<   2015年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

忙しそう

b0197433_21132577.jpg

シジュウカラは何処かで子育てをしている様子です。
b0197433_21112126.jpg

わが家に来る時は、一羽で来る事が殆どです。
b0197433_21115370.jpg

巣箱を留守に出来ないので、交代で来ているようです。
b0197433_21325694.jpg

しかも、以前のように長居はしません。
b0197433_21135921.jpg

b0197433_21333624.jpg


b0197433_21144294.jpg

凄く忙しそうに食べています。
b0197433_21175818.jpg

そして、さっと行ってしまいます。


そういえば、去年の今日は雛が孵って9日目でした。
b0197433_21154839.jpg

雛の為に、2羽で、ひっきりなしに青虫等柔らかい生き餌を巣箱に運んでいました。
巣立ちまであと少し?、頑張ってください。
b0197433_2144023.jpg

雛がピーピー待っているので、
自分の好きなピーナツやヒマワリをゆっくり食べている時間がないのではと、思います。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-26 22:05 | メジロ、シジュウカラ

今年も甘い香りに\(~o~)/

b0197433_9161021.jpg


今年も、イチゴのシロップとジャムを作りました。
b0197433_9171383.jpg

昨夜から、部屋の中にイチゴの甘い香りが漂って、とっても幸せな気分です。
もしかして、食べるよりもこの香りが好きで作っているのかもしれません。

農協の朝市で小さな紅ほっぺを4パック1000円で買ってきました。
作り方はこちら → イチゴのシロップとジャム
洗ってへたを取ったイチゴにグラニュー糖をまぶし、一晩おく。
b0197433_918481.jpg

濾して、実とシロップに分ける。
b0197433_918264.jpg

b0197433_9185345.jpg

実は少し砂糖を加え、煮詰めてジャムにする。

シロップもジャムも小分けして、使う分だけ冷蔵庫に、
残りは冷凍しておき、自分使いやプレゼントにも役立ちます。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-25 09:26 | 美味しい物

タケノコとセリのごま和え oishii

b0197433_1136261.jpg

筍の柔らかいところとセリでゴマ和えを作りました。

セリの風味とタケノコの歯触り、そしてゴマの味の美味しい一品で、
夫は勿論、お友達にも好評です。

b0197433_11311157.jpg

タケノコの柔らかいところを小さく切り、薄味で炊き、
b0197433_11313714.jpg

茹でて刻んだセリと、練りごま、砂糖、醤油で和えるだけで簡単です。
b0197433_1132241.jpg


練りゴマは、 九鬼産業の練りゴマを愛用しています。
b0197433_11323464.jpg

ネットリと風味も良くて、美味しいです。

セリはスーパーで根の付いた物を買った時、根だけ切り離し、プランターに植えました。
2年目くらいからどんどん茎を伸ばし、香りのよいセリが取れます。
お吸い物など、お料理の緑の添え物にも便利です。

夫の大好物と解り、タケノコを届けて下さる方がいて嬉しい日々です。
毎日、あれこれタケノコ料理を楽しんでいます。
夫のお酒も進んでしまいます。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-24 11:42 | 美味しい物

春の花続々

b0197433_10483399.jpg

春の花が続々咲いてきました。
b0197433_10485592.jpg

球根ツリガネソウの白と紫、
植えっぱなしでも良く育ち、毎年綺麗な花を咲かせてくれます。
増えすぎるので、所々間引いています。
b0197433_10521063.jpg

ミニワトソニア、こちらも植えっぱなしでも良く咲いてくれます。
花壇の淵でバラの咲く前、庭を賑やかにしてくれます。
b0197433_10524174.jpg

こちらはデルフィニューム ミントブルー、とっても綺麗なブルーです。
b0197433_10531414.jpg

南駿農協の朝市で200円で買ったお買い得品、
近くに栽培している方がいるようで、
時々、とってもお安く花の苗が出るので、朝市に行く楽しみの一つです。

b0197433_10533915.jpg

どんどん大きくなるモッコウバラは、
b0197433_10541944.jpg

鉢植えにしたのであまり大きくならずに剪定も楽になりました。

アロニア アルブチフォリアは今年も小さな赤い実を沢山つけてくれるでしょう。
b0197433_10554479.jpg

葉が少ないけれど紅葉も楽しみです。
b0197433_10561069.jpg


次はクレマチス?、バラかな?
楽しみです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-22 11:37 | 庭の花

