<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

あとひき牛蒡

b0197433_16175465.jpg

昨年末から我が家の家族や知人に好評の一品です。
総勢、23名の新年会、老若男女に好まれる物で、お野菜で何か・・・と、思案、
昨年夏、お友達が持ってきて下さった、牛蒡のカリン糖や、
夫が常々、「ゴルフ場でビールのつまみに食べる、牛蒡の揚げものが美味しい。」
と、言っていた事を思い出し、作ってみました。

甘辛くて牛蒡の風味が口に広がり、飽きない美味しさです。
大好評に気を良くし、日持ちもするので、
それからは揚げものの時は、牛蒡を1,2本買い、ついでに揚げて作ります。

あとを引く美味しさで、箸やすめ、ビールのつまみ、おやつ等にお気に入りです。

作り方 材料  ○牛蒡中ぐらいの太さ・1本  ○片栗粉・適量  ○揚げ油
     調味料 ○味醂・大匙2  ○蜂蜜。大匙1  ○醤油・大匙1

①ごぼうをきんぴら牛蒡より少し太めに切り、水にさらし、水気を切る。
②ビニール袋に片栗粉と一緒に入れて振る。
b0197433_16185366.jpg

③牛蒡を取り出し、中温の油でカリッと揚げる。
  サクッとするように揚げると、歯触りが良い。でも揚げすぎて黒くなると苦くなるので注意
b0197433_1619276.jpg

④フライパンに、調味料を入れ、煮立ったら揚げた牛蒡を入れ、混ぜる。ゴマを振る。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-31 16:33 | 美味しい物

真冬の水浴び

b0197433_19405475.jpg

このところの寒さの中,
メジロやシジュウカラは、まるーくなって、木に止まっています。
でも、この寒さの中でも、小鳥たちの水浴びは盛んです。
b0197433_19263280.jpg

b0197433_1929369.jpg

寒いのにと思うのですが、結構長い時間入っています。
b0197433_19314794.jpg

パシャパシャした後、木に止まって、念入りに毛繕いをしています。
b0197433_19324632.jpg

b0197433_1934538.jpg

もっと良い写真が撮りたいなー。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-28 19:50 | メジロ、シジュウカラ

ミステリー・クレイフィッシュ?

b0197433_1423679.jpg

我が家のザリガニのザリ君、
大好物は、コリドラスの餌、ザリガニの餌より大好きです。

赤くないし、ずーっと日本ザリガニと、思っていたのですが、
インターネットでいろいろ調べているうちに、<ミステリー・クレイフィッシュ>ではないかと思うようになりました。
もし、そうならば、単為生殖で、一匹で子供を産むそうです。

b0197433_14374035.jpg

我が家に来たのは2010年、8月、
その時は白いザリガニだったのですが、
脱皮を繰り返すうちに、だんだん、茶色で、斑点のあるザリガニに変身しました。
昨年9月に脱皮して以来、全然脱皮しないのは、もう、大人になったのかしら?

もしかしたら、そのうち抱卵し、小さいザリガニが一杯!!、
想像するだけで楽しいなー。
b0197433_143628.jpg

冬は壺の中に入っている事が多い。
b0197433_14362617.jpg

ハサミで器用に目の周りを掃除する姿は、とても面白い。
b0197433_1438850.jpg



[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-26 14:48 | 小鳥、魚

侘助

b0197433_14461136.jpg


玄関先にある侘介の花が咲いてきました。
b0197433_14464380.jpg

サザンカの花も終盤、良いタイミングです。
朝、玄関を開けると、メジロがさっと、飛び立ちます。
b0197433_14471953.jpg

花は小さいし、蜜は奥の方にあるので、蜜を吸うのは大変だろうな~と、思うのですが・・。
部屋から眺められないので、蜜を吸う写真が撮れないのが残念。

一輪挿しで、トイレに飾ると可愛いです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-24 14:51 | 庭の花

ポップコーンを作る

b0197433_1531498.jpg

黒豆のどんを送って頂いた、帯広のT子さんからのお荷物の中に、
<どんを贈る時、一緒に添えて下さい>というメッセージとともに、
沢山のポップコーン用の乾燥したトウモロコシが入っていました。
早速、作ってみました。
ポン、ポン、爆ぜる様子が、大人の私でも、とっても楽しい!!
b0197433_15102860.jpg

実は普通のコーンより小さめ、直径5ミリ位です。
b0197433_15114658.jpg

大人の私でも楽しいので、幼児がいる家では喜ばれるに違いない。
b0197433_1538428.jpg

早速、小分けして、作り方を添え、黒豆のどんとセットでプレゼントしています。
ポップコーンの作り方
b0197433_15142049.jpg

①蓋のあるフライパンに、ポップコーンとうきびの一本の3分の1ほど、を入れる。
すごーく膨らむので、コーンは少なめの方が良いです。
b0197433_15225479.jpg

②バターかサラダ油を少し入れて、蓋をして中火にかけ、
  パチパチはねたら浮かせて揺らし、音がしなくなったら出来上がりです。
※途中、蓋を取ると、飛び出して大変な事になるので、注意!!
  塩やカレー粉やコンソメ顆粒をふっても美味しいです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-22 15:46 | 美味しい物

黒豆の炊き込みごはん

b0197433_1611777.jpg

今年一回目の黒豆の炊き込みご飯を作りました。
材料
お米:2合 
黒豆のどん:1/2カップ (黒豆を炒ったものでも良い)
お水:2,5カップ(豆に含ませる水も含む) 酒:大さじ1 塩:小さじ2/3

作り方
①お米を洗い黒豆のどんを入れ、水加減をして30分浸けた後、さっと混ぜ普通に炊く。
②炊きあがったら、少し蒸らし、さっくり混ぜ、器に盛る。
ほんのり、色が付いて、優しい感じのごはんです。
b0197433_1621698.jpg

先日、北海道のT子さんにお願いしていた黒豆のどんが届きました。

<黒豆のどん>とは、黒豆をポン菓子のように加工したもの。
そのまま食べても、香ばしい香りと味と歯触りがよく、とっても美味しいのですが、
歯の悪い方や幼児には、
炊き込みご飯にすると、豆がとっても柔らかくなり、また、美味しいのです。
ピーナツを食べるより、ヘルシーで体にもよさそう!

