<   2012年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

千客万来

b0197433_12251115.jpg

寒に入り、メジロが3~6羽、シジュウカラが2羽、スズメが17羽、
賑やかな我が家の庭です。

昨年夫の作った <メジロとシジュウカラの餌台> 千客万来、毎日大賑わいです。
b0197433_1535382.jpg

ところが、メジロとシジュウカラの為の餌台だったのに、
あの用心深いスズメが、
餌台の中のシジュウカラの餌のピーナツやクルミを見つけて、
「あれは、美味しい!!!!。」と、解ってしまったのです。

b0197433_12422236.jpg

美味しい物の誘惑には勝てず、
ついに、スズメもこの餌台に入るようになりました。

初心者は、どこから入るのか解らず、
餌台の周りをウロウロしていますが、
b0197433_12435461.jpg

そのうち、自分の入りやすい場所を見つけて、
籤に足をかけ、スルリと上手に入ります。

b0197433_1244375.jpg

メジロとスズメは食べる物が違うので、
争いもなく、一緒に餌台の中に入っています。


b0197433_1246394.jpg

ところが、スズメとシジュウカラは、同じクルミとピーナツが好みなのです。
大きさも数も多いスズメは、シジュウカラを追い払ってしまいます。

シジュウカラが餌台に入っていても、スズメが来ると、直ぐ譲って外に出てゆきます。

b0197433_12463032.jpg

シジュウカラは仕方なしに、
スズメのいない時を見計らって入り、ピーナツやクルミを食べ、
後は下に落としたヒマワリの種の皮をキツツキのように突いて、中の実のを食べています。

b0197433_1247364.jpg

私はスズメの餌は他においてあげるので、
こちらはシジュウカラに、と思うのですが、なかなか思うように行きません。
シジュウカラがちょっと気の毒です。


<皆、仲良く!!>は、なかなか難しい。
[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-30 12:59 | メジロ、シジュウカラ

デンドロビューム ピンク

b0197433_14181548.jpg

今年我が家で、侘助に続き3番目に咲いた花は、デンドロビュームのピンク、
こちらも昨年暮れ、早めに家の中に取り込み、日当たりの良い所に置いたので、
1月半ばより咲いてくれました。

b0197433_14351759.jpg

今年は特に沢山咲いてくれ、嬉しい限りです。

b0197433_14335216.jpg

可愛らしいピンクは、
老人の家の窓辺を華やかに飾ってくれ、少しウキウキします。

今日は、<今年もまた綺麗な花を咲かせてくれるように>と、願いを込めて、
バラに腐葉土や骨粉等をすきこんで、土づくりをしました。
これから、新芽がどんどん出来て楽しみです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-29 14:46 | 庭の花

トンビ

b0197433_21595416.jpg

今日は、今年初めてのみかん山通い、
ブルーベリやプルーンの剪定に行って来ました。

帰りに、久連の港で釣りをしている人の様子を見ようと立ち寄りました。

b0197433_2204699.jpg

すると、何を間違えたのか、トンビがやってきて、夫の頭上を旋回し始めました。
b0197433_228351.jpg

高くなったり、低くなったりして、
b0197433_2212819.jpg

何回も旋回していました。
釣り人と間違えて、何か餌を持ってきてくれたと思ったのかしら?

b0197433_2243293.jpg

夫が帰り始めると諦めたのか、去って行きました。

b0197433_2262631.jpg

昨日はこの処の寒波でとっても寒かったのに、港には釣り人が5人いました。

b0197433_229820.jpg

ブルーベリーは紅葉した葉が殆ど落ち、新芽が出ていました。

b0197433_2295086.jpg

プルーンも綺麗に紅葉した葉がチラホラ、新芽が出来ていました。
思い切ってサクサク剪定してきました。
さて、今年のプルーンは、沢山実を付けてくれるかしら?

b0197433_22123832.jpg

お気に入りのスポットからの、今年初めての富士山。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-25 22:29 | 風景

生姜のお菓子

b0197433_18384362.jpg

我が家は生姜を良く食べます。
夏には 生姜の佃煮 を沢山作り、冷凍保存もし、長い期間楽しみます。
この冬は、生姜のお菓子を作ってみました。甘さを少しひかえました。

テーブルの上に置き、お茶の時等一つ口に入れると、
甘い味と生姜の辛味が口の中に広がり、胃がすっきりし、
体も暖かくなり、寒いこの季節お勧めです。

材料 古根生姜: 500g  砂糖300g 

作り方
b0197433_18442116.jpg

①生姜は、皮をむき2ミリ厚さに切ります。
切ったものから水に入れて、さらします。
鍋に熱湯を沸かし2回ほどゆでこぼします。(辛味を抜きます)
b0197433_18513425.jpg


