<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

出来上がり!

b0197433_19522528.jpg

ピエロのTシャツの刺繍が漸く出来上がりました。

孫や甥や姪の子供、可愛い5人の女の子達に、
来年のお正月用に、お揃いのピエロのシャツをプレゼントしようと思い立ったのは良いのですが、
なかなか捗らず、昨日やっと出来上がりました。
110サイズ1枚、120サイズ2枚、140サイズ1枚、150サイズ1枚、フーーー。

b0197433_19532824.jpg
b0197433_19542894.jpg
















一番大変だったのは、顔の刺繍、
自分では同じように刺している心算が、微妙に違って、少しづつ表情が違ってしまいます。
難しい・・・・・。

b0197433_19554254.jpg


ここ数年お正月には、、妹夫婦が開く<山本書道教室>を会場に、
私の弟妹、甥、姪、その子供達が集まって、賑やかな新年会が開かれます。
今年は20名以上集まりました。
今年の記念写真の最前列に並んでいる、笑顔の可愛い女の子達に、
同じ洋服を着せたら、もっと可愛いだろうなーと思い立った訳です。


この新年会は、この地を離れて住む我家の息子達にとっても、従兄弟達に会える楽しみな機会です。
甥や姪もそれぞれ結婚し、子供が出来、お正月は次の世代の<はとこ>が出会う機会にもなり、
会う度、皆仲良しになりました。
孫のKちゃんは、この夏、朝霧のキャンプで<はとこ>達と楽しい夏を過ごす事が出来ました。

b0197433_1957380.jpgb0197433_2021280.jpg
















血縁関係が薄くなりがちな昨今、お盆やお正月に皆が集まり、
和やかな時間を過ごす事は、年を取ったからか?、見ていてとても嬉しい物です。
これからも、この集まりが続いたら良いなーと、思います。

来年のお正月、風邪をひかないで、皆元気にこのTシャツを着て参加してくれるかしら?
皆が揃って着たら、少し派手派手かもしれませんが、楽しみです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-11-30 20:00 | 私の手仕事

今年もこの季節

b0197433_21464789.jpg

この季節、ミカン山に通うもう一つの楽しみは、
道中の海岸線で、水面で遊んだり、飛んでいるカモメ等の色々な鳥を見る事です。
冬になると渡り鳥なども来て、いつもより一層賑やかになります。
b0197433_21471433.jpg

今日は生憎の曇り空でしたが、ここ一週間は晴天に恵まれないとの事で、
思い切って、一カ月ぶりにミカン山に行って来ました。
b0197433_21474724.jpg

いつも通るこの場所は、毎年沢山の鳥がやってきて、楽しみの季節です。
あちらこちらでカモメを見ますが、
ここは富士山をバックに、海で遊ぶ鳥を見る事が出来るので、お気に入りです。

ミカン山からの川が海に注いでいる汽水域の干潟で、
川から流れてくる栄養分のおかげで色々な水中生物や小魚がいるのでしょうね。
春には潮干狩り、夏には子供達がカニ等を取って遊んでいます。
b0197433_21482068.jpg
b0197433_21484571.jpg













晴天だったら、綺麗な富士山が見えたのに、残念でしたが、
暫くカモメ等を見ながら、休憩してきました。砂の中に何かいるようで、しきりに啄んでいました。

地続きのミカン園には、観光客が、沢山見えていました。
b0197433_21494379.jpg

我が家のミカンの収穫は来月半ば過ぎ、
寒くなり、草も余り生えていなくて、夫の草刈りも楽そうでした。
私は、斜面に、 レインリリー を植えてきました。
来年は雨上がりにレインリリーが咲いて、道行く人を楽しませてくれるかしら?

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-11-28 22:14 | 風景

煮リンゴで

b0197433_11172976.jpg

煮リンゴで、デザートを作ってみました。
b0197433_10425782.jpg

楽天で、山形産の訳ありリンゴを先行予約しました。
初めてなので、どんなものが来るかしら?と、思っていましたが、お値段がお値段だけに、
中には色の薄い物や、あまり甘味のない物が混ざって入っていました。
そこで、そういう物は生ではなく調理しようと思い、先ずは、煮リンゴを作ってみました。

材料:  リンゴ・2個  砂糖・大匙3  レモン汁・小さじ2 シナモンパウダー・少々 塩・少々
作り方
①リンゴを八割にし、皮と芯を取る。
②耐熱容器にリンゴと砂糖、塩とレモン汁を入れ、かき混ぜる。
b0197433_10492773.jpg

③少し時間をおくと砂糖が溶けてくるので、サランラップをふわりと、かけて、電子レンジ、500wで5分、
④一度レンジから取り出し、ラップを取り除き、上と下を良く混ぜ、ラップなしで、電子レンジで5分。
b0197433_10544275.jpg

