<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

すべすべ、柚子化粧水

b0197433_134774.jpg

妹のご主人が、2月、木に残っていた沢山の柚子を持って来て下さいました。
いつも馬路村のポン酢しょう油をお取り寄せしているのですが、
その中に、<ゆずの種で、化粧水を作る>があったので、試してみる事にしました。
無農薬なので、顔につけても安心かな?と、思って。
b0197433_13474638.jpg

とろっとした化粧水は、肌につけると最初はしっとり、
暫くしてサラサラになりとっても気持ちが良いです。

ハンドクリームなどを塗ると、べたべたした感じがしますが、
これは、アルコールが飛ぶと、サラサラ、スベスベになる所がとっても気に入りました。
私は皮膚が弱く、お医者様は皮膚科と整形外科通いが殆どですが、
この化粧水は大丈夫でしたので、顔、手足、あちらこちらに塗っています。
b0197433_13481677.jpg

↑ 種と焼酎で作りました。
種対焼酎は、1対3くらいにしてみました。
種を焼酎に漬け、毎日2,3回振ると、1週間くらいでだんだんとろっとしてきました。

種を取り除きましたが、まだ、少し白く濁っているので、
暫く放置しておき、下の沈殿した部分を残して使っています。
↓ 
b0197433_13485875.jpg


馬路村のホームページではゆず化粧品について、
ゆずの種を焼酎に漬け込むと一週間程で、トロトロの化粧水ができます。
ゆずの種を覆っているユズペクチンが
天然の保湿成分の役割を、内部に含まれる不飽和脂肪酸は細胞をふっくらさせる成分です。
一度で、たっぷりつくれるので、乾燥した肌へのボディーローションとしても人気です。
夏、日焼けした肌につけると、火照りがすっとひいていく という声もいただいてます。
と、ありました。

馬路村では
種を販売
しているようなので、無くなったら、お取り寄せしてみようと思います。
沢山出来たので、周りの方にもプレゼントしようと思います。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-31 14:35 | 日々の暮らし

春めく庭

b0197433_13134545.jpg

彼岸も過ぎ、我が家の小さな庭も、急に春めいてきました。
b0197433_1314175.jpg

毎年、ボケの花が咲くと、「春になったなー。」と、嬉しくなります。
b0197433_13144525.jpg

クリスマスローズはもう盛りを過ぎましたが、

b0197433_1322955.jpg

傍に植えたにら花とよく合います。
b0197433_13154439.jpg

b0197433_13161411.jpg

クレマチスのダッチェスオブエジンバラやテッセンも、もう蕾が出てきました。
b0197433_13164488.jpg

昨年買ったブータンルリマツリモドキも新芽が出てきて、一安心です。

b0197433_13171687.jpg

球根類も次々芽が出てきました。
b0197433_1326895.jpg

b0197433_13174936.jpg


バラもとっても元気です。
夫は、「今年はしっかり消毒をしよう。」と、言っていますので、例年以上に良い花が咲くかも?
b0197433_13345349.jpg

植物が日に日に成長する過程が分かるので、庭に出るのが楽しみな季節の始まりです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-24 13:37 | 庭の花

リモコン入れ

b0197433_1423406.jpg

リモコン入れを作ってみました。
年齢と共に、夫婦とも、家にいる時は、テレビやビデオを見る時間が増えてきました。
b0197433_14243385.jpg

テレビのリモコンを、テレビの所まで取りに行くのが面倒になってきた物臭主婦です。
リモコンを何処に置くか、考えていました。
テーブルの上はすっきりしておきたいので、置きたくないし・・・・・、
b0197433_1425476.jpg

夫の座る椅子に、テレビとビデオのリモコン入れを作り、吊る下げることにしました。
テーブルにL型に座る私達、夫の左隣りに座る私からも直ぐ取る事が出来ますし、便利です。
これで、「リモコン、取って~」も、「リモコン何処?」も無くなる筈です。
b0197433_1425497.jpg

硬いお菓子の箱で、リモコンの入る箱を二つ作り(リモコンの大きさが違うので、丈を変えて)、
ボンドとガムテープで貼り付け、頑丈にしました。
その上から、薄い布を貼り、可愛らしい刺繍のテープがありましたので、貼ってみました。

