<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

エピデンドラム

b0197433_1113042.jpg

先日、孫のお供で三島市楽寿園に行き、
開かれたいたラン展で<エピデンドラム>という小花のランを買いました。
b0197433_11134835.jpg

堂ヶ島洋ランセンターの方にお聞きしたところ、
「デンドロビュームが育てられるのなら、簡単ですよ。」と事、
<小さい、場所はあまり取らない、毎年咲く>ので久しぶりのランの買い物です。
中心から小さな蕾が出ていて、次から次へと咲きそうです。
b0197433_11141329.jpg

中心がサギ草のようになっているのも面白い。
濃い紫やオレンジもありました。
ランは二か月くらいは咲き続けるので、バラの花が咲くまで、部屋を飾ってくれそうです。

暖かくなり、花壇周りを整理するのが楽しみな毎日です。

ここ何年間、膝の痛みで花壇の手入れは夫に頼む事が多く、
ついつい遠慮がちで思うように行かない日々でしたが、
手術のお蔭で、
痛みが無くなり、曲りは十分でないものの、自分で色々な事が出来るようになりました。

バラの新芽もどんどん伸び、キキョウも芽を出し、球根類も元気に伸びてきて、
毎朝庭を眺め、
狭い庭ながら、「今日はここを整理し、あそこの草取りを・・・・・」と、ついつい頑張ってしまいます。
植物の成長は目に見えるので、嬉しく楽しみです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-03-31 11:30 | 庭の花

歌の力?

b0197433_16181721.jpg

先日お友達から頂いた黄色の食用菊、レンコンの酢の物に入れてみました。
白いレンコンと黄色の菊との色合いも良く、美味しく頂きました。
b0197433_16185195.jpg

その他、キュウリとワカメ酢の物や、ブロッコリー、釜あげ桜えびと混ぜて、
綺麗な色と共に楽しみました。

連休に孫がイチゴ狩りに来ました。
色が綺麗なので、レンコンと菊の酢の物を出したところ、
6月に3歳になる孫は、
<あなーの あいた れーーんこん シャキシャキ>と、
歌いながら美味しそうに食べました。

その他、椎茸や人参も「美味しい、美味しい!。」と。

翌日の和食ランチで京野菜の蕗が出てきました。
母親が「これが すじのとおった ふき だよ。」と、
初めての蕗を差し出すと、
暫く見ていて「美味しい、美味しい!」と。
聞けば、良く通っている子育て支援センターの先生が、
<おべんとうばこのうた>を歌って遊んで下さるそうす。

これっくらいの おべんとうばこに おにぎりおにぎりちょいとつめて、
きざーみしょうがに ごましおふって、
にんじんさーん、さくらんぼさーん、しいたけさーん、ごぼーさん、
あなーのあいーたれんこーんさーん、すじのーとおったふーーき 

と出て来るそうです。
それで、何の抵抗もなくすんなり食べるんだなーと思いました。
息子達は食が細く、45年前の子育て時代四苦八苦していた自分を思い出し、
歌の力って凄いなーと思いました。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-03-26 16:36 | 日々の暮らし | Comments(0)

人気の図案のポシエット

b0197433_1734173.jpg


この図案のポシエットは、依頼されたり、プレゼント用に沢山作ってきましたが、
5,6個作ったのに、自分用がないのに気が付きました。
b0197433_17484084.jpg

大人しい感じなので、出来る間に自分用に作ってみました。
物が出し入れし易いように、ファスナーは22センチにして、
b0197433_17351436.jpg

後ろのファスナーポケットは20センチ、
中にも20センチのファスナーポケットと貼りポケット付けました。
b0197433_17353937.jpg


元の図案はこれ ↓
b0197433_17384479.jpg


同じような色を使っても、刺す生地によって印象ががらっと変わります。
何時も生地や刺す糸の色を少しづつ変えて同じにならないようにしています。
b0197433_17425794.jpg

プレゼントする人の印象や希望の色を聞いて刺すように、心がけてきました。
b0197433_17442023.jpg

b0197433_17445217.jpg


長い間油絵を描いていましたが、私の尊敬する先生は、
「色を使ったら、その部分だけに留まらず、その色を絵のどこかに少しでも使うように!」
と、指導して下さいました。
刺繍をする時もその気持ちを忘れないようにしていると、全体が落ち着くように思います。

肩ひもを入れて120g 軽いです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2016-03-22 18:02 | 私の手仕事

やっと一輪

b0197433_1353389.jpg

やっとチューリップが一輪開きました。

この連休、6月で3才になる孫が、イチゴ狩初体験でやって来ます。
昨年、電話の向こうで<サイタ サイタ チューリップノ ハナガ・・・>と、
歌っていたのを思い出し、
咲いているチューリップを前に歌を歌ったら楽しいかな?と、思い
久~しぶりに庭にチューリップの球根を植えました。
b0197433_13534717.jpg


でも、寒い日が続き、蕾が全然出てこず、やきもきしていましたが、
漸く赤い蕾が見え、2日前から咲き始めました。良かった!!
チューリップを買う時<早咲きで2週間咲く>に惹かれ植えましたが、
一足早く咲いてくれヤレヤレ。2週間持つか?
b0197433_13543924.jpg

黄色のチューリップはまだ蕾ですが、19日には開き始めてくれるかな?
b0197433_13564796.jpg

まだ、メジロもシジュウカラもスズメも庭に来て賑やかです。
b0197433_13573239.jpg


b0197433_13585463.jpg


b0197433_13593157.jpg

幼児の成長は著しいので、
お正月に来た時より楽しんでくれるかな?