⑤レンジから取り出し、シナモンパウダーを振りかけて、混ぜる。
b0197433_1119153.jpg

⑥時間が経つと、透明感のある綺麗な色になる。
b0197433_11203922.jpg

aは、少し小さく切って、ヨーグルトゼリーや自家製のドライプルーンやイチジクをトッピング、

b0197433_1121318.jpg
bは耐熱容器に煮リンゴを入れ、バターを一かけ乗せて、
電子レンジでチンし、ドライフルーツをトッピング、こちらは少しこってり、若い人向きです。

ヨーグルトの上に載せたり、アイスクリームに添えたり、簡単で美味しいデザートになります。
美味しくないリンゴに当たってしまった時や、少し萎びてきたりんごがある時は、是非、お試しあれ。
食感も楽しいです。
さて、先日の友人達には好評でしたが、明日の友人達にはどうでしょうか?

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-11-23 11:36 | 簡単デザート

いよいよ到来

b0197433_13363473.jpg

17日から、友人ご夫妻と4人で伊豆山にマージャン合宿に行って来ました。
昨夕帰宅し、今朝、雨の庭を見ると、バラの枝に挿していたミカンにメジロが・・・・・。
「嬉しい~~~。」、いよいよ我が家の冬の楽しみの到来です。
b0197433_13422482.jpg

11月に入り、垣根の山茶花の花が咲き始めると、我が家の冬のお客様、メジロが来てくれる季節です。

1週間くらい前から、山茶花が1,2輪咲き始めたので、
いよいよメジロの来てくれる季節と、ミカンを枝に挿して、首を長くして待っていたところです。
b0197433_13404963.jpg

やっぱり、最初は甘い山茶花の蜜に釣られて来てくれるようです。
居間から2~4メートルの距離で可愛い様子を見る事が出来、
花の少なくなった庭に新しい楽しみが増えて、嬉しい!!

まだ、夫の作ったメジロの餌台には入ってくれませんが、
これから、餌台に入り、ますます楽しみな季節になります。
b0197433_13412259.jpg

これは、マージャン合宿をする伊豆山の、山の上の部屋からの18日朝の初島です。
生憎の曇りぞれでしたが、雲間から陽が射し、
相模湾に浮かぶ初島の周りにポツポツ陽が射し、幻想的な風景でした。
4台ある電動マージャン台は、満席、
他のグループも殆ど60~70代の老若男女で賑やかでした。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-11-19 14:04 | メジロ、シジュウカラ

バラは強い

b0197433_1214273.jpg

9月20日、当地の近くを通った台風15号の塩害で、
すっかりバラの葉が落ちてしまい、今年はどうなるのかしら?と、案じていましたが、
漸くちらほらと咲き始め、嬉しい日々です。
b0197433_12142449.jpg

b0197433_1217145.jpg

10月5日にはこんな感じでしたが、
b0197433_12181345.jpgb0197433_1218347.jpg















今は、少しづつ咲き始めました。
葉がまだ少ない分、茎も花もいつもの秋バラの力強さがありませんが、
色はいつもと変わらないように頑張って、綺麗に咲いています。
b0197433_12213556.jpgb0197433_1222314.jpg














バラがこんなに強い植物とは思っていませんでした。

四季咲きで、一年の半分近く、庭を彩ってくれるバラ、来年も沢山咲いてくれるように、
冬の土づくりをしっかりしてあげなければいけないと、改めて思う日々です。

b0197433_1226619.jpg
b0197433_1227211.jpg

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-11-16 12:35 | 庭の花

メジロの餌台

b0197433_14244338.jpg

先日、我が家に番いのメジロがやってきました。
サザンカの花はまだ、咲いていませんが、見周りに来たようです。
これから来年3月頃まで、またメジロがミカンを啄む光景が楽しめる季節がやってきます。

昨日は、 カフェグリューン のマスターから頼まれていた、
夫の手作りのメジロの餌台を、届けに行って来ました。
これがなかなかの人気で、ご要望にお応えし、
今まで、あちらこちらに似たようなものを合わせて4個納めさせていただきました。
b0197433_14252312.jpg


今回は、我が家の餌台より2まわり大きく、畑の中に置くので、止まり木も付けました。
上にある、白い、まるいお皿は、シジュウカラの餌が入っています。

b0197433_14323463.jpgb0197433_14331086.jpg













メジロが、ヒゴの間をスルリとすり抜けて、中のミカンを食べる光景は、とっても楽しい物です。
ヒヨドリは、中に入れず、ミカンを食べられないので、電線の上でピーピー喚くことでしょう。

b0197433_14255069.jpg


今年は、グリューンのテラスにガラス戸が付いたので、
暖かい部屋の中から、身近にメジロやシジュウカラを見る事が出来ると思います。
b0197433_14373843.jpg

