<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おおー、寒っ!

b0197433_19104349.jpg

明日は3月というのに、とっても寒い一日でした。
b0197433_1911201.jpg


小鳥たちは、まーんまるになって、とっても可愛らしかったです。
b0197433_19115540.jpg



b0197433_19122787.jpg


b0197433_1913471.jpg


b0197433_19133679.jpg

明日から3月と言う事で、我が家の <クロックマン O型> は、
今日は、 「ハールガ キタ ハールガ キタ ドコニ キター」 と、歌いました。

ちなみに、2月は「ハールヨコイ ハーヤクコイ」でした。
寒くて、外出控えめな、我が老夫婦に、
「オサンポニ ユコウヨー。」と、しきりに言っていました。

今からサッカーTV観戦の私達、
クロックマンは、グットタイミングに、「モリアガローゼ。」ですって!
毎日楽しい クロックマンです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-29 19:21 | メジロ、シジュウカラ

あと、僅か、

b0197433_10351287.jpg

「そちらも、美味しい?。」
夫の小鳥の餌箱に、この光景が見られるのも、あと、僅かになりました。

b0197433_10372044.jpg

今朝も寒ーい一日、
寒い寒いと言っていても、先週熱海梅園の横を通ったら、梅は7分咲きでした。
我が家の周りの梅も、7分咲き、来週にはぐっと暖かくなるとか。
我が家に来る、メジロもシジュウカラも、
梅が咲き、桜が咲き始めるとグッと来てくれる回数が減ります。
 
そして、そのうち来なくなり、時折、ご挨拶程度に立ち寄るだけになります。

b0197433_10381129.jpg

メジロは桜の甘ーい蜜が大好き、
シジュウカラも暖かくなると虫が出てきて、そちらの方が大好き、これは自然な摂理。
毎年、可愛らしい姿を見せてくれるだけでも、有り難いと思います。

こういうツーショットを見られるのもあと僅か、
春が待ち遠しい半面、この光景も捨てがたい・・・・・。

ちなみに、シジュウカラの目は何処にあるか解りますか?
こちらです。
b0197433_10395671.jpg


[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-28 10:54 | メジロ、シジュウカラ

バラの刺繍のティーマット

b0197433_13293633.jpg

バラの土づくりも終わり、2月も末になり、バラの芽が動きだしました。

昨年、母の日に息子からのプレゼントで作った、 <バラの刺繍のフレームとマット>
バラ好きな私は、このマットが大好きで、来客時にも、自分たちにも、時々使っています。
麻布なので、汚した場合は漂泊も出来るので、丁度良かったです。

b0197433_13301819.jpg

現在、11本のバラを育てている私(夫は消毒担当)、
バラのシーズンには、来客を迎える事が多いので、マット4枚ではちょっと足りない時も。
そこで、お嫁さんに同じ生地を送って貰い、又6枚のティーマットを作りました。
これで、バラの花を見ながら、ゆっくり寛いで頂けそうです。

b0197433_1331222.jpg

前回の4枚と合わせて合計10枚、これだけあれば、大丈夫。

b0197433_14111488.jpg
b0197433_14122089.jpg
中心に使った細いリボンが
こちらでは見つからないので、
代わりにジャーマンナッツで刺繍しました。
遠目には同じに見えるかな?










b0197433_13314060.jpg

コーヒー大好きな夫が、友人知人から記念に頂いた素敵なカップ達、
その方達の事を思いながら、コーヒーを飲むのも、年をとってからの楽しみの一つです。

どのカップにどのバラの色が合うかしら?と、思いながら刺繍してみました。
b0197433_1332482.jpg


b0197433_13404047.jpgb0197433_1341278.jpg













b0197433_13412795.jpg


b0197433_13423348.jpg

今日のバラの芽はこんな感じ、
今年も美しい花を咲かせてくれると嬉しいなーーーーー。


[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-26 14:26 | 私の手仕事

パリッと、干しリンゴ

b0197433_1959721.jpg

干しリンゴを作ってみました。
パリッとして、噛んでいる間にリンゴの味が、口中に広がり、とっても美味しいです。

そのまま食べても美味しいし、
荒く潰して、アイスクリームにトッピングしても、食感が楽しいと思います。

b0197433_20453632.jpg

今日は、お友達が集まりましたので、干したままの物を試食して頂きました。
皆、「とっても美味しい!!。」と。
胃にも優しく、作り方も切って干すだけと簡単、お勧めです。