この地に終の棲家を決める際、
孫が我が家を訪ねた時、
海や山や田舎の生活も一緒に楽しんでくれる場所が良いなーと思い決めました。

でも、最初の孫から10年離れているので、
色々案内したい気持ちがあるけれど、体が大変、年は取りたくない物です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-03-17 14:09 | 日々の暮らし

海藻 ぎばさ

この所、ラッキーな事にお友達が珍しい食べ物を色々届けて下さいます。
膝の痛みが無くなったので、
お料理も楽しむ事が出来るようになり、幸せな事です。
b0197433_11153735.jpg

先日は、秋田出身のお友達が珍しい物を届けて下さいました。
<ぎばさ>、ほのかな磯の香りがして爽やか、初めは茶色の海藻ですが、
b0197433_1116167.jpg

湯がくとこんな綺麗な深緑になり、初めて見る海藻でした。

彼女から聞いた事を参考に調理し、とっても美味しく頂きました。
一分くらい湯がいて、
b0197433_11164717.jpg

ザルにあげフードプロセッサーにかけ粉々にすると、どんどん粘りが出てきました。
このネバネバが体に良い事が一杯あるのも嬉しい。
b0197433_11171387.jpg

先ずは、柚子ポン酢で、
物が細いからか?、喉越しも良く、癖がないのでとっても美味しい。
b0197433_11181580.jpg

こちらは温かいご飯用に、
納豆と混ぜ、辛子、ネギを添え、お醤油をかける。
両方の粘りが相まって、ご飯があっという間に、食が進みます。
カロリーもゼロに近く、メタボ夫婦には嬉しいプレゼントです。
b0197433_11184899.jpg

一緒に今どき珍しい食用菊も頂きました。
食用菊は秋と思っていたけれど、電照で作っているんでしょうね。
綺麗な色を生かし、何と一緒の料理にしようかと思案中です。

夫の転勤で9回の転居、そのお蔭で、
転居先から、全国各地を訪ね美味しい物や珍しい物を食べる機会に恵まれました。
でもまだまだ、私の知らない美味しいものが一杯あります。
時折、珍しい美味しい物を届けて下さる友人達に感謝です♪

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-03-11 11:45 | 美味しい物

巣作りに期待!! animal

b0197433_1015986.jpg

日中、四六時中庭で餌を啄んでいるシジュウカラのカップル、
b0197433_1031139.jpg

b0197433_1037640.jpg

いつも近くにいて、相手の事を気遣いながら餌を食べている感じが微笑ましい♪
b0197433_10263796.jpg

b0197433_10281027.jpg


b0197433_1035156.jpg

今季も巣箱に入ってこちらを偵察しています。
b0197433_1043495.jpg

私のいる方をじーーーと見ています。
b0197433_10512570.jpg

そして、左右、上下を注意深く見回し、
b0197433_1048088.jpg


それからしばらく巣箱の中を点検しているらしく姿を見せません。
b0197433_10443345.jpg

b0197433_10582845.jpg

それを何回も繰り返し、巣箱を出て行きます。私の気づいているだけでも3回入りました。


b0197433_1065344.jpg


昨年は巣箱には入ったけれど卵を産みませんでした。

一昨年2回も卵を産んだシジュウカラに比べ、
昨年と今年のシジュウカラは、
餌を食べる時用心深いので、個体が変わったのかもしれません。

また、あの可愛らしい雛が巣箱から飛び立つところを期待しながら、
せっせと餌をあげる日々です。

寒くて、巣箱のメンテナンスをしなかったで、ボロボロ、後悔しています。

[PR]
by hibi-odayakani | 2016-03-07 10:59 | メジロ、シジュウカラ

栃木の揚巻き湯波の含め煮

b0197433_14343952.jpg

先日、お友達が栃木のお土産に日光(有)海老屋の
御前湯波 の<揚巻き湯波>の冷凍を届けて下さいました。
b0197433_14351237.jpg

b0197433_14353731.jpg

湯波を揚げてある物は初めて、しかも何重にも巻いてありました。
b0197433_14355825.jpg

早速お友達の説明や調理法を見ながら含め煮を作ってみました。

水から入れ、落し蓋をして、
b0197433_14363943.jpg

鍋の中で踊って形が崩れしないように火加減を調整しながら、
2回油抜きをして、茹でこぼす。大分膨らむので鍋の大きさに注意。
b0197433_14445874.jpg

かつおと昆布でだしを取り、調味料を入れ弱火でコトコト煮る。
b0197433_14453822.jpg


直径5~6センチはあり、大きく厚みがあるので、一口では無理だし、
噛みきれるかしらと思っていたら、とっても柔らかくて大丈夫、
出汁が滲み込んで柔らかくて、とっても美味しい!!!。食べ応え十分です。
プランターのセリと椎茸ををトッピング
b0197433_156047.jpg


今まで私の食べた湯葉の印象と違っていました。

大阪時代、度々京都に出かけたので、
お吸い物や煮物に添えてある物や<引き上げ湯葉>を食べたり、
最近では豆腐料理専門店で、<汲み上げ湯葉>を食べましたが、
「凄~く美味しい」という印象は持っていませんでした。
でも、この美味しさは絶品です。
味の滲み方は、油で揚げてあるからかしら?と、思ったり・・・・・。

昨日お友達にもお出ししたところ、「美味しい!!と喜んで頂きました。
沢山入っていたので、私達夫婦だけでなく、
この美味しさを、あの人にもこの人にも味わって頂こうと思います。

京都は<湯葉>ですが、栃木は<湯波>。文字にして葉と波と違うそうです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2016-03-02 15:34 | 美味しい物