<   2010年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今年も門松

b0197433_1785120.jpg


b0197433_1395228.jpg
b0197433_1310305.jpg















今年も残すところあと僅かになりました。
ブログを始めて、4か月、今までとは違った
また、新しい張り合いが出来た年になりました。
来年も、
田舎でのどかに暮らす日々を綴ってみたいと思います。
どうぞ、よろしくお付き合い下さいませ。
b0197433_13124278.jpg

今年も夫が、甥の手を借りながら門松を作ってくれました。
作り方 クリック!
初孫に、日本のお正月の習慣を教えてあげようと、
門松を作り始めて7回目になりました。
孫よりも大人の方が嬉しいかも?
今年古希の祝いをした夫、
あと、何回門松を作ってくれるでしょう。
やっぱり、門松があるとお正月気分も増して、嬉しい物です。

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-31 13:38 | 夫の手仕事

来年も咲いてね!

b0197433_20305357.jpg

b0197433_2021036.jpg

先日から吹き荒れていた風が漸く止んで、今日は花壇の整理、
名残りのバラを全て切り、窓辺に飾りました。
b0197433_20213694.jpg

この時期のバラは色が濃い、
黒っぽい赤は、プレジデントサンゴール、 黄色の蕾はエンブレム、
白い蕾は初恋、中が黄色で淵が赤いのはチャールストン。

我が家のバラの殆どは、6月から12月まで、ずっと咲き続けてくれ、
本当にありがたい花です。
来年も、一生懸命お世話するので、綺麗な花を咲かせてね!

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-28 20:54 | 庭の花

大荒れの海でも

b0197433_11285527.jpg

これは、志下の海岸で、すごい風と大荒れの海でカイトサーフィンを楽しむ青年です。
b0197433_11265356.jpg

昨日、ミカン山での仕事納めに行ってきました。
ものすごい風だったけれど、大荒れの海でも車の中から眺めるだけでも気分が良いので、
いつものように志下の海岸で朝食。
b0197433_11355454.jpg

この天候の中、元気な青年は、いるものです。
すごい風と波の中をすいすい、自由自在にカイトを操って、
ジャンプしたり、回転したり、楽しんでいました。
b0197433_11415960.jpg

とても楽しそうなので、車から出て、写真を撮っていると、近くに車を止めていた青年が
「風強いですけれど、大丈夫ですか?。」と、よろける私に話しかけてきました。
それ程、強い風と寒さの中、本人は、きっと爽快なんでしょうね。
寒さの中、見ている私も爽快なんですから・・・・・・。
思えば、私も30代後半、夫と二人で、
博多湾でこんな風の中、ヤマハのシカーラに乗って、
怖いけれど、楽しんでいた事があったなーーーー。
b0197433_1135088.jpg

カモメ、トンビも風が大好き?風に乗ってスイスイ飛んでいました。
今日も強い西風が吹いています。
また、青年は楽しんでいるかしら?若さって、素晴らしい!!

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-25 12:09 | 風景

アセロラムースゼリー

b0197433_1632655.jpg

先日、夫の友人から頂いた沖縄産のアセロラシロップ、
色がとっても綺麗で味も爽やかなので、ムースゼリーに使ってみました。
b0197433_164329.jpg

少しでも低カロリーにと、植物性のホイップクリームを使いましたが、お味に遜色ないように思います。
こちらは、頂いたカステラがあったので、下に敷いてみました。
b0197433_165597.jpg

※先に牛乳のムースを作り、冷蔵庫で2,3時間冷やして固めてから、
アセロラのゼリーを流しいれ固めます

作り方
●牛乳のムースを作る
材料:冷たい牛乳:300cc 植物性ホイップクリーム:100cc 蜂蜜:大匙2 ゼラチン:6g 水:10cc
作り方
①ゼラチンを水でふやかす。
②生クリームは8分立てに泡だてて置く。
③牛乳50ccを沸騰させないように温め、水でふやかしたゼラチンを加え、
ゼラチンが溶けたら、残りの冷たい牛乳と蜂蜜を入れて混ぜる。
④③の液を鍋ごと氷水につけ、とろんとするまで混ぜる。
⑤④の液に②の生クリームを泡だてた物を加え、混ぜる。
泡立てたクリーム②と④が同じくらいの固さがベスト
⑥器に流し込み冷やす。

●アセロラゼリー液を作る
ゼラチン:2g 水:20cc    アセロラシロップ:大匙1 水:30cc 蜂蜜:大匙1 
①ゼラチン2gを水でふやかし、温めて、ゼラチンが溶けたら、
アセロラシロップ大匙1と水30cc、蜂蜜大匙1を加え、ゼリー液を作る。

牛乳のムースが固まったら、アセロラゼリー液を静かに注ぐ。



b0197433_16103656.jpg

牛乳のムースとアセロラの甘酸っぱいゼリーが噛み合って、
美味しいデザートになりました。
上に乗せるの物を、ブルーベリー、イチゴ等、
色々なフルーツに変えてみるとまた違った感じで美味しいと思います。
今月のお客様に好評だったので、お正月のデザートはこれに決まり。

