<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

冷たい善哉

b0197433_15235957.jpg


今年も北海道のお友達から頂いた小豆で冷たい善哉を作りました。
b0197433_15243230.jpg

日差しがあると、昼間は暑いくらいのリビングでのおやつは、やはり冷たい方が良い、
b0197433_1526289.jpg

汁を少なめに煮た小豆を冷やしておいて、、コーヒーに使うミルクをかけ、
b0197433_1527582.jpg

トッピングに自家製あられをかけました。

細かいあられは歯触りが良く、善哉にも良く合います。
小豆は沢山煮ておいて、冷凍しておきました。
とっさの来客用にアイスクリームに添えて使うと便利です。

小豆の煮方は→ こちら 

あられは、昔は家で餅つき後細かく切って干してから、空炒りして作りましたが、
今回は、市販の切り餅を2個細かく切って干して作りました。

炒っているうちに、もっと細かくなり、丁度良い大きさになりました。
やはり自家製のお餅とは粘りが違うんでしょうね。
b0197433_1532020.jpg

瓶詰にしておくと、色々な物にトッピングとして使えて便利です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2015-02-26 15:42 | 簡単デザート

仲よき事は美しき哉ー3

b0197433_14405869.jpg

この2羽の微笑ましいお互いの羽繕いは続いています。
b0197433_14412250.jpg


b0197433_14415039.jpg


b0197433_14423659.jpg

このシーンを見ている限り、とっても仲良しで寄り添っているのに、
いつも一緒に餌台に入らず、一羽が餌台に入りミカンを食べている間、
b0197433_14462828.jpg

もう一羽は離れて辺りをキョロキョロ見回しながら、じっと待っています。
b0197433_14481883.jpg

わが家にくるのは一緒なのに、相変わらず一緒に餌台に入りません。
b0197433_14441123.jpg

安全かどうか見張っているのかしら?
b0197433_1583586.jpg

暫くすると羽を震わせて知らせ?一羽が出て行ってから交代し入れ替わります。
b0197433_14541349.jpg

これは、例年にないパターンです。
亭主関白?、かかあ殿下?、それとも用心深いカップルなのかしら???

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-02-23 15:10 | メジロ、シジュウカラ

軽~いお財布

b0197433_1420337.jpg

今まで沢山バックを作って、端布が結構溜まっています。
少し高価な麻地が多いので、捨て難く思案中でしたが、
夫の断捨離に刺激され、余り布も少しづつ整理中です。

試しに小さなお財布を作ってみました。
b0197433_14323131.jpg

奥には紙幣を半分に折って入れ、手前はカードや診察券を入れるように深さを浅くしました。
カードを入れない時は小銭入れにも、浅いので小銭を出し易いと思います。
b0197433_14211460.jpg

紙幣カード入れ 重さ22g 12センチ×9,5センチ
とっても軽くて結構使い易く出来ました。

b0197433_14215640.jpg

小銭入れ 重さは10g 11センチ×6センチ 中に高さ5センチの仕切りあり

出来上がってから防水スプレーを2,3回かけておきました。
   

以前、脳溢血で右半身が麻痺しているお友達が、
「右半身が痺れているので、布地で軽いポシェットを作って欲しい。」と、頼まれました。
b0197433_142426100.jpg

その後、中に入るお財布も軽いのを作って欲しい、
外出する時、数枚のカードと紙幣が入るだけで良いので・・・、との事で
軽いお財布を作りました
その時は15g位で、ファスナー開きでしたが、
痺れのある手先には今度のマグネットボタンの方が使い易いかもしれない。

小さなものなので、意外と早く出来ました。
年を取ると持ち物はなるべく軽い物が良いと思う私、
カードもその日に使う予定の物だけ入れれば、そんなに大きなお財布はいらないと思う。
まだ、改良の余地はあると思うので試行錯誤しながら
布を裁断しておき、ぼつぼつ作って置けば、プレゼントにも良いかもしれない・・・。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-02-20 15:08 | 私の手仕事

ストレス貯まってるの?

b0197433_10511937.jpg

毎日、ピーナツの殻に穴を開けた途端、スズメに横取りされるシジュウカラ、
今日もさっき穴を開けたところを横取りされてしまいました。
時々、恨めしそうに下を見ています。
b0197433_10515173.jpg

ストレスが貯まっているのかしら?、
b0197433_10521813.jpg

ヒマワリの種を一杯出して、散らかしたり、下に落としています。
b0197433_10524527.jpg

でも、食べる訳でもありません。
b0197433_10531557.jpg

b0197433_1057391.jpg

上で暫くそんなことをしていて、スズメがいなくなった途端、下に移り、
b0197433_10535085.jpg

b0197433_10542312.jpg

ピーナツを取る事に成功しました。

b0197433_1055408.jpg

大きなピーナツが取れて良かったね!!