思ったより可愛らしい箱が出来ました。
中に仕切りがありますので、テレビとビデオのリモコンが別々に納まります。
b0197433_1426223.jpg

夫の椅子には、もう一つ、新聞入れが吊る下がっています。
これは、百均のティッシュボックス入れを応用しています。
これで、新聞を取りに行くこともなし、
b0197433_14324114.jpg

小さなゴミは、テーブルの上に置いた刺繍をしたこのゴミ箱に。

若い方には、笑われてしまいそうですが、
だんだん動くのが億劫になってきましたので、楽な方に楽な方に考えてしまいます。
だから、痩せられないのかもしれませんが・・・・・。




[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-20 14:45 | 私の手仕事

ハートの刺繍で

b0197433_9273795.jpg

寒さと花粉からもうすぐ抜け出せそうです。
b0197433_9281957.jpg

これからの季節にと、可愛らしいハートの刺繍のジム通い用のバックを作りました。
孫のKちゃんから貰うお手紙には、
いつもハートのマークが描いてあり、ハートは<暖かいなー>と常々思っていました。

b0197433_9384099.jpg

過日、友人から<nana>ブランドのハートのタオルを頂きました。
b0197433_9392045.jpg

このハートの図案が良いなーと思い、
図案を少し変え、色は可愛らしいピンク系でまとめてみました。
b0197433_9295969.jpg

自転車の荷台に乗せるので、かなり荷物が多くても大丈夫なように大きく作りました。
帰りのスーパーでのお買い物用のバック、化粧品、着替え、水着・・・、十分入ります。
両サイドに、水筒入れと、会員証、携帯入れの貼りポケット作りました。

これで、入館の時、直ぐ会員証も取り出せ、携帯も直ぐ出せます。
会員証入れは、6年以上前、お友達からグッズ(戸塚刺繍?)を頂き刺したものです。
b0197433_931379.jpg

b0197433_9315744.jpg

紐を引っ張るとすぐ出てきますので、とっても便利です。

b0197433_9323446.jpg

b0197433_9325827.jpg


後ろには20センチのファスナーポケット、
中にも20センチのファスナーポケットと、貼りポケットを作りました。
これで、バックの中がゴチャゴチャしないで済みます。

b0197433_9331956.jpg

近頃、歩くのがだんだん苦痛になってきました。
水の中では、スイスイなのに、陸の上ではとんと足が動きません。
整形の先生からは、「決断が付いたら、いつでも人工関節の手術をしましょう。」と、言われています。
13、14年前に両膝の骨切りという手術をしましたが、また、悪くなってきたので、今度は人工関節にと。

ジムでは、クロール1キロ、水中歩行1キロ、ストレッチ等してきますが、
寒さや花粉にかまけて、週1か週2回止まりになっていました。それも原因かも?
なるべく手術はしたくないので、
温かくなり、可愛らしいバックも出来た事ですし、
これから、週3回を目標に頑張ってみようと思います。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-17 16:38 | 私の手仕事

コーヒークリーム善哉

b0197433_1153044.jpg


過日、 <けやき茶寮 器心> で食べた、コーヒークリーム善哉が美味しかったので、作ってみました。
頂いた小豆が300gあったので、全部炊きました。
b0197433_1155797.jpg

ほぼ、器心と同じ感じに出来、コーヒーが入ると一味違って、また美味しかったです。

夫は、あんこものが大嫌いなので、
刺繍や、麻雀のお友達が見えた時にお出ししようと、多い分は3個に分け冷凍しておきました。
コーヒークリーム善哉に使うので、冷凍しても大丈夫だろうと。
これから、暖かくなるので、冷たい物は喜ばれるかしら?


材料: 小豆300g  砂糖200g 塩少々 コーヒー
b0197433_117211.jpg

①小豆の渋抜きをする。
鍋に洗った小豆を入れ、少し多めの水を入れ、火にかける。
沸騰したらざるにあげ、茹で汁を捨て、また、新しい水を入れ、同じ事を3回くり返す。
b0197433_118305.jpg

②ざるにあげた小豆を鍋に入れ、2センチくらい上まで水を入れ、弱火でコトコト煮る。
小豆が上に出ないように、時々刺し水をして、柔らかくなるまで煮る。

③炊き上がった時、まだ汁が残っているようにする。

④ざるにあげ、小豆と汁に分け、汁は300ccくらいにする。足りないときは水を足す。
b0197433_11122728.jpg


⑤汁気を切った小豆を鍋に入れ、分量の砂糖と塩、④の汁を入れ、
沸騰したら、弱火で10分くらい煮る。
b0197433_119535.jpg


⑥器にもり、コーヒーをかけ、アイスクリームを乗せる。



[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-12 11:22 | 簡単デザート

温かな一日

b0197433_214046.jpg

今日は、ミカン山にミカンの剪定に行ってきました。
ボサボサだった木が、収穫しやすいようにと木の丈も短く、こんなにすっきりしました。
b0197433_2142837.jpg