ザルにあげて、水を切った生姜を鍋に入れ、
水をひたひたより少し下まで加え、砂糖を入れて、中火で煮つめます。
(始めはフタをして、途中からフタをあけて水分を飛ばすように)
煮汁が少なくなったら、火を止めます。
b0197433_18563414.jpg


ザルに並べ、時折裏返し2,3日干すと、乾燥しているこの時期カリカリになります。
b0197433_1857341.jpg

しっかり乾燥するので、パリパリと歯触りも良いですよ。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-24 19:10 | 美味しい物

やっと!!

b0197433_2051674.jpg

今年はスズメが少ないと心配していましたが、
寒に入り、だんだん多くなってきて、毎日可愛らしい姿を見せてくれます。
b0197433_20542655.jpg

餌を食べた後は、サザンカの上で、うたた寝?をしたり、羽繕いをしたり、寛いでいます。

昨年7月頃、、夫の作ったスズメの餌台に猫が飛びかかったらしく、
羽毛が少し飛び散っていました。
餌台も少し壊れたので、それを修理して餌を入れましたが、
スズメは電線の上で、こちらを見ているものの、寄り付かず、ずーっと心配していました。

b0197433_20524575.jpg

昨年秋、思い切って今までの餌台を止め、
大山レンゲの木の間に、小さな籠を取りつけ、餌箱にしました。
でも、電線の上で、チュンチュン鳴いているのに、なかなか下に降りてきませんでした。

もう、スズメは来てくれないのかしら?と、がっかりしていたところ、
昨年暮れごろから、少しづつ電線から下りて来て、餌を食べるようになりました。

b0197433_20581686.jpg

小さな餌箱なので、皆で額を突き合わせ、お尻が丸見えです。

b0197433_2111916.jpg


今では17羽、餌箱の餌を食べたり、
地面に撒いた餌を食べに来るようになり、毎日賑やかな日々です。

スズメは本当に用心深いと思います。
今、我が家には、メジロが6羽ぐらい、、シジュウカラも番いで来て、楽しみの毎日ですが、
彼らは、スズメにくっ付いて来るように思います。
「用心深いスズメ君が行く所なら、安心!!」と、思ってくるようです。


スズメは、我が家に楽しみを運んで来てくれる、私には有難い存在です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-22 21:32 | 小鳥、魚

レモン

b0197433_7212493.jpg

レモンを植えて、4年目、今年は漸く4個の実が出来ました。
レモンイエローは私の好きな色です。
冬枯れの中、この黄色がなんとも暖かな感じで好きです。

b0197433_7221686.jpg

春から秋まで、アゲハ蝶が卵を産み、、幼虫に新芽を食べられてしまうので、
昨年は、毎朝、卵を見つけては取ったお陰で、なんとか実がなりました。
木が大きくなると、アゲハは、卵をうまなくなるそうですが・・・・・?

b0197433_7294013.jpg

レモンの蕾は、紫で、他のミカンとちょっと違う。
よそのお宅のレモンを見ていると、結構大きくなる感じで、棘もあります。
我が家の庭では、手に負えなくなるので、鉢植えにしました。

b0197433_730484.jpg

こちらは、レオンの花、綺麗で、良い香りがします。

毎年、春には花、冬には、暖かいレモン色を楽しむだけでも、嬉しい。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-22 07:34 | 庭の花

あんぽ柿のお茶うけ

b0197433_20253157.jpg

今年も私の作るあんぽ柿のお茶うけの季節です。

毎年秋、あんぽ柿を何パックか買い求め、冷凍しておきます。
大きなあんぽ柿をそのまま食べても美味しいのですが、ひと工夫して、お茶うけにしています。

b0197433_2091639.jpg

あんぽ柿のヘタを取り、半分に切り、広げ、柚子の皮の千切りを真に捲き、
食べやすいように、黒文字楊枝で止めるだけ、
甘い、あんぽ柿の味の後、柚子の香りが口の中に広がります。

この時期、頂き物の柚子があるので、急な来客の時等、
冷凍室からあんぽ柿を出せば、直ぐ出来上がり、とっても簡単で便利です。

b0197433_20173344.jpg


もう一つ、お茶うけ、
こちらは森口漬と一緒に入っていたけのこの奈良漬、
名古屋在住の息子が、お正月に持ってきてくれたものです。
b0197433_2019399.jpg

