<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大島紬でバックも

先日の大島紬のベストを作った残り布で、バックを作りました。
b0197433_20363116.jpg

とっても軽い、我ながら良いバックが出来たと、嬉しくなりました。

友人が、「少し大きめなバックを」との希望でしたので、
縦22センチ、横29センチ、マチ11センチで作りました。
b0197433_20371774.jpg

マチが11センチあるので、かなり物が入ります。
形崩れがしないように、マチのトップに押さえのステッチミシンをかけました。

b0197433_20393723.jpg

大切なものは内側と外側のファスナーポケットに入れて頂く事にして、
物の出しれが直ぐできるように、口はオープンにしました。

このポケットは大きいので、お財布もばっちり入ると思います。
b0197433_20401384.jpg


内側のもう一方には、スマホの寸法に合わせたポケットを作りました。
b0197433_2145292.jpg

これで、スマホも直ぐに取り出せる筈です。
来週は、友人と一緒に温泉等々、楽しい時間が待っています。
早速、持って行きまーす。さて、彼女の反応は?


[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-31 21:13 | 私の手仕事

今日も水浴び、♪♪♪

b0197433_1518106.jpg

沼津の西風はとっても凄い、2,3日続いて今日は漸く、暖かな日よりです。
b0197433_1518445.jpg

メジロの水浴びがとっっても頻繁に行われています。
b0197433_15192089.jpg

すごい勢いで水浴びするので、、水しぶきが太陽に輝き、とっても綺麗です。

b0197433_15283956.jpg


今年は、その割に、他の鳥はあまり水浴びをしませんが・・・・・。
b0197433_15224353.jpg

朝、水飲み場は凍っています。
b0197433_15233016.jpg

餌を食べたあと、水を飲みにゆきますが、凍っていて、飲めません。
凍った水面をヨチヨチ歩いたり、
b0197433_15254367.jpg

溶けている端の、少しの隙間から飲んでいます。

今年は新年明けから、巻き爪が痛み、先日、 中山皮膚科形成外科で、左足の親指の巻き爪の手術をしました。
(中山皮膚科・形成外科は、近くに引っ越しました。ホームページが古いので、御用の方は、お電話でお聞きください)
でも、そのおかげで、小鳥を見ながら暇をつぶしたり、手仕事をしたり、ゆったりした日々を過ごしました。

今年は、まだ、プールには2日しか行っていません。
すこーし暖かくなりましたので、また、プール通いを始めなければ、また太りそうです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-29 15:58 | メジロ、シジュウカラ

デンドロビュームと手押し車

b0197433_20591013.jpg


デンドロビュームが咲いてきました。
b0197433_217226.jpg

シンビジュームが終わり、丁度良い時期に咲いてくれました。
b0197433_20594182.jpg

花持ちが良いので、この時期有難い花です。

b0197433_213184.jpg

夫が、冬、植木鉢を室内に入れた時、
お掃除がしやすいように、手押し車を作ってくれました。
この上に、鉢を置くと、重い鉢を一度に動かす事が出来、とっても楽です。

b0197433_2134989.jpg

押し入れに入れるスノコにキャスターを取り付け、押し手を付けてあります。

リビングは、朝から夕方まで陽が当たるので、晴れた日は室内は温室のように暖かくなり、
花々は、日中、太陽を一杯浴びて、気持ち良さそうに咲いてくれます。

冬が終わり、室内に鉢物を置く必要がなくなったら、
私のミシンや裁縫度具の移動に使え、とっても楽になりそうで、一石二鳥です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-28 21:15 | 庭の花

<シーちゃん>ですか?

b0197433_15232424.jpg

寒に入り、餌台にはシジュウカラも頻繁に来ています。
b0197433_15433192.jpg

その中に、私達になついてくれた <シーちゃん> らしきシジュウカラがいます。

そうかしら?と、思うのは、この おばあさん座り
b0197433_15375322.jpg

↑、こちらが<シーちゃん>のおばあさん座りです。
(毛並みが、まだ綺麗ではなく、あの頃は幼鳥だったのでは?と、思います。)
b0197433_15245224.jpg