昨年、初めて送って頂いて、
我が家は勿論、友人、知人、親族に大好評だったので、
今年も無理を言って、黒豆を探し、加工して頂きました。

今年は、収穫時に雨が多く、北海道の黒豆は不作で、粒も小さいそうですが、
流石、農場の奥様、あちらこちら探して、良い黒豆を見つけて下り、
美味しい黒豆のどんが届きました。
b0197433_1625670.jpg

早速、袋詰めにして、黒豆ご飯の炊き方のレシピを入れた小袋を作りました。
去年は、皆の喜ぶ顔につられて、ついついプレゼントをしてしまい、
手元にわずかしか残らず、大慌て、今年は注意をしなければと、言いつつ、
もう、三分の一は消えてしまいました。

黒豆が手に入らない場合は、節分の豆でも、香ばしい豆ごはんが出来るかもしれません。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-19 16:18 | 美味しい物

スズメの花

b0197433_17302839.jpg

我が家の冬の風物詩、
大山れんげに咲く、スズメの花。
朝、夫や私が餌台に餌を入れるまで、大山れんげの木にとまって待っています。
今の時期は14,5羽。
寒い日は、皆ふっくらとしてとまっています。
b0197433_17311651.jpg

b0197433_17314510.jpg

餌をあげると一斉に下りて来て、餌を食べ始めます。
序列があるようで、はじかれて?とまり木で待機するスズメも。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-17 17:38 | 小鳥、魚

アナゴのかぶら蒸し oishii

b0197433_1942296.jpg

b0197433_1973845.jpg

冬のお茶の時間のおもてなし、お菓子も良いけれど、
私くらいの年齢になるとこんな物も良いかな?と、作りました。
寒ーいこの時期、暑ーいかぶら蒸しとお茶、手前みそですが、好評でした。

かぶ大:2個  卵白身:2個  塩:少々  焼きアナゴ:中4本  酒:適宜

上からかけるあん
片栗粉を同量の水で溶いておく。
だし汁:300cc(市販のだしの素でOK) 淡口醤油  味醂  水溶き片栗粉

①焼きアナゴを3、4センチくらいの長さに切り、お酒を振りかけて置く。
b0197433_1983743.jpg

②かぶらの皮を厚めに剥いておろし金ですりおろす。
b0197433_1991933.jpg

③ザルに入れ、30分くらい余分な水分をきる。
④卵の白身を良く泡立てる。
b0197433_191082.jpg

⑤④の中に③と塩少々を入れ良く混ぜる。
⑥ 茶碗蒸しの器にアナゴを盛り、白身と混ぜ合わせたかぶらをこんもり盛る。
⑦レンジで4分チンする。

小鍋にだし汁、薄口醤油、味醂を入れて味を調えて沸騰したら、
水溶き片栗粉でとろみをつけ、かぶら蒸しの上にかけ、ゆずの皮、青物を飾る。
真冬の蕪は甘くて、おしいしい。
[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-16 19:18 | 美味しい物

シンクロですか?

b0197433_8545622.jpg

b0197433_8552836.jpg
b0197433_8555874.jpg

寒に入り寒さと共に、
金魚のしーちゃんとりんりんの動きは少し少しスローになりましたが、元気です。
朝、私が部屋に入ると、さっと、底の方から、餌をあげる水槽の上部に上がってきます。
お正月、子供や孫が来ても、私のように直ぐに上がって来ない辺りは、
頭が良いのかもしれません?? ますます可愛くなります。
育てる身にとっては嬉しいことです! 
今年もリビングで、私達夫婦を楽しませてくれる事でしょう。
b0197433_933814.jpg
b0197433_943100.jpg


今日も2匹で付かず離れず、遊んでいます。
まるでシンクロナイズスイミングをしているみたいです。

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-14 09:15 | 小鳥、魚

お相手は?

b0197433_1923348.jpg

b0197433_1932138.jpgb0197433_1934664.jpg












今日もシジュウカラが来て、ピーナツやヒマワリの種を盛んに啄んでいます。
ところが、今年になって、シジュウカラを一羽しか見かけません。
12月までは2羽来ていたのに・・・・・。

まだ、卵を抱く季節ではないので、何か事故にあったのかもしれません。
猫?、それとも大きな鳥に・・・・・?。
昨年秋、2羽で巣箱を覗きこんでいたのでとっても、期待していたのに・・・・・。
このままでは、巣作りは無理かも知れません。
b0197433_1963012.jpg
b0197433_196587.jpg










こんなに一所懸命餌を食べて、体力も作っているのに、
このままパートナーが見つからないのは可愛そう、
巣作りの季節は3月下旬頃、早くお相手が見つかると良いのですが・・・。
応援していますよ!

[PR]
by hibi-odayakani | 2011-01-11 19:17 | メジロ、シジュウカラ