甘い物を食べた後、こちらをちょこっと食べると、歯触りと甘しょっぱい味、がまた美味しかったです。
b0197433_201279.jpg


[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-19 20:32 | 美味しい物

酒粕入り カヌレ

b0197433_11525195.jpg

今年もお年賀で色々なお菓子を頂きましたが、
今年、新しくお目見えしたのが、
ドミニクドゥーセ  の <カヌレ> でした。
始めて頂く味でしたが、とっても美味しかったです。

b0197433_11555548.jpg

噛むと、外側のカラメルがカリカリ香ばしいかんじ、
そして中は、もっちもち、そのギャップがとっても面白いです。

お気に入リは、クッキーのようにバター系ではない事、
そして、噛んでいる間に上品な甘さの中に、ちょっぴりお酒の香りがしてきます。

b0197433_11573017.jpg

ドミニクドゥーセのお店のある三重県出身の方が、
お取り寄せをして、2箱も持参して下さいました。
お友達も喜んでいましたよ。
ご馳走さまでした。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-18 12:04 | 美味しい物

シンビジューム

b0197433_11102179.jpg

今年一番目に咲いた花は、
20年以上育てている中輪のシンビジューム、

b0197433_1111121.jpg

1昨年植え替えたので?、なかなか株が大きくなりません。
今年は2本咲きました。、大きさも手ごろで、長持ちするし、大好きです。

お正月に間に合わせようと、昨年末、早めに家の中に取り込んだので、
新年の部屋を飾る事が出来ました。
来年も、お正月に間に合うように、
花芽が出来たら、早目に部屋に取り込むことにしよう。

b0197433_11122429.jpg

花びらの色がグリーンぽい色から薄いピンクに変わるのも好きです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-16 11:23 | 庭の花

すし慶の鯖の棒寿司、本わらび餅

今朝早く、客人と夫をゴルフに送りだし、
私は、今年初めてのゆったりした一人の時間を過ごしています。
しかも、とっても美味しい物を頂きながら・・・・・。 幸せ!!!!!
b0197433_11553588.jpg

と、言う訳で、お昼は客人がお土産に持参して下さったすし慶 <鯖の棒寿司> と、
デザートには和三盆を使った京みずはの <本わらび餅> 付きです!
夫は関西生まれ、関西育ちなので、どちらも懐かしいだろうと、客人のお気遣いです。
b0197433_11562040.jpg

勿論、夫の現役時代、足掛け10年の大阪暮らしをした私にもとっても嬉しいプレゼントで、ニコニコです
b0197433_12292177.jpg

まずは、長浜のすし慶の<鯖の棒寿司>鯖の〆具合といい、
脂ののり具合、そしてお味が濃すぎずとっても絶品です。
酢飯の中に見える丸い粒は山椒、お寿司を頬張ると、山椒の香りが口の中に広がる。
b0197433_11595792.jpg

竹の皮を開けると、棒寿司一本を丸ごと昆布で包んだ棒寿司が出てきました。
贅沢!、酢飯も美味しいのはこの為だと思います。
鯖の上には、うすーいとろろ昆布。
色々な鯖の棒寿司を頂きましたが、〆具合がなかなか・・・・・。
息子達も大好きな〆サバ、お取り寄せが出来るようなので、
今度この美味しい鯖の棒寿司を食べさせてあげようかな?

b0197433_12225061.jpg

続いて、これは和三盆を利用した美味しいわらび餅、
とっても上品な甘さで、きなこのお味も絶妙です。
ゴルフから帰った夫も疲れているので、絶対喜ぶと思う。
b0197433_1264910.jpg


b0197433_1282259.jpg

さて、私の昨夕のメニューはこんな感じ、
これに焼き肉、ホタテの炊き込みご飯、ホタテと鶏団子の野菜椀、

b0197433_1292692.jpg

長芋を多く頂いたので、山芋で2種類、
長芋、大根、人参の千切りに、柚子の千切り、削り節を混ぜ、ポン酢で頂く。
b0197433_12101863.jpg

こちらは、メカジキを漬けにして、仕上げに、ゴマ油を少々たらし、山芋をかけ、葱とワサビで。

b0197433_12111055.jpg

「こちらに来たら、魚でしょう。」という息子達、多分、客人もそう思っているかしらと、
刺身は、手前から、キンメダイ、ハマチ、メカジキ。
b0197433_12332779.jpg


昨年末から、気管支炎を患い、なかなか回復せず、
舌の調子も良くなかったので、お味は?????
一応、インフルエンザの検査もOKでしたし、熱も下がっていましたが、
念の為マスクを着用し、調理しました。

私は、病み上がりと、週末にはお世話になった叔父の通夜告別式に参加の為に、
体力を回復しようと、一足早く失礼しました。
でも、夜遅くまで談笑していたので、それなりに美味しかったのかな?

こういうお土産が付いて来るので、やっぱり、お客様は大好きです。
現金な私! ご馳走さまでーーーす。

[PR]
by hibi-odayakani | 2012-01-12 12:44 | 美味しい物