[PR]
by hibi-odayakani | 2015-02-19 11:07 | メジロ、シジュウカラ

生タラの照り焼き

b0197433_14295122.jpg

生たらの美味しい季節、我が家では今季、
ぶりの照り焼きに代わってタラの照り焼きがお気に入りです。
どこかのテレビで、生たらを味醂に漬けて置くとふっくらすると聞いたので、やってみました。

生タラ二人分
b0197433_14522210.jpg

①生たらに味醂:大さじ2を振り掛け、ビニール袋に入れ時々混ぜながら30分おく。
(臭みと水分が抜ける)
b0197433_145321.jpg

②砂糖:大さじ1 味醂:大さじ2 醤油:大さじ2 酒:大さじ1を混ぜておく。
b0197433_14533280.jpg

③①を取り出して片栗粉をまぶし、フライパンに油を敷いて、身から焼き両面焼く。
b0197433_1454356.jpg

④両面焼けたら、フライパンに②の調味料を入れ熱し、焦げないように絡める。

今までの塩焼きやソテーではないフワフワした食感で、骨を抜いて置けば、
魚嫌いの夫も美味しそうに食べてくれます。

最初、塩が入らずにみりんに浸しておくので、生臭さも抜け、ふっくらするそうです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-02-15 15:05 | 美味しい物

春夏用ポシェット

b0197433_1594097.jpg


立春が過ぎ日差しは春の感じになってきました。
寒い日々、日向ぼっこをしながら刺繍した今年一番めの手仕事が出来上りました。
b0197433_1482370.jpg

春夏に向け、軽やかな感じのポチェットを作りました。
縦:21センチ 横:25センチ マチ:6センチ
底のマチが広いので、かなり沢山の物が入ります。

老人は<両手が空いている方が良い>と言われているので、
ペットボトル等色々な物が入るように大きめにしました。
私は春夏用の服には薄いブルー系やベージュが多いので、
ベージュの麻地に、全体的にブルー系で、私にしては地味目な色合いにしました。
b0197433_13514483.jpg

図案は、この冬も癒されている小鳥にあやかって、
頂き物の包装紙からアレンジしてみました。

バックの中がゴチャゴチャするのは嫌なので、内、外、4個のポケットを付けました。
b0197433_1352296.jpg

外側は20センチ幅のファスナーポケットで、中で二つに分かれていて、
携帯とお財布が別々に入り、取り出し易いようにしてみました。
b0197433_13532251.jpg

内側には20センチのファスナーポケットと、鍵などをいれる小さな貼りポケットを付けました。
b0197433_1354026.jpg


昔縫った麻混の薄いブルーのジャケットにも合いそうです。
b0197433_14104780.jpg

手術した左足は快調なので、この春は少し行動範囲が広がりそうで楽しみです。

このバック、重さは150g、とっても軽いのも嬉しい。
これからは足の為にも軽めがベスト、体重も何とかならないかしら・・・・・・。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-02-11 14:19 | 私の手仕事

ふくらんでま~す

b0197433_19444986.jpg

真冬に戻ったような寒さの一日、
b0197433_19451815.jpg

今日はいつもより、首筋の黄色が綺麗なメジロが番で来ました。
b0197433_19475775.jpg

寒いので、いつもの1,5倍くらいに膨らんでいます。
b0197433_19481926.jpg

私の居る方を見ている顔が面白い、
いつもながらメジロの顔は正面から見ると滑稽です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-02-09 19:53 | メジロ、シジュウカラ

メジロとシジュウカラ

b0197433_22132626.jpg

寒さが厳しくなり、小鳥が頻繁に来て、餌台の餌の減り方が早くなりました。
b0197433_22135464.jpg

手仕事の手を休め、外を見るとメジロとシジュウカラが仲よく餌を啄んでいます。
b0197433_2221841.jpg

シジュウカラとスズメのピーナツ争奪戦は相変わらずですが、
b0197433_2232876.jpg

争い事のないメジロとシジュウカラの組み合わせは和やかでほっとします。
b0197433_224238.jpg


b0197433_2243861.jpg


b0197433_2251469.jpg

争い事のない日々って良いな~!
b0197433_2254675.jpg


[PR]
by hibi-odayakani | 2015-02-08 22:17 | メジロ、シジュウカラ

柚子のジャムと化粧水

b0197433_218227.jpg

今年も妹の家から沢山の柚子を貰いましたので、先日柚子ジャムと柚子化粧水を作りました。
b0197433_2183882.jpg


柚子ジャムは寒い日にカップに大匙1杯入れ熱湯を注ぐと温かな飲み物になります。
b0197433_2192583.jpg

風邪をひかないとか・・・・・、
b0197433_2195694.jpg


b0197433_21102276.jpg

今日は昨日仙台のお友達のパン屋さん<マルシェ>から沢山のパンを送って頂いた中の一つを
賞味しながら柚子茶を楽しみました。

パイ生地にイチゴとブルーベリー、カスタードが入っている菓子パンは酸味と甘さが丁度よく、
ちょっとほろ苦い柚子茶と相まってとっても美味しく、温かいおやつの時間になりました。
柚子ジャムは、アイスクリームやヨーグルト、パン、鶏肉ソテーのソース等に使っています。

作り方はこちら  
b0197433_21114487.jpg

b0197433_21384015.jpg

b0197433_21391274.jpg

b0197433_21394561.jpg


柚子化粧水は、柚子の種をさっと洗い、水切りして、
b0197433_2147084.jpg

35度の甲類の焼酎に浸け、時々混ぜながら、2週間近く置とトロッとした液体になります。
それを濾して保存します。 

柚子化粧水は肌の乾燥するこの時期、体にペタペタ塗っています。
最初はべたべたしていますが、直ぐアルコールが飛んでツルツルになり、
気持ちが良いので、一年中使っています。
保湿クリームを塗るより、良いような気がしてお気に入りです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-02-04 22:03 | 美味しい物