リンゴを縦横に4等分に切り、芯をくりぬく。
3分の一は皮を残し(色が綺麗なので)
残りは皮を剥き、5ミリくらいの厚さに切る。薄い塩水にさっと通し(変色を防ぐ為)、水を切る。
b0197433_20473340.jpg

網などに入れて、干す。
これが、なかなか干しあがらず(中がなかなか乾燥しない)、
1週間では、濡れ煎餅のように、フニャフニャしていますが、
味は凝縮して、これはこれで美味しいので、このまま食べても。

でも、もう少し我慢して、干し柿を作る積りで、気長に2,3週間干すと、
パリッとして、歯触りも良く、添加物のない、美味しい干しリンゴが出来上がります。

b0197433_20481530.jpg

待ちきれない時は1週間くらい干したら、
電子レンジに並べ、オーブンで110度、10分、
裏返して110度をもう一回10分、焼く。
レンジから出すと、フニャフニャしていますが、
ザルに広げると、だんだん固くなり、パリッとしてきます。

干し具合にもよりますが、まだ、パリッとしない時は、もう一度オーブンで焼く。
温度を高くし過ぎると、焦げ目が付いてしまうので、注意!!


昨年、生姜のお菓子
干しプルーン や干しイチジクなど色々な物を干し、それがとっても美味しかった事や、
以前、お嫁さんが、リンゴをフリーズドライした物を贈って下さったのを思い出し、
干しリンゴに挑戦してみました。

b0197433_20512466.jpg

小ぶりのリンゴ3個で、これだけ出来上がりました。
(干している間、チョコチョコ味見しているので、少し減っているかな?)

b0197433_20525892.jpg

頂き物のリンゴが沢山ある時等、お試し下さい。
今日、好評だったので、又作りたいと思います。

時間はかかりますが、保存も効くし、本物の味が楽しめると思います。


[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-20 21:59 | 美味しい物

メジロの餌箱、納品

b0197433_15534368.jpg

夫がメジロの餌箱を作り始めて、早や7年目に入りました。
<いかにして庭に来る可愛いメジロ達に、大食漢のヒヨドリからみかんを守ってあげられるか!>
毎年のように試行錯誤しながら餌台作りに挑戦、
作る毎にバージョンアップしてきました。

b0197433_168357.jpg

一番最初に作ったのは、2005年に作った、これ ↑
これは、丸いドームのような形が気に入ったのですが、
そのカーブと両端の間から、無理やりヒヨドリが入り込み、
中で出られなくなり、大騒ぎの末、籤を折って逃走し、壊れてしまいました。

昨年、もう、絶対ヒヨドリが中のみかんを食べられない、餌箱が出来上がりました。
とっても、頑丈で、我が家ではフルシーズン、取りつけています。
この餌箱の籤は、メジロとシジュウカラとスズメが、スルリと入れる間隔になっています。

今年も、昨年取り付けたメジロの餌箱に、
メジロ達が美味しそうにみかんを食べに来ている姿を楽しんでいたある日、
全然、面識のない、遠方の方よりメールを頂きました。
「メジロの餌箱を作って頂けないか・・・・・」と。

インターネットで、私のホームページ<Reikoのとうきび人形>

<夫の手仕事>を拝見して下さってのご依頼でした。
夫は、遊ぶのにも忙しく、最初はお断りしましたが、
メール交換で、メジロを可愛がっていらっしゃるご様子なので、
作らせて頂く事になり、今回この 2012 バージョンを作りました。

b0197433_1622343.jpg

餌箱の上に止まり木を付け、それを持ちあげて、みかんを入れます。
入口を広く取りましたので、みかんを入れやすくなったと、思います。

b0197433_16162535.jpg

2011バージョンでは狭すぎた、ブランコの紐を広くしました。
これで、のってくれるかしら? 風に揺れるだけでも可愛らしい。
みかんを食べる時の止まり木も。

b0197433_1625574.jpg

こちらはシジュウカラの為に、ピーナツを取りつけ易くする為に、穴を開けました。
b0197433_16204174.jpg

シジュウカラのヒマワリの種を入れる器(これは水はけが良いように、シンクに使う物を代用)

