<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

スズメの天下

b0197433_13562090.jpg

メジロも去って、我が家の庭は今スズメの天下です。

一昨年の今日は、庭の巣箱でシジュウカラが子育ての真っ最中
b0197433_13571589.jpg

b0197433_1401894.jpg

毎日、シジュウカラがヨレヨレになって餌を運ぶ奮闘ぶりを見ていたものですが・・・・。

昨年、今年もシジュウカラは巣作りをしてくれませんでした。
一昨年は年に2度も子育をてして、楽しませてくれたのに・・・・・。
今は時折一羽でヒマワリの種を食べに来て、さっと帰るので、
きっと何処かで子育ての真っ最中なのでしょう。

b0197433_1414881.jpg

朝、新緑の中で餌を待っているスズメも可愛いし、
b0197433_1422238.jpg

バラの咲き出した庭の餌台で、車座になって食べている姿も可愛い、
まあ、近距離で野鳥を楽しめるので良しとしようかな♪。
b0197433_14493.jpg

少々悪戯者で、ヒマワリの種を一杯入れておいても、皆外に放り出してしまいます。
どうやら学習能力が優れているので、ヒマワリの種の美味しさを知り、
引っ張り出して自分の嘴でも食べられる物を探しているのでしょう。

砂浴びで、大きな穴をポコポコ空けるのも困り者ですが、
先日、藁などをセッセと運んでいたので、
その内、チィチィと啼く黄色い嘴の子スズメを連れて来る事でしょう。
それもまた可愛いので、楽しみにします。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-04-29 15:04 | 小鳥、魚

お墓参り

b0197433_1241262.jpg

一泊で姫路にお墓参りに行ってきました。
暖かかった昨日帰ってみると、
早咲きグラジオラス、ビザンティヌスがあっという間に咲いていました。

昨年掘り起し、駐車場脇に沢山植え替えてみました。
この種の球根は強く、
b0197433_1241408.jpg

ほぼ全部堀り起こした心算が残っていて庭の方にも咲いています。

b0197433_12421365.jpg

紫のクラマチスもほぼ満開、
b0197433_12423810.jpg


b0197433_12431189.jpg

白いクレマチス、ダッチェスオヴエジンバラも沢山の花が開いていました。
b0197433_12433584.jpg

b0197433_12435970.jpg

いよいよ花のシーズン到来で、ウキウキです。

脚の痛みが酷くなってからご無沙汰だった、
夫の実家のお墓参りに行ってきました。
8年ぶりでした。

ずっと、気になっていたので、
両足の手術が終わり脚が元気になって来たのを機に、
出来る事は出来る間にと思い切って敢行しました。

駅では義兄や甥が大阪から駆けつけ出迎えて下さり、
兄弟揃ってのお墓参りになり、両親も喜んで下さった事でしょう。

幼い頃から高校まで姫路城のすぐ近くで過ごした夫は、
綺麗に改修された姫路城を見ながら兄と昔話を楽しんでいました。

戦争中、
義父は「この素晴らしい姫路城は絶対燃やされる事はないだろう。」と、話していたそうです。
お城周辺は空襲に遭い大変だったそうですが、お城は戦火を免れたそうです。
アメリカ軍も流石に、この美しい城は残そうと思ったのでしょうね。

三島~姫路はひかりが止まるので、新幹線の乗車時間は短く楽でした。
ここ数か月は水中ウォーキングに精を出し、脚を鍛えていた上に、
今はどこでもエスカレーターやエレベーターが完備されているので、
階段の下りが大変なくらいで、無事に帰って来る事が出来ました。

帰りは大阪泊まり、新しくなった梅田界隈を案内して頂き、
両日共に杖を突きながらですが、
私には20年近く歩いた事がない距離を歩く事が出来ました。
外科の手術は凄いな~と、思い
手術でお世話になった先生や皆さんに改めて感謝の二日間でした。

久しぶりの義兄や甥達とお酒を飲みながらの楽しい食事会は
夫にも元気を与えてくれたように思えます。
親族とはそういうものだと思います。
帰りの車中は疲れたけれど晴れ晴れした気分でした。

脚が元気になって来たのを機に、
気になって居る事は、少しづつ片づけて行こうと思いました。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-04-27 13:12 | 日々の暮らし