そして、時々、こちらをじっと見るところ、

b0197433_15255367.jpg

でも、<シーちゃん>は、その後、こちらに飛んで来て、私たちの掌に乗ってくれたのに、
このシジュウカラは、見つめるものの、直ぐ、飛んで行ってしまいます。

「夫は、絶対違う、親の餌場には、来ない!」と、言います。

大人になって警戒心が出来たのかしら?と、思ったり・・・・・・、
また、全然関係ないシジュウカラかもしれませんが……。

b0197433_15262589.jpg


私のパソコンのデスクトップには、いつも<シーちゃん>が、こちらを見ていてくれるのですが・・・・・・。
本当に、何処に行ってしまったのでしょうか?????

<夢か現か>というタイトルで、アップしたのがいけなかったのかしら?と、反省しきりの日々です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-26 15:49 | メジロ、シジュウカラ

大島紬でベスト

b0197433_13503829.jpg

とっても素晴らしい大島紬のリフォームでベストを作りました。

50年以上の長い付き合いの大親友から、
「頂き物の大島紬で、ベストを作って!!!。」と、頼まれました。
b0197433_13511913.jpg

私は、洋服は、自分や孫、身内の物しか作らないことにしていますが、
いつも仲よく遊んで頂く、とっても大好きな親友のために引き受けました。

親友の義妹が、若い頃の大島紬の着物をリフォームし、チュニック丈のブラウスを作り、
残ったものを頂いたそうです。
b0197433_13515237.jpg

長いシーズン着られるように、背抜きにしましたので、冬から、初夏まで着られそうです。
作ってみると、とっても綺麗で、軽い!、
ボタンを付けても100g足らず、着ていて重さを全然感じません。

b0197433_13213783.jpg

とっても色が沢山入り、手の混んで、高そうなので、、「私が縫って良いの?????。」、
裁断するとき、ちょっと気後れしました。

まだ、少し残っているので、只今、大きめのバックを製作中です。
ベストとバック、お揃いで持つと、とっても良いように思えます。

そう言えば、私も、形見の大島紬を解き、洗い、綺麗にアイロンをかけた物が眠っています。
そろそろ、自分の物も縫わなくては・・・・・・・。

b0197433_1421735.jpg

親友は、昨年春、ご主人を亡くされたので、少しは慰めになるかしら?と、
先日、夫が作ったメジロの餌台を設置に横浜に行ってきました。

亡き、ご主人がメジロの為に、みかんを刺していた、紅梅の前に設置してきました。
紅梅が咲いたら、さぞ、綺麗で、絵になるだろうと、嬉しくなりました。
翌朝から、メジロが入ってくれ、とても喜んでいるとの電話を頂き、安心しました。


夫のメジロの餌台は、こういうところにも役に立ち、拍手です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-23 14:18 | 私の手仕事

綺麗になりました♪

メジロの餌台の塗り替えをしてもらい、綺麗になりました♪

2011年が夫が作ってくれた メジロの餌台、
このところメジロが頻繁に入ってくれるので、、糞や、
2年の歳月を経てペンキが剥げたりして、随分、汚くなってしまいましたが、
半日で、こんなに綺麗になり、小鳥達も気持ち良いと思います?
b0197433_1138798.jpg


先日、夫が、竹籤を抜いて、お掃除と、ペンキの塗り替えをしました。
b0197433_112072.jpg

水道のシャワーでさーーーっと水洗いをして歯ブラシで擦って汚れを落とし、乾燥している間、
メジロやスズメシジュウカラは、籤が抜いてあるところから入らず、
籤の間をすり抜けて、餌台に入り??????、チェックしていました。

b0197433_11204315.jpg

そして、縁台にある、みかんやピーナツを啄んでいました。
b0197433_11212076.jpg


b0197433_11215487.jpg


ペンキが乾くまで、半日、夕方には餌を元に戻してあげましたが、
なんの警戒心もなく、餌台に入って、餌を食べていました。
b0197433_11223264.jpg


直ぐ糞で汚れますが、
b0197433_1123358.jpg

ペンキの塗り替え以外は、水道のシャワーでさーっと流せば、綺麗になりますし、
籤も直ぐ抜けるので、お掃除もしやすくとっても楽です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-22 11:47 | 日々の暮らし