今まで、親戚や知人に請われ、メジロの餌箱を作ってきましたが、
その方達は、皆、実物の餌箱を見てのご依頼でした。

今回は、インターネットの画像だけを見て、金額を提示されてのご依頼でした。
「こういう事ってあるんだなー。」と、驚きました。

16日には、先方様に届いたメジロの餌箱、早く小鳥たちが馴染んでくれると、嬉しいです。

ボケ防止にと、60歳を記念して開いた私のホームページですが、
北海道から九州まで、思わぬご縁でお友達や繋がりが出来る等、
ホームページを開いて良かったなーと、思った早春です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-18 16:54 | 夫の手仕事

ピーナツ 大好き!

b0197433_13303771.jpg

<これで、食べられる~>


2月に入り、
毎年恒例の、シジュウカラがピーナツを突く光景が見られるようになりました。
b0197433_1331174.jpg


嘴で、キツツキのように一生懸命頭を振り、穴をだんだん大きくして行きます。
b0197433_13315523.jpg


足でしっかり体を支え、色々な角度からピーナツを突きます。
b0197433_13322622.jpg


シジュウカラはいつも番で来る、仲良しさんです。
b0197433_13325384.jpg


一度に取り出せない時は、途中であきらめ、
ヒマワリの種を拾い、木に止まって食べて、再度挑戦です。

b0197433_13341910.jpg

2メートル位のところからカメラを向けても、全然平気で一生懸命突いています。

b0197433_13344743.jpg

シジュウカラとメジロは仲良しで、一緒でも全然平気です。
b0197433_134652.jpg

夫の作ったメジロの餌台、
今では、メジロ、シジュウカラ、そして、スズメまで入るようになりました。
一年中、庭に設置してありますが、風が吹いてもびくともしません。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-12 13:49 | メジロ、シジュウカラ

みーんな ふっくら

b0197433_11531192.jpg


b0197433_11534216.jpg

とりわけ寒かった今朝、
庭の小鳥たちは、みーんな、ふっくら、可愛らしいかったです。

b0197433_1245071.jpg


b0197433_1204390.jpg


b0197433_1155057.jpg


自分がふっくらしているからかしら?、
b0197433_11561811.jpg

この時期のふっくらメジロやスズメが大好きです。

早く暖かくなって欲しいけれど、
窓際から、4メートル以内で、この光景が見られなくなるのも、残念!
b0197433_11571545.jpg


b0197433_11574580.jpg


[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-09 12:39 | メジロ、シジュウカラ | Comments(0)

柚子ジャム

b0197433_17135266.jpg

昨年暮れ、ミカン大好きな友人に、
夫の作ったみかんを送る時、妹に頂いた柚子を一個入れてみました。
すると、
「柚子ジャムを作ったら、美味しいですよーー。上品な苦みで・・・。」と、教えて下さいました。

b0197433_17171866.jpg

2月に入り、気管支炎の調子も良くなったので、妹に電話したところ、
「まだ、木に残っているので、どうぞ。」と。
早速、夫と二人で頂いてきて、柚子ジャム作りに初挑戦してみました。

甘夏のマーマレードより、柔らかな苦みで、
柚子の皮が柔らかいので、綺麗なジャムが出来上がりました。
今日のおやつにバニラアイスクリームにかけて頂きました。
b0197433_17163363.jpg


ヨーグルトやムース、ゼリー等に乗せても美味しそうです。
我が家に見える友人達へのおやつにも喜ばれそうです。

材料 柚子:300g  砂糖:180g

b0197433_17322331.jpg

①柚子を洗い、傷等を取り除き、半分に切る。

②スプーンで、ワタと種を取り出す。柚子の皮は柔らかいので、簡単に取れる。
b0197433_17331158.jpg

③その中から、種を取りだし(種が大切)、
 出汁や麦茶等を煮出す時に使うパックに入れ、出てこないように糸で結ぶ。
④ワタを絞ると少し果汁が出るので、残しておく。

⑤柚子の皮を千切りにし、ボールに水を入れ、掴み洗いする。
 2,3回水を替えると、だんだん、黄色い色が出てこなくなる。
 水を替え、2時間くらい水につけてから、絞る。