グリューンでは、この時期、パッションフルーツの実が一杯付いていました。

頂いた、自家製のパッションフルーツのアイスクリームは、ちょっと酸っぱくて、とっても美味しかったです。
薪ストーブで暖まった部屋の中から、
自家製パッションフルーツのアイスクリームを食べながら、メジロを観る、
いい感じだと思います。
 

お近くにお出向きの折は、一度、お立ち寄りください。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-11-10 15:05 | 夫の手仕事

可愛いお財布

b0197433_1444233.jpg


お友達のN子さんに依頼され、可愛らしいお財布を作りました。
幅13センチ、丈11センチ、なるべく軽くとの事、
そして、ご希望は、可愛らしくて、華やかに!
b0197433_14191945.jpg

市販の高価なお財布をお持ちなのに、軽いほうがよいとの事。
御年、7?歳とは思えぬ、可愛い物、綺麗な物がお好きな方です。
でも、それが全然、可笑しくない、不思議な雰囲気をお持ちの方です。

15gのお財布が出来上がりました。
後ろはカード入れ、にしました。
b0197433_14195917.jpg
b0197433_14202287.jpg












年数回、伊豆山のマージャン合宿でお世話になる、N子さんは、
脳溢血の後遺症の右半身麻痺で、
外出時は、私と同じように杖のお世話になっていらっしゃいます。

彼女は麻痺、私は痛みで歩行時は杖のお世話になっていますが、
杖を使用すると片手がふさがるので、もう一方の片手が空くように、
手提げではなく、いつも二人ともポシェットです。

という事で、今まで色々な、ポシェットをプレゼントしてみました。2,3個載せてみます。
b0197433_1441630.jpg


右肩が痺れるN子さんには、普通のポシェットは肩がとっても重く感ずるとの事です。
私の作るポシェットは、とっても軽いので、愛用して下さり、
刺繍糸が擦り切れ、お直しを依頼されるほどです。
b0197433_14384087.jpg

b0197433_14414039.jpg

良く使って下さり、ちょっと手間はかかりますが、
喜んでいただけるので、嬉しいです。
さて、この可愛らしいお財布、どんな反応を示して下さるかしら?、17日の合宿が楽しみです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-11-09 15:00 | 私の手仕事

無農薬は難しい

b0197433_14483011.jpg

秋晴れの一日、早生のミカン狩りに行って来ました。
知人が作る無農薬、除草剤なしで作ったミカンです。

夫が作っている青島ミカンは12月中旬の収穫、
スーパーに出まわるミカンを見ていると、それまで待っていられなくて、
毎年この時期、早生ミカンの収穫をさせて頂きます。

知人や子供達も、こちらのミカンが、味が濃くて美味しいと楽しみに待っていてくれるので・・・。
b0197433_14511334.jpg

ミカン農家の方が作るミカンと違って、不器量で、皮が厚かったりしますが、
スーパーで売っているミカンと違うのは、完熟に近い状態での収穫なので、
甘いだけでなく酸っぱ味があり、パンチが効いていて美味しいと好評です。

この時期、周りのミカン畑は、すでに自家用を除いて、収穫済みです。

ご厚意で、20キロ6000円、スーパーで売っているミカンの方が安いようにも思いますが、
農薬を使わないと言う事は、収穫量も少なく、病気にもなりやすく、大変な事です。
今年は、台風や、病気で、思うようなミカンが出来なかったそうで、
安心を買いながらの美味しいミカンは、これでもとってもお安いと、思います。

夫も真似して、無農薬、除草剤無しのミカンを作りに拘っていますが、これが大変な事です。
月2回の真夏の炎天下の草刈り、
夫が、汗水たらし草刈りをしている隣のミカン畑では、除草剤で、草が全然生えていないし、
いつも、タンクに消毒薬を入れ、噴霧しているおかげで、とっても綺麗なミカンです。

それに引き換え、こちらはの出来上がったミカンは、皮が硬かったり、傷があったり、綺麗ではありません。
でも、子供や孫の為にと、頑張る夫、たった3本だから出来る事なのでしょう。

今年は漸く、例年になく、木がしっかりして、実も理想的な数付いています。
12月の収穫が楽しみです。 「美味しい!!」と、言ってくれるかな?
b0197433_14551617.jpg


朝、海辺での朝食は、シラス漁を眺めながら、頂きました。
カモメ、ウミネコ?が船の周りに一杯浮かんでいました。
b0197433_14554374.jpg

この左手奥が、ミカン畑です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2011-11-04 15:21 | 日々の暮らし