剪定する前はこんな感じでした。

昨夕、2年くらい前に知り合いになったミカン農家の方から、
「陽気が良くなったので、ミカンの木の剪定をしませんか、ご都合は・・・?」
と、ご親切なお電話を頂きました。
花粉が気になりましたが、
天気が良い間にと、早速、9時現地で待ち合わせ、剪定していただきました。
素人の私たち夫婦は、ご夫妻の作業をほぼ見ているだけでしたが・・・・・。

昨年の我が家のミカンは木の勢いがとっても良いのに、
ミカンは殆ど生らず、夫もいい加減、意欲を失くしていました。
昨年末お会いした時、「剪定を教えて頂きたい。」と、
お願いした事を憶えていて下さり、電話をかけてきてくださったのです。

b0197433_2151917.jpg

これで、今年は良いミカンがなりそうです。
b0197433_2164662.jpg

沢山の枝を切り落とし、太陽が中まで当たるようにして下さいました。
頭では、解っていても、太くなった枝を切り落とす勇気がなかなか出ませんでしたが、
本職の方が、バサッ、バサッと切り落とすのを、
「ああそういうものなのだ。」と、素人二人で、感心して見ていました。
切り口の処理もして下さり、切り落とした枝も、持って帰って、焼却処分して下さるとの事、
何から何までお世話になってしまいました。
b0197433_2171811.jpg

帰りには、ミカン畑の側らで作っている、取ってきたばかりの、
b0197433_2175934.jpg

分葱、コウサイタイ(紅菜苔)、ブロッコリーを頂きました。
いつもながらの暖かいお気遣い、本当に有難い事です。
b0197433_2183867.jpg

帰り道、海越しの富士山は、まるで、浮かんでいるようでした。
川鵜も日向ぼっこ、すっかり春の気配でした。

帰って直ぐの昼食は、仙台のお友達のお店、フレッシュベーカリーマルシェから送って下さったピザを頬張り、
(有難い事に、時折、段ボール一杯、色々な美味しいパンを送って下さるので、冷凍してストックしている)
カロリーたっぷりだったので、夕食はヘルシーにと、
b0197433_2193155.jpg

ミカン山で頂いたお野菜をふんだんに使った、葱ぬた、お浸し、サラダ・・・・、
新鮮なお野菜はとっても美味しかったです。

ミカン山では、くしゃみも鼻水も、目のかゆみも感じなかったのに、
家に帰ったら、目は痒いし、くしゃみは連発するし・・・、大変でしたが、
皆さんの温かいお気遣いを改めて感じ、嬉しい一日でした。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-09 21:29 | 日々の暮らし

ええっ、 どうして?

b0197433_14165545.jpg

夫の作ってくれたメジロの餌台、
今までヒヨドリに入られる事なく、「なんと、良い餌台だろう!。」
「メジロを飼っているような気分にもなれるし、可愛いメジロが、ヒヨドリに追われる事もないし。」
と、とっても気に入っていたのですが、先日、今までにない出来事があり、びっくりしました。
b0197433_14173632.jpg

花粉症で、夫婦二人、あまり外に出られず、家の中にいる事が多いのですが、
ある日、ふと、外を見ると、ヒヨドリが餌台の中に入り、バタバタ暴れています。
b0197433_14194624.jpg

普通にしていては、籤の間からは、絶対、中に入れないはずなのに・・・・・、
ヒヨドリが入っているのです。どうやら、子供のヒヨドリのようです。
b0197433_14202379.jpg

あちらに行ったり、こちらに行ったり、逃げるところを探しています。
一応、籤は全部付いている感じなのに、不思議?????、

入ったからには、そこから逃げれば、良いはずなのに・・・・・、
中のみかんが美味しそうで、無理やり入り、入ったところを忘れてしまったようです。
b0197433_1442312.jpg