⑥鍋に③と⑤とワタを入れ、ヒタヒタになるくらい水を入れ、
時折かき混ぜながら、とろ火で1時間くらいに煮る。
⑦皮が柔らかくなったら、、種の入った袋を取り出し、
 ④の果汁と砂糖を加える、砂糖は3回くらいに分けて入れ、煮詰める。
⑧とろみが出てきたら、お好みの硬さで火を止める。 冷めると少し硬くなるので、注意!
ペクチンが多いようで、意外と早くとろっとしてくるので、注意!!
私は少し焦がしてしまいました。

来年は焦がさないように再挑戦しようと思います。

もっとも、スーパーでの柚子のお値段は1個300円くらい、
美味しいけれど、買って作るには、結構お高いジャムになってしまいそうです。



[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-08 17:45 | 美味しい物

オンパレード 宅急便ミニカー

b0197433_1131738.jpg

クロネコヤマトの宅急便のトラックがこんなに沢山貯まりました。
小さな子供がいないのに、何故か集めるのが楽しい。
2010年には10台くらいだった のにあれから、孫や甥の子供達にプレゼントしても、こんなに集まりました。
どれも、とっても良く走ります。

b0197433_11472685.jpg

宅急便センターに荷物を持参した時、一個につき1ポイントを集め、頂いたものです。

b0197433_11341050.jpg

10t車、流石に重量感が違います。1台・・25ポイント
後ろの扉が開きます。

b0197433_11351311.jpg

クール便車、前の扉はスライドして開き、後ろは観音開き。2台セット・・10ポイント

b0197433_11354085.jpg

引っ越し車、後ろの扉が観音開き。2台セット・・10ポイント

b0197433_1136174.jpg

ウォークスルー車、前の扉はスライド式、後ろは観音開き。 2台セット5ポイント

我が家は親戚、友人知人は遠方に住んでいる方が多く、
その上、子供達も離れて住んでいるので、宅急便を使う事が多い。

私は宅急便の中身には、相手のお顔を思い浮かべながら、
少しづつでも、なるべく色々な物を入れるようにしている。
手前みそですが、皆さん<愛の宅急便>と呼んで下さる。

昔、転勤で、故郷を遠く離れて住む私たち家族に、母からの荷物には、色々な物が少しづつ入っていて、
いつも、開けるのがとっても楽しみだったから・・・・・。

b0197433_11412658.jpg

クリスマス近くになると、荷物を持ち込むとスロットで、景品を当てる事が出来ます。

これは昨年の暮れ、スロットで当てたバスケットで、中にお菓子が入っていました。
金型で出来ていて、宅急便の形をしていて、物が入れられます。
孫にプレゼントしようと思ったら、「おばあちゃん、超ーー、子供っぽい!」と。
そうだ、もう、そんな年齢ではないんだと、改めて実感し、嬉しくなりました。

b0197433_11474986.jpg

可愛らしいし、がっちりしているので、
みかん山に行く時おやつを入れて行こう!!なんだか楽しそうです。

隣にお正月に息子から貰った<クロックマン O型> を入れてみました。
2月になったら、「はるよこい、はやくこい」と歌うようになりました。
まだまだ、新しい言葉が出てきて、とっても楽しいです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-05 12:52 | 日々の暮らし

メジロの水浴び

b0197433_19411197.jpg

我が家でのメジロの水浴びです。
b0197433_19414640.jpg

今年は、水入れを少し大きくしたので、3,4羽は一緒に入れそうです。

b0197433_19422459.jpg

ここ数日は、氷が張っているので、
水浴びはお預けですが、昼ごろに周りが溶けてくると、お水を飲みに来ます。

b0197433_1949127.jpg


メジロは食欲旺盛で、一日で大きなみかんをこのように綺麗に食べます。
b0197433_19494012.jpg

逆さになったり、餌台に入ったり、 あちらこちら飛び回り忙しいです。
b0197433_19501420.jpg


b0197433_19504098.jpg


立春過ぎると氷も張らなくなり、水浴びの機会も多くなるかな?



[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-01 19:58 | メジロ、シジュウカラ