プチポワンのバック、素晴らしい!

b0197433_11211397.jpg


先日、お友達のKさんに、 <絽刺し>という、
とても緻密な刺繍の作品を拝見させていただきましたが、

その際、<プチ ポワン>という、ウィーンの工芸品のバックを拝見させていただき、
またまた、ものすごーい緻密な世界に圧倒されました。
b0197433_1359726.jpg

ウイーンの伝統的な芸術的な手工芸品で、1センチ四方、121~484の点刺繍が施されています。
織りではなく、信じられない程細かい手刺繍です。
b0197433_1123370.jpg

ウイーンの宮殿生活で、マリア・テレジアがその芸術を支持し、
次第に一般庶民ににも広がったものだそうです。

b0197433_1122383.jpg

内側には柔らかい鹿革が貼られ、金具はバックに合わせ、職人さんが作られそうで、
金具を見ているだけでも素晴らしかったです。

ウイーンに旅行された時、
<プチポワン ウイーン >で、買われたもので、お値段はおっしゃいませんでしたが、
高いダイヤの指輪に匹敵するのではないかと思うほど、素晴らしい物でした。
彼女の選んだものは、黒とグレーの濃淡の刺繍が施された物で、
留袖でも、洋服の礼装でも良いし、代々受け継がれてゆけるとっても価値ある品だと思いました。

そんな事はないでしょうが、もし、私に同価格の物を頂ける機会があるならば、
私は、やっぱり<指輪ではなく、こちらの方が欲しい!>と、思いました。
使う機会がなくても、眺めているだけでも、とっても幸せ!
手仕事って、良いな~~~

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-20 11:35 | 日々の暮らし

カランコエ 八重咲き

b0197433_15581666.jpg

今年最初に我が家に咲いている花は、カランコエの八重咲き、
暮れから、ずーっと咲き続け、部屋を明るくしています。

買った時、はポットに入って、寄せ植え用の物でしたが、
植え替えをしいているうちに、どんどん大きくなりました。
b0197433_15585046.jpg

あまり大きくなると、この色はしつこいので、これでも株を半分に削りました。

b0197433_15592798.jpg

一緒に、ショッキングピンクと薄い黄色を買いましたが、
ショッキングピンクは大きくなると少々くどい感じがしますし、
薄い黄色は、あまり、ぱっとしないので、この赤い花だけ残しました。

丈夫で、手間いらずで、冬の窓辺を飾ってくれるありがたい花です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-18 16:03 | 庭の花

今年もおお賑わい

b0197433_2254404.jpg

今年も夫の作ったメジロの餌台は、毎日朝早くから夕方まで、賑やかです。

b0197433_2373952.jpg


b0197433_22552532.jpg

メジロは勿論、シジュウカラ、スズメ、入れ代わり立ち代わり入って餌を食べています。

b0197433_2353549.jpg


b0197433_22561595.jpg


勢力の強いのは、メジロ、次はスズメ、
b0197433_2257452.jpg


そして、一番弱いのはシジュウカラのような気がします。
時にはツーショット、スリーショットもあります。

b0197433_10212159.jpg

餌を啄む小鳥たちを見ていると、本当に心が和み、飽きません。
幸せな老後を過ごしているなーと、嬉しくなります。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-15 23:12 | メジロ、シジュウカラ

気持ち、良いよ~

b0197433_1854392.jpg

寒くなると、小鳥の水浴びが盛んです。
b0197433_1856291.jpg

昨日は、珍しくメジロが2羽一緒にパチャパチャと水浴びして、とっても可愛かったです。

b0197433_18564524.jpg

夫が百均で、大きめの鉢の受け皿を買って来てくれました。
b0197433_18572126.jpg

今までは小さな焼き物のお皿でしたが、
b0197433_18583678.jpg

こちらの方が水もたっぷり、気持ち良さそうです。
b0197433_1859178.jpg

あまり水浴びが激しいので、見ていたスズメは諦めて後ろ向き、
「出直して、また来まーす。」と、飛び立ってゆきました。

[PR]
by hibi-odayakani | 2013-01-13 19:18 | メジロ、シジュウカラ