あまり、長い間、バタバタ、しているので、可愛そうになり、
夫が出してあげようと、近ずいたところ、一瞬の間に、逃げて行ってしまいました。
どうしてかしら?、籤はきちんとあるのに・・・・・?、どうやら、
長い籤の中間の辺りは、無理やり逃げようと、体当たりをすると、
両サイドに広がり、逃げる出る事が出来たようです。


入る時は?
b0197433_14213955.jpg

良く見ると、籤が下の方が1本外れていました。どうやら、ここから入ったようです。
みかん食べたさに、無理やり嘴で食べようと突き進み、老朽化した籤を根元で折ったようです。
早速、メンテナンスをしなければ。
b0197433_14445987.jpg


b0197433_14292317.jpg

親鳥は、諦めて、山茶花の花の蜜や花びらで我慢していて、ちょっと可哀そうにも思いましたが、
子供は、やっぱり、我慢できなかったのでしょうね。


[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-08 14:56 | 小鳥、魚

息もぴったり!!!

b0197433_19113035.jpg

梅が満開になり、メジロの来る回数が少なくなりましたが、
シジュウカラやスズメは相変わらず盛んに来て、賑やかな庭です。
b0197433_1912550.jpg

シジュウカラは、いつも番で来ますが、
先日は、2羽で、同じような仕草をして、長い間、餌台で餌を啄んでいました。
b0197433_19124710.jpg

まるで、お互いに息を合わせているように、同じ仕草をして、あちらを見たり、こちらを見たり、
b0197433_19132024.jpg

声を掛け合って、リズムに合わせているような息もぴったりな仕草に、拍手をしたくなりました。
b0197433_19135932.jpg


b0197433_19145355.jpg

こんなに息もぴったりな仲良しの番なので、
きっと、春には卵を産み、沢山の雛をかえす事でしょう。
b0197433_19153414.jpg


どうぞ、安全な我が家に、もう一度、昨年の<シーちゃん>のような、
幼鳥を我が家に連れてきて、同じ夢を見させてほしいものです。



[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-06 19:34 | メジロ、シジュウカラ

大貴の玉ネギコロッケ oishii

b0197433_20535639.jpg

このところ、我が家のお気に入りは、神戸 東山商店街、<大貴かまぼこの玉ネギコロッケ>です。
b0197433_20541967.jpg

知人から2度ほど頂いた事があり、とっても美味しく、手間いらずなので、
それ以来、時折取り寄せ、「ちょっと油物がたべたいなー。」と、思った時、重宝しています。
白身魚と玉ネギなので、油ものにしては、ヘルシーかな?と、思ったり・・・・・・・。

かまぼこの生地に玉ねぎを入れ、フライにしたものです。
玉ねぎの味と白身魚の味がマッチして、噛んでいる間に口一杯に美味しさが広がります。
b0197433_20544365.jpg

我が家では、そのままタルタルソースや、辛子ポン酢で食べたり、
うどんや蕎麦の上に乗せたりいろいろ楽しんでいます。

クール宅急便で、代引きで送って頂けるので、どうせならと、
一度に沢山取り寄せ、知人や子供達にもプレゼントしています。

毎日同じものを食べるのは、いけませんので、
多い分は冷凍して、急いでいる時に、チンして重宝しています。
私の同年輩の友人、知人も、
手間いらず、日持ちのする物は大歓迎で、喜んで下さる?ので、嬉しいです。
あちら方面に行かれる方は、一度お試しください。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-04 21:08 | 美味しい物

水が足りませんよっ!

b0197433_10342100.jpg

先日、とっても面白い恰好で、水浴びをしているシジュウカラをみました。
b0197433_10142841.jpg

なんと、ひっくり返っての水浴びです。
b0197433_1043267.jpg

寒さにかまけ、水浴びの水を足すのを怠けていたので、
背中まで、水がかからなかったのでしょうね。

こんな格好で水浴びするのは初めて見ました。
お、も、し、ろ、い!!!
b0197433_1051023.jpg

今年は、シジュウカラの水浴びをなかなか見ることが出来ませんでしたが、
こんな面白い格好の水浴びを見る事ができ、ラッキーでした。
b0197433_1054791.jpg


b0197433_1062729.jpg

水の量が少なかったから、今まで見ることが出来なかったのかしら?
早速、水を足してあげました。

ああ、すっきり!
b0197433_1071153.jpg




[PR]
by hibi-odayakani | 2013-03-03 10:12 | メジロ、シジュウカラ