたようです。

後は水に強い人工芝用の両面テープを、中央と両サイトに張り、
固定して出来上がりです。

家を建てから16年、最初は業者がやって下さり、今回3回目です。
張り替えはもう少し先でもと思っていましたが、
二人住まいだけれど、結構人の出入りが多く痛みも早いようです。

夫も後期高齢者になり、だんだん足腰も弱って来たので、
少し早めだけれど、出来る間にやっておこうと思ってくれたようです。

炎天下になる前に出来上がり、雨の日も滑らず、感謝です。
次はもう、業者にお願いしなければ・・・、
やる気はあっても、体がだんだんそういう年齢になってきました。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-06-22 12:47 | 日々の暮らし

父の日

今日は父の日、今年も子供達家族から、夫の好物が届きました。
b0197433_2157839.jpg

毎年、違った物が送られて来て、私まで嬉しくなります。しかも夫の大好物が。
b0197433_21385242.jpg

夫はタバコは止めたものの休肝日無しで、
かなり多量の晩酌を楽しんでいますが、
今年も病気もせず、元気にお祝いをして貰う事が出来良かったです。
b0197433_2158761.jpg

昨日は、、サクランボの産地寒河江からとっても大きな立派な佐藤錦が届きました。
夫はもとより、私までその可愛らしい姿にニッコニコです。
b0197433_21394548.jpg

甘くて、プチッと歯触りも良く、私がスーパーで買う品と全然違う。

仙台に住んでいた頃、お隣の山形はサクランボの産地なので、
パリッとした、凄く甘い佐藤錦の美味しさを知りました。
久しぶりに、あの美味しかったサクランボの味を堪能しています。
サクランボは眺めるだけで可愛らしく、幸せな気分になるから不思議です。

色々な物に添えるとその可愛さが一層引き立つように思います。
b0197433_21401264.jpg

昨日は、釜あげシラス入り卵焼きに添えたり、
b0197433_21432418.jpg

今日は朝食のヨーグルトに添えたり、
b0197433_2159946.jpg

おやつのアイスクリームに乗せたり、何に添えても良く似合います。
柔らかくならないうちに、
久しぶりの美味しいサクランボを存分に楽しみたいと思います。

b0197433_21443294.jpg

今日はもう一人の息子家族から夫の大好物の焼酎が届きました。
こちらも初めての品で夫は大喜びです。
b0197433_2151578.jpg

福岡時代、壱岐も高千穂も一緒に旅行をした、私にも懐かしい場所です。
b0197433_21523395.jpg

九州の郷土料理を思い出して作ったみたいと思います。

父親と息子達、家を離れて25年~30年近く、
会ってもそんなに会話がある訳ではないのに、
親の趣味趣向ををしっかり理解してくれているように思い有難い事です。

仲良し兄弟は、いつも被らないプレゼントをしてくれます。
連絡し合っているのかしら?

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-06-19 22:20 | 日々の暮らし

産直品が続々♪

b0197433_1718076.jpg

ここ数日、色々な方々から、産直の嬉しいプレゼントを頂き、
毎日美味しく温かな気分の朝食です。

今朝も、それらを使って美味しい朝食を頂きました。
b0197433_17234370.jpg

友人から頂いた 雲仙フロマージュの
作りたてナチュラルチーズはずっしりと重く、固いお豆腐の様な感じです。
熟成されていないので、チーズ特有の臭いも癖もなく、
噛んでいると口の中に牛乳の濃い味が広がります。
今朝は、フライパンで焼いて、少し焦げ目が付いたら裏返し、
柔らかくなったら、、焼いたズッキーニに乗せて頂きました。
生とは違ったクニャとした食感も楽しい♪、
b0197433_1724202.jpg

昨夜は、スライスしてワサビを少し乗せて頂きました。
プレーンなので和洋食、何にでも合います。

b0197433_1725590.jpg

知人からの 成城 城田工房 スモークチキンは、
b0197433_17253683.jpg

スモークのとっても良い香りが食欲を誘い、
優しくまろやかなお味で、手作りで添加物無しも嬉しく、
とっても美味しく、お取り寄せしたくなりました。
b0197433_17275271.jpg

毎年北海道の夫の友人から届く新鮮なアスパラガスは、
みずみずしく柔らかく、アスパラの濃いお味が口一杯に広がります。
b0197433_17282213.jpg

お友達が並んで買って来て下さった、
韮山グリーンプラザの甘く美味しい人気のミニトマト、
油も使わず、アスパラと一緒にフライパンの上で さっと転がして焼くだけで
調味料無しで濃いお味が引き立ってとっても美味しい。

グットタイミングで産地直送品が続々と届き嬉しい毎日です。
産地直送大好きです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-06-17 17:58 | 美味しい物