ヒヨドリったら !! 

b0197433_12345064.jpg

ブルーベリーの花がヒヨドリの被害に遭ってしまいました。
b0197433_12351897.jpg

ふと眼をやると、子供のヒヨドリが、
小さな木に咲いた沢山の花をもの凄い勢いで啄んでいました。

今まで、ミカン山に植えてあるブルーベリーは、
色付き始めたら網をかけて、沢山の実を収穫出来ていたので、
ヒヨドリがブルーベリーの花を食べるなんて、想定外でした。
b0197433_1236138.jpg

夫は年と共に、みかん山の細いガードレールのない山道を車で通うのも大変になって来たし、
私も暑い日の山通いが応える様になってきたので、、
今年で山通いを止めようと決心ました。

これから先は、家でもブルーベリーの収穫が楽しめるようにと、
昨年庭に、接ぎ木のブルーベリーを植え、
今年は沢山の花が咲いて、どんな実がなるか楽しみにしていたのに・・・・・。
b0197433_1236315.jpg

ヒヨドリったら!!!



[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-20 12:52 | 小鳥、魚

小豆ご飯

b0197433_10313111.jpg

昨夜は、妹夫婦が来て、久しぶりに食事会をしました。
双方の家にお祝い事があったので、
北海道のお友達から頂いた大納言小豆で小豆ご飯を炊きました。
6時半ごろから11時まで、話に花が咲きました。

お赤飯を作る時、もち米を買うと余ってしまうし、蒸し器を出すのも面倒なので、
普通の白米で小豆ご飯を作り、ちょっとお祝い事の時等、気持ちはお赤飯の心算です。

大納言小豆は名前の通り切腹もせず、綺麗な小豆ご飯が出来上がりました。

お米:2合 小豆:50g 塩:少々
 
①小豆を被る位の水に入れ強火にかける。
b0197433_10321624.jpg


②煮立ったら、中火で2分くらい茹でると灰汁が出て来るので、ザルにあける。
③②の小豆を2カップの水に入れ、中火で少し固いくらいに茹でる。
b0197433_10325450.jpg

b0197433_10364412.jpg



④茹で上がったら、小豆と茹で汁に分け、茹で汁は水と合わせて430ccにする。
b0197433_10333292.jpg

b0197433_10335679.jpg


⑤炊飯器にといたお米と小豆と茹で汁、塩少々を入れ、普通に炊く。
 
b0197433_1034436.jpg





[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-19 10:50 | 美味しい物

ヨーグルトムース

b0197433_15271092.jpg

今年もお友達に好評の、ヨーグルトのムースを作り
ミニトマトの蜂蜜漬けをトッピングして、冷たいデザートを作りました。

ヨーグルトのムースを作る時は、
b0197433_15274639.jpg

甘さの丁度良い丹那牛乳の<飲んでやさしいヨーグルト>を使うと簡単です。

これから暑くなると、冷たく、爽やかなデザートは喜ばれます。
b0197433_15281128.jpg

トッピングは、 ミニトマトの蜂蜜漬け を使いました。
b0197433_15334585.jpg

ミニトマトの蜂蜜漬けは、そのままデザートにしたり、お料理に添えています。美味しいです。

ヨーグルトのムースはイチゴ等のフルーツジャムを上に乗せると、色々違った味を楽しめて便利です。

ヨーグルトムースの作り方
材料
ゼラチン:5g 水:大さじ2  生クリーム:100cc 飲んでやさしいヨーグルト:200cc

①粉ゼラチンを大さじ2の水に振り入れ、 湯煎にかけて溶かす。
②ヨーグルトが冷たすぎるとすぐ固まってしまうので、50cc位を少し温めておく。
③①に②を加え、混ぜてから、残りのヨーグルトを入れて良く混ぜる。
④生クリームを泡立てて、③を入れて良く混ぜる。
④器に注いで冷蔵庫で冷やす。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-18 15:49 | 簡単デザート

b0197433_149733.jpg

夫の大好きな筍のシーズンがやって来ました。
お友達が、堀りたて、茹でたての筍を届けて下さったので、
b0197433_1410695.jpg

さっそく、 茅の舎かやのや)のお出汁をたっぷり効かせ、味醂、薄口醤油で炊きました。
こういう時は、やっぱり茅の舎のお出汁は、良い味に仕上がります。
b0197433_14121030.jpg