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-22 16:50 | 美味しい物

宅急便のポイントで

3年前、自転車でも5分足らずの所にヤマト運輸の集配所ができました。
そこに、荷物を持ち込むと、ポイントが貯まり、色々なグッズが頂けます。
b0197433_1120377.jpg

新しいバージョンが出来たとのことで、
ポイントを貯め早速頂いたものが、上のミニカーです。
b0197433_1113128.jpg

贈り物をする機会の多いこのシーズン、
こんなに沢山の宅急便のミニカーを頂いてしまいました。
b0197433_11133544.jpg

上の写真は、2年前スタンプを貯め、頂いたミニカーです。
お店には売っていないので、幼い子供達に大好評でした。
b0197433_11153460.jpg

b0197433_1116356.jpg

今回も頂いたウォークスルー車とクール車。
ドアがスライド式だったり、
観音開きだったり実物そっくりで、とっても良く走ります。
b0197433_11165630.jpg

そして、もう一つのラッキープレゼントがこれ、
持ち込んで、コンピューターに送り先の住所を登録して、
自分で送り状をプリントして、スロットで当たった物3個。
トラックの形をした、贈り物用の箱、
b0197433_1282867.jpg

その中には、また、組立用の箱が入っていて、それで物を送る事が出来ます。
綺麗で、ちょっと楽しく、クリスマスのプレゼントに丁度良いと思います。

子供が喜びそうなので、取り敢えず、親戚の幼稚園児に一個使いました。
さて、お正月、誰にプレゼントしようかな? それとも家に置いて、時々走らせて、遊ぼうかしら・・・・・。

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-20 12:17 | 日々の暮らし

大丈夫よ!

b0197433_12521613.jpg

b0197433_1315462.jpg

スズメはとっても用心深い、
餌をやり始めて10年になりますが、いまだに、懐いてくれません。

他の小鳥は意外と近くまで来てくれるのに・・・・・。
いつも一定の距離を置いてて、こちらの動きに直ぐ反応し、飛んで行ってしまいます。
餌をあげても、電線や木に止まっていて、チュンチュン鳴いていて、
なかなか下りて来ない時があります。

猫でもいるのかしら?と、思うのですが、猫がいなくても、下りて来ない。
良く見ると、花壇の土を掘った気配があったりします。
また、新しい種類の餌を入れても、2,3日餌台に入らないで、高い所から見ています。

私達はこんなに大切に思っているのに・・・・・。
スズメが人間に気を許す時ってあるのでしょうか?
仕草を見ているだけでも楽しませてくれるので、まあ、良いか!

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-18 13:11 | 小鳥、魚

みかん狩り

b0197433_16524094.jpg

弟の勤める学園が管理するミカン山にミカン狩りに行ってきました。
こちらは、肥料、消毒、除草剤なしの自然農法で、作っています。
いわば、ほったらかし状態。

ところが、ここのミカンはとっても味が濃くて美味しいのです。
土は、草や、落葉樹の葉でふかふかしています。
薬を一切使わないので、土の中に微生物が一杯いて、
その働きで美味しいミカンが出来るのではとの事です。
いつか、TVで青森のリンゴ農家の方が、同じような農法で、
長い間かかって、美味しいリンゴを作っているのを見ました。
b0197433_1755663.jpg

その日は、夫の作っている青島ミカンも収穫しました。
ところが、夫の作ったミカンだけ食べると美味しいのですが、比べると味が全然違うのです。
夫は、この違いにがっくりしてしまいました。
今年も除草剤を使わず、真夏に一生懸命草刈りをし、それが枯れて養分になっている筈なのに・・・。
消毒もしてないのに・・・・・・。
少し違うのは、木の成長の為に、肥料や米ぬかなどを施した事くらい・・・・。

もっとも、毎年、夫の作る青島ミカンは暫く寝かせて熟成させ、
年を越すと甘くなるので、種類が違うのかしら?

ミカン好きな孫の為に、無農薬のミカン作りに挑戦している夫、
今年はカミキリムシの被害にも遭い、散々でしたが、50キロ収穫しました。、
傍に賑やかしにいるだけの私ですが、山通いのお付き合いしますので来年もめげずによろしく。
来年は、きっともっと美味しいミカンが出来るはずです。

b0197433_171113.jpg

b0197433_1714644.jpg

今年一杯実を付けたブルーベリーは、こんなに綺麗に紅葉していました。
今年は5キロの収穫でした。もう、来年の芽が出ていて、嬉しかったです。
来年も沢山実を付けてね!