ハロッズのティーセットで

b0197433_16393168.jpg

先日から縫い物で少し忙しくしていましたが、一段落しました。
作り出したら止まらない私、悪い癖です。
年を考え、もっとゆっくりしなければと思うのですが・・・。

今日は、梅雨空のなか、
先日頂いたハロッズのティーセットで、外を眺めながらゆっくりティータイムを楽しみました。
b0197433_16245487.jpg

可愛らしいテディーベアのビスケットは、
ココア味でバターも少ない程良い甘さのく老人向け、
b0197433_16252372.jpg

アールグレイの紅茶に良く合い、
撮り貯めたビデオを見ながら、お蔭様で美味しく楽しい時間を過ごしました。

b0197433_16255230.jpg

結実したパッションフルーツの実は、今5個結実し、
まーるい実を眺めながらニンマリしてしまいました。

b0197433_16264857.jpg

明日は50年来の大親友が遠方よりお泊りで来てくれ、
楽しい二日間が待っています。

友達との賑やかなお喋りは、70歳過ぎても昔のまま、
夫には少々気の毒ですが、年に数回のとっても楽しみな時間なので、我慢をしてもらいましょう。
明日の夕食は、夫の好きな献立も夕食に入れる事にします。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-06-13 17:12 | 美味しい物 | Comments(0)

梅雨時の花

b0197433_9425699.jpg

とっても華やかだったバラが一段落して、少し寂しくなりましたが、
遅くれていた初恋が咲いて綺麗です。
縁の色が名前にふさわしく初々しい。
他のバラは今、二番花の蕾が次々出来て、来週くらいから咲いてくれそうです。
b0197433_9432582.jpg

クレマチスは2番花が咲き出しました。
b0197433_944039.jpg

梅雨空の下、黄色のユリが満開で駐車場や庭で咲き誇っています。
スカシユリは本当に良く増えて、手間いらずで楽なお花です。
b0197433_9442732.jpg

餌台を独占しているスズメの色にも良く合います。
b0197433_9553934.jpg


b0197433_9455247.jpg

毎年を植え替えもしない矮性ダリやも次々咲いてきました。
ユリと同じく植え替えをしないのに、どんどん増えています。
b0197433_9462036.jpg

キキョウの蕾も紫色になって来ました。
b0197433_9464965.jpg

斑入りのパイナップルミントも涼しげです。

b0197433_9483791.jpg

玄関前の植え込みは、
エビネ(春)の後、ベニカノコユリ(夏)、ツワブキ(秋)が咲く予定です。

16年前、
足の悪い私でも手入れが出来る小さな庭が欲しいと夫に頼んで終の棲家を作りました。
<この小さな庭に、いつも花を咲かせたい>を目標に、
球根、宿根草等を植え、10年以上経って、
漸く私の思い描いている庭になって来ました。

花が大好きだった母は85歳で亡くなりました。
私は膝の痛みは取れましたが、曲りが悪いので、不自由な事もありますが、
これくらいならあまり草茫々にならずに、
草木の成長や花を楽しみながら、老いの日々を過ごせそうです。
私も母の年齢までは大丈夫?

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-06-07 10:13 | 庭の花

パッションフルーツで緑のカーテン

b0197433_115318.jpg

昨年、パッションフルーツの緑のカーテンがとっても気に入ったので、
今年も我が家の緑のカーテンはパッションフルーツにしました。
b0197433_11103441.jpg

今、弦もぐんぐん伸び、花も次々咲き始めました。
まだ気温が低いのか、結実しませんが・・・・・。
b0197433_11253581.jpg

あの可愛らしい丸い実が吊る下がっている光景を見るのが楽しみです。

昨年11月に枝の先端を切り、挿し木にしました。 
寒い時期は部屋の中に入れて育てたので、苗の成長が良く、
遅霜が降りなくなった4月下旬、外の鉢に植えました。
b0197433_10533289.jpg

5月中旬には蕾も次から次に出来て、花が咲いてきました。
b0197433_10544829.jpg

なかなか結実しないので、人工授粉をしてみましたが、やはり駄目でした。
b0197433_11125928.jpg

昨年のブログを見ると花も実もずっと後だったので、
まだ時期が早いかもしれません。

b0197433_11152375.jpg

今年は、南側をもっと幅広の緑にカーテンにしようと、
夫が立派な支柱を建て、縦2メートル、横1,9メートルの網を張ってくれました。
一番上の弦は1,9メートルまで伸ばし、ここから横に誘引します。
b0197433_111846100.jpg

それに並行して、何本か弦を伸ばしています。
反対側にも小さな鉢に植え、こちらからも誘引します。
b0197433_11235343.jpg

もう少し暖かくなると、弦もぐんぐん伸びるのではと楽しみです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-06-05 11:37 | 庭の花