夫は、関西人なので、薄味が好みなのでこういう食べ方の筍が大好きです。


b0197433_14124593.jpg

こちらは、別のお友達が京都にお花見に行ってお土産に買って来て下さったもりの筍の漬物です。
少し炙った香りがします。
b0197433_14131285.jpg

漬物なの、薄く切って食べると2枚位が丁度良い感じです。
b0197433_14135329.jpg



筍は夫の大好物ですが、
ここ数年、筍山の斜面の筍を掘るのが体力的に大変になってきたようで、筍を堀に行こうと言いません。
でも、我が家に遊びに見えるお友達は、夫の好物を知っていて、
折に触れ夫の好物を届けて下さる方が多く、今回もお二人が届けて下さいました。

また先日は、昨年6月にご主人を亡くされたお友達が、
「今年は、土曜日に人を頼んで筍を掘ってもらうので、今年もお届けしますね。」
との事で、楽しみにしていたところ、
「裏山に堀りに行ったら、誰かが掘った後だったわ・・・・・。」との連絡が、
家続きの裏山でこんな事があるなんて、世の中油断が出来ませんね。

昨年の今頃は、彼女のご主人はお元気で、夫が筍大好きなのを知って、
とっても沢山の筍を堀り、茹でたてを届けてくださったのに・・・・・、
その一か月後に肺炎からあっという間に旅立ってしまわれました。
人の命は解らないものです。

そう言う事を考えると日一日、丁寧に生きてゆかなければと思います。

退職後、ご主人が家にいると、奥さんのお友達はお宅を訪問するのを遠慮される事が多いそうですが、
我が家では、夫が皆さんにコーヒーを入れたり、時にはお喋りの輪に入ったりするので、
お友達感覚?になり、以前と変わりなく皆さんが集まって下さり、賑やかに過ごしています。

自分が先に逝った場合、私一人になっても、
<今まで通り皆さんが集まって賑やかに過ごして欲しい>
等の気遣いからのようで、有難い事です。




[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-15 14:19 | 日々の暮らし

ジューンベリー スノーフレーク

b0197433_16122468.jpg

桜より一歩遅れてジューンベリー スノーフレークの花が咲いてきました。
b0197433_16262946.jpg

b0197433_16231950.jpg


b0197433_17144963.jpg

真っ白く清楚な花で、花弁は桜より薄く、少し弱弱しい感じの花です。

b0197433_16133461.jpg

今日は雨の中、か細げに咲いています。
今年は沢山の花が咲いたので、小さな赤いベリーが一杯なる事でしょう。
そして、6月になると、久しぶりにヒヨドリとメジロが来て、赤い実争奪戦が見られそうです。

紅葉も綺麗なので、色々楽しめる狭い庭のシンボルツリーです。

昨年の今日は、オスのシジュウカラがこの木に止まり抱卵中のメスに生き餌を運んでいましたが、
b0197433_16152546.jpg

b0197433_16292094.jpg

今年は日に何度かピーナツやヒマワリの種を食べに立ち寄る時に、この木に止まりますが、
b0197433_16203394.jpg

b0197433_16214552.jpg

巣箱の中は空です。
昨日シジュウカラ用のピーナツは終わりましたが、
今日夫がシジュウカラ用にピーナツを買って来てあげました。

昨年、あんなに一生懸命雛の誕生に向け頑張っている姿を見たので、
保護者としては、応援してあげたくなります。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-13 17:17 | 庭の花

ボケ

b0197433_10254259.jpg

ボケが咲き揃ってきました。
b0197433_1026956.jpg

この時期、華やかに玄関先を飾ってくれます。
b0197433_10263997.jpg

このボケ、丈が40センチくらいで大きくならず、狭い庭には有難い存在です。
b0197433_10285480.jpg

花の無いこの時期、トイレを飾るのに重宝します。
b0197433_10281026.jpg

先日、アートフラワーがお得意な友人が、
なかなかトイレから戻って来ません。
どうしたのかしら?と、思ったら、
「綺麗なので、見入ってしまったわ。」と言うほど造花の様に見える花びらです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-04-10 10:43 | 庭の花