イメージチェンジ

時々洋服の整理をしています。
でも、自分で作った物は愛着があって捨てきれずに、
このブラウスは新しい色でイメージチェンジをしてみました。
b0197433_1732739.jpg


b0197433_1743856.jpg


b0197433_1761573.jpg


8年前、髪を染めていた頃作った物で、
グレーヘアーになった今は似合わない様に思って、処分しようと思ったものの、
麻とポリエステルの混紡のブラウスは、
年月が経つに従ってとってもしんなりして着やすく涼しいし・・・。

解いてみた所、下のカーボンが残っていて、新しい図案は難しい感じでした。

ほぼ同じ昔と同じ図案で、たまには無彩色でと刺してみました。
白に近いグレーの髪には、意外と白、黒等はっきりした色が合うような気がします。
b0197433_1764824.jpg


b0197433_1772425.jpg

でも、落ち着いてはいるものの、私にはやっぱり物足りないので、
b0197433_178471.jpg

昔、お友達から頂いた日本刺繍の金糸、銀糸を少し使ってみました。

着る時は
お友達に頂いたオーストラリアのお土産の綺麗な貝のブローチを花の近くに付け、
b0197433_1711531.jpg

大きめな金のイヤリングで明るくなるかしら?

こうして見ると、色々なお友達に色々な物を頂いている幸せ者で感謝です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-04-21 17:25 | 私の手仕事

春の花続々

b0197433_1026331.jpg

春の花が続々咲いてきました。
b0197433_10264096.jpg

ここ数年咲かなかったエビネランも咲いてきました。
植物は正直ですね。
脚の手術で、夏の手入れ等が行き届かないと、
途端に咲かなくなったり、貧弱になったりします。
この花を下さったお友達は、
遠くに引っ越しされ、今は年賀状のやり取りの交流位になりましたが、
花が咲く度、彼女の事や、一緒に過ごした日々を思い出します。
b0197433_1027572.jpg

その点、球根ツリガネソウは丈夫です。
b0197433_10273153.jpg

どんどん株が大きくなるので、
咲き終わって、葉が少し横になってきたら、全て切り落としますが毎年咲いてくれます。
b0197433_1028653.jpg

b0197433_10283783.jpg

b0197433_10291654.jpg


お友達から小さな枝を頂いて挿し木にしたハイビスカス、
b0197433_10294957.jpg

冬の間部屋の陽の当たる場所に置いたところ、
沢山の蕾が出来て、彼岸過ぎ外に出しても次々花が咲いています。
こちらのお友達はもう、この一年近く闘病中、
彼女の分まで元気を出して華やかに咲いているように思えます。

b0197433_10301732.jpg

産直市で松葉ボタンをの苗を買いました。
b0197433_10304252.jpg

b0197433_10311416.jpg

早めにガーデンシクラメンを抜き植え替えました。
寒い日もあるので、根付くがしらと心配しましたが、大丈夫でした。
これから長い期間咲いてくれる事でしょう。

バラの蕾も大きくなってきて、これから庭が華やかになり楽しみです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-04-15 10:43 | 庭の花

大きなバックと小さなバック

b0197433_1529431.jpg

スポーツクラブ用に春夏用に大きなバックと小さなバックを作りました。

手芸屋さんTOKAIの、ポリエステルと麻の混紡の少し皺々っぽい生地で。
水着、シャワー用品、化粧道具、買い物袋等を入れる大きなバックと、
その中に入れる小さなバックを。

b0197433_15301535.jpg

お友達から、スイスにトレッキングに行った折のお土産に、
沢山の綺麗なチロリアンテープを頂いたので、アクセントに使ってみました。

春夏は、殆ど、Tシャツ類に刺繍した物を着る私、
バックはほぼ自分で作るので、刺繍をした物が多く、無地のバックを殆ど持っていません。
(無地の物には直ぐ刺繍をしたくなる、病気?)
たまにはあっさり目にと、チロリアンテープを使ってみました。

大きなバックは(縦28センチ 横38センチ マチ9センチ)、
前と後ろに大きなポケットを作りました。
b0197433_15314742.jpg

前は、マグネットボタンを付け、帰りの買い物用バックを取り出しやすいように。
中にも大きなポケットを二つ、中をいろいろ探さないでも物が取り出せます。
b0197433_15321676.jpg