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-15 17:16 | 日々の暮らし

形見の品で

b0197433_2222328.jpg

お義母さんの形見に頂いた物の一つ、和服の雨コートで、
ウィンドブレーカーを作りました。
真黒ではなく、黒に近い濃ーい緑の模様が織り込まれているので、
真黒より、少し明るい感じがします。
オープンファスナーと、フードの紐通しに、赤色を使いアクセントにしました。
胸にイニシャルも刺繍してみました。
軽くて、我ながら、良いものが出来たとご満悦です。
b0197433_22231166.jpg

ここ数年、元気な間にと、身辺の不要な物を整理するように心がけています。

私は5年くらい前から、足首の関節が変形していて、草履を履くのが苦手なので、
次男の結婚も済んだので、もう無理をして着物を着なくても良いのではと、思い立ち、
まずは和ダンスの整理から。

自分の着物は以外とあっさり整理できるのですが、
形見に頂いたものは捨てるのも悪いし、なかなか踏ん切りが付きません。

お義母さんの雨コートは、風も通さないし、洗えるし・・・、
自転車に乗る私のこれからの季節の必需品、
ウィンドブレーカに変身させる事にしました。

お義母さんは和裁の達人で、とても几帳面な性格なので、
雨コートもとっても綺麗に縫われていて、ほどくのが大変でしたが、
お人柄が偲ばれました。
縫ったのは、もう、70年以上前だと思いますが、
生地もしっかりしていて、こうして、蘇って、使う事が出来、
お義母さんも喜んで下さるかしら?

余った布で、葬儀の時、ちょっとした物を入れる、手提げを作りました。
軽いし、とっても小さく畳めるので、バックの中に入り、重宝しそうです。
大島紬の着物も、ほどきました。 何に変身させようかしら?

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-14 22:36 | 私の手仕事

バラ 芳純

b0197433_2133064.jpg

四季咲き  大輪:14cm  半剣弁高芯咲き。 樹高:1,5m~1,8m

春、秋の花色ははローズピンクが濃く、夏は色が薄くなります。
今年最後のこの時期は、咲き始めから終わりまで長く、とっても濃い色です。
b0197433_21334669.jpg

香りも強く、花柄を摘んで袋に入れると、匂い袋のよう、
一輪だけ部屋に飾っても、良い香りが漂います。
b0197433_21344981.jpg

夏は花色が褪せやすく、また、花も小さめだったり花弁の枚数も少なくなります。

我が家に来て、8年くらいになりますが、
とっても丈夫なバラだと思います。

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-13 21:43 | 庭の花

小鳥達へのプレゼント

冬の私達の楽しみ、リビングの前庭に来る小鳥たちを見る事。
b0197433_12524182.jpg

足の悪い私が、年を重ね、殆ど自宅で過ごすようなった時を想定し、
夫が気遣って、
<日々退屈しないように>と、小鳥達が来易い庭を作ってくれました。
鳥好きの夫ならではの、小鳥の好きそうなプレゼントが用意してあります。

①大山れんげの木と竹の止まり木
 小鳥たちは、高い木に飛んで来て止まり、竹の棒に止まり、餌台に。
②スズメやシジュウカラ等の餌台
 大食漢の鳩が食べつくさないようになっている。
③水飲み場
 陶器の器に水を張ってある。
 水を飲んだり、冬でも水浴びをして可愛い。
④シジュウカラの巣箱
 今季は2回、中まで入ってこちらを見ていました。
⑤メジロの大好物のサザンカの垣根、
 11月下旬から翌年2月頃まで咲き続ける。少し空かしてあるので、
 垣根の中をスズメやシジュウカラ、メジロがチョンチヨン歩き?廻っているのが見える
⑥ジューンベリー
 止まり木になる。春、桜のような花が咲き、メジロやヒヨドリが蜜を吸いに来たり、
 6月サクランボのような小さな実が生ると食べにくる。
⑦アロエ 
 サザンカが咲き終わった頃赤い花が咲き、メジロが蜜を吸う姿も面白い
⑧メジロとシジュウカラの餌台
 ミカンとヒマワリの種、ピーナツを置く。
 大食漢のヒヨドリに食べられないように、メジロやシジュウカラしか入れない。
⑨鳩の餌入れ
 鳩も可哀想なので、半球状の籠の餌入れ。
b0197433_12532482.jpg

⑩チロリアンランプ
 サザンカがまだ咲かない時期に咲いていて、真冬も咲いてくれてメジロが蜜を吸う。
 駐車場に植えてあるので、まだ写真が撮れないのが残念。

こんな小さな庭にこれだけの大サービス、
だから私達の気持が通じ、来てくれるのだと思います。
千客万来、一日見ていても飽きません。
 
家を建てた時、植木屋さんが、
「槇や松を植えないと、家の格が下がりますよ。」と、言われたましたが、
私達は「格より日々楽しい方が良い!!」と、アドバイスを受け入れませんでした。正解でした!!

植木屋さんの植えて下さった紅梅はメジロのお気に入りでしたが、毛虫と、枝の選定が大変で大山レンゲに、
その代わり、花ミズキはメジロの好きなジューンベリーに植え替えました。
大山レンゲとジューンベリーの木が大きくなったら、もっと心地よくなると思います。
そうそう、片隅に黄金柑というミカンの木を植えました。きっと気に入ってくれると思います。

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-12-10 13:24 | 日々の暮らし