後ろは、鍵等が飛び出さないようにファスナーポケットに。

サイドに会員証を入れるポケットを作り、紐で釣るし入れておきます。
b0197433_15335047.jpg

b0197433_15341586.jpg

フロントで、紐を引っ張れば会員証が直ぐ出て来るので便利です。

b0197433_15344745.jpg

小さなバックは(縦19,5センチ 横21センチ マチ5センチ)、
貴重品や携帯等を入れ、普段は大きなバックの中に収納。
マッサージ機にかかる時はこの小さなバックだけ持って行きます。
b0197433_15355047.jpg

買い物用にサイドにショルダーの紐を取り付ける金具を付け、
ショルダーバックとして使い、両手が自由に使え便利です。

ファスナーを付けるのが面倒なので、今回はあちらこちらにマグネットボタンを付けましたが、
b0197433_15362286.jpg

密着しすぎて、結構引っ張らないと開かなかったり・・・、
やっぱりファスナーの方がさっと開いて便利かなと思ったり・・・・・。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-04-12 16:17 | 私の手仕事

リンゴのキャラメリゼ oishii

b0197433_15313623.jpg

リンゴの季節も終わりに近づきました。
訳ありリンゴで、大好きな<リンゴのキャラメリゼ>を作り保存しています。
b0197433_15362341.jpg

b0197433_15331112.jpg

そのままは勿論、
食べやすいように半分に切ってアイスクリームやヨーグルトに乗せたり

b0197433_1535397.jpg

冷凍のパイシートを焼き上に乗せて、
リンゴのサクサクとしたり、皮の少しパリッとした食感を楽しんでいます。
b0197433_15353612.jpg

パイは食べる時ポロポロこぼれるので、焼いたパイシートを一口大に切り、
その上にキャメリーゼを乗せると、一口で食べる事が出来食べ易いです。

材料

リンゴ少し大きめ:半分  蜂蜜:大匙1/2  グラニュー糖:大匙1/2 
ブランデー:小匙1/2  レモン汁 大匙1/2  バター:4g

①リンゴを薄い櫛形に切り、蜂蜜、グラニュー糖、ブランデー、レモン汁をかけ混ぜる。
b0197433_1537152.jpg

②フライパンにバターを溶かし、リンゴを並べ焦げない様に弱火で焼く。
b0197433_15372826.jpg

③クツクツして水分が無くなってきたら、裏返して焼く。
b0197433_1538372.jpg

④良い焼き色が付いたら、火を止める。
我が家では皮が少しパリッとする位まで焼くのがお気に入りです。

リンゴ1個では、フライパンに並べきれないので、私は半分づつ作ります。
味が濃いので、それだけで食べないので、一回の使用料は4人でリンゴ半分で十分です。

暇な時に作ってリンゴ半分づつ冷凍しておくと、
不意の来客の時にも、アイスクリームやヨーグルトに添えるだけで喜んで頂けます。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-04-10 15:52 | 美味しい物

アイスプラント

b0197433_12372086.jpg


このところの暖かさで、アイスプラントの株ががぐんぐん大きくなっています。
b0197433_1239685.jpg


名前の由来は、
b0197433_1238378.jpg

表皮に塩を隔離するための細胞があり、葉の表面が凍ったように見えるからとか、
ヨーロッパ、西アジア、アフリカ原産。

昨年末妹からアイスプラントの苗を貰いました。
b0197433_12383368.jpg

プランターに植え、冬の間、
百均で買った風よけのシートで囲んで置いたところ、
頼りなかった茎も、日増しに日々しっかりしてきました。
寒さと風に弱いようです。
冬の間も葉が増えて彩に収穫していましたが、

この所の暖かさで、横芽が出てきて、葉の数も多くなり時々収穫しています。
少し塩味がするシャキシャキした感じがお気に入りです。

b0197433_12394387.jpg

色も綺麗で、ポテトサラダに添えたり、
b0197433_12401171.jpg

オリーブ油をかけ、塩胡椒して、バルメザンチーズをかけたり、
揚げ物に添えたり、しています。
シャキシャキとした食感は、口の中が爽やかになるような気がします。

疲労回復に効果的なリンゴ酸やクエン酸、中性脂肪の増加を防ぐ‘ミオイノシトール’、
血糖値を下げる‘ピニトール’などを含み、メタボ対策にも良いとの事、
メタボの我が家には最適な食べ物、
育て方も簡単なので、絶やさないようにしたいと思います。

産地からの提案に、
<刻んで納豆と、天ぷらにすると外はサクサク、中はトロッ>と、ありました。
今度試してみようと思います。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-04-06 12:59 | 美味しい物