<   2010年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ルクエ スチームケース

b0197433_10211920.jpg

この夏、プレゼントして頂いた、とっても重宝な一品、<ルクエ スチームケース>です。
夫が大変お世話になった上司のN氏ご夫妻からの頂いたものです。
この中に野菜や魚、肉等を入れ、蓋をしてレンジでチンするだけで、簡単に蒸し物が出来ます。

殊のほか暑かったこの夏、お料理する意欲も失せる日々でしたが、
我が家ではスチームケースが大活躍、楽な夕食作りが出来ました。
野菜や魚、肉を入れ、5分くらいチンして、馬路村の<ポン酢しょうゆ>で頂くという、
ヘルシーでとっても簡単なお料理が食卓に上りました。

夫が退職し、家にいるようになってから気になる事の一つ、
私が外出する時の夫の昼食の支度、
いつも気になっていましたが、
これに色々な材料を入れておけば、夫が自分でチンして食べられ、取り敢えず主采はOKです。

又、大助かりだったのは、硬いカボチャ、ジャガイモ、サツマイモ等を蒸す時、
この中に入れ、4~5分でしっかり蒸す事が出来、サラダ、スープ等大助かりしました。
切って、入れて、蓋をするだけで、あとはチン。いちいちサランラップを使う事もなく、経済的です。
蓋がピタッと被さるからだと思います。
これから涼しくなりますので、一緒に頂いたレシピ本を参考に、
こってりしたお料理などにも挑戦したいと思います。
b0197433_10245174.jpg

b0197433_10255158.jpg

b0197433_1027789.jpg

b0197433_10354844.jpg

蒸したサツマイモには、弟の作った竹塩を付けて頂きました。
青竹の節を貫き、中に赤穂の塩を入れ、
竹炭を作る時に一緒に窯に入れ丸一日かけ、作ったそうで、外は黒く、中は薄いグレーです。
とってもまろやかで、我が家の桜エビのかき揚げにも使い、来客にも大好評です。
[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-30 11:15 | 日々の暮らし

ボクの大好物

b0197433_13273422.jpg

ボクの大好物はチリメンジャコ。
これはボクがお母さんに、「大好物のチリメンジャコを下さい。」というポーズです。
お母さんのパソコンは、ボクの水槽のすぐ横にあります。
だからボクはお母さんがパソコンの傍に来ると、大急ぎで壺から出てきて、このポーズをします。
b0197433_13313241.jpg

b0197433_13321496.jpg

一日一本のこのチリメンジャコ、とっても美味しいです。
お母さんは、ボクにチリメンジャコをあげるようになったら、
ボクのお洋服が大きくなったように思っているようです。
b0197433_13353270.jpg

10日間でお洋服がこんなに大きくなったからです。
とっても喜んで、こんな立派な洋服入れを作ってくれました。
b0197433_1340487.jpg

さ~て、ボクのお洋服何枚貯まるのでしょうか!

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-28 13:47 | 小鳥、魚

キントラノオ

b0197433_1848953.jpg

b0197433_18425149.jpg

秋口から我が家の玄関先に咲く、キントラノオ、
花は2センチくらい、円錐状の穂になって次から次と咲きます。
植えてから6~7年経ちますが、とっても丈夫で、消毒をした記憶がありません。

暮れにアジサイのように思い切って剪定をしても、
来年、また、一杯伸びて咲いてくれます。
真夏の暑さで花木が弱り、花の少ないこの時期、元気に咲く貴重な花です。

黄色は<ウェルカムの色>と、どこかで聞いたような気がします。
それが頭の隅にあるからかしら?
駐車場や玄関先には黄色の花が多い我が家です。

春先のヒイラギナンテンに始まり
エビネラン、 バラ、キントラノオ、秋にはツワブキ、
昨年レモンを鉢植えにし、今年初めてレモンが一つ生りました。
この冬のウェルカムの黄色はレモンの黄色で。

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-27 18:53 | 庭の花

クロックス マンモス


b0197433_18552420.jpg

漸く涼しくなってホッとする日々、足元が寒くなってきました。
8月、楽天のバーゲンで買ったクロックスマンモスの出番です。
確か1980円、送料なしはお買い得でした。
このところの涼しさに早速履いていますが、
クッション性が良く、中のフリースがとっても暖かで、気持ちが良くお気に入りです。
夜、トイレに起きる時なども素足で履いてもとても暖かく、蒸れず、気持ちが良いです。
しかも、フリースを外して洗濯も出来るとか。

ちなみに私の靴のサイズは21,5センチ 
夏、素足で履く外用は クロックスビーチーの赤とブルーの
家の中でスリッパとして履くのはワンサイズ大き目のピンクのW-6です。

マンモスも冬のスリッパ代わりに履くので、すっと履ける、ワンサイズ大きめのW-6です。
冬、厚い靴下を履く場合は、もう一つ大きいサイズが良いかと思います。
少し地味な色なので、孫にもらった蝶を付けてみました。
可愛くなりました。
私は足、腰が悪く、履物はクッション性の高い物でないと、あちらこちら痛みます。
スリッパもいろいろ選んだ末、やっぱり、
クロックスが一番、足にやさしく、もう、4年くらいスリッパ代わりとしても使っています。
但し、滑りが悪いので、足が良く上がらな場合は躓くかもしれません。

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-25 14:57 | 日々の暮らし

ドジョウのかくれんぼ

b0197433_13531415.jpg

b0197433_13535323.jpg
 
b0197433_13543611.jpg

夏になるとドジョウが砂利の中に潜っている事が多い。
でも、完全に潜っている事は殆どありません。
砂利の中から、尻尾が出ていたり、頭だけ出したり、その口元が面白い。
飼い始めたころは、
「いなくなっちゃった~。」と本気で大騒ぎをしたものですが、
この頃では、目を凝らすと、穴が空いた所に髭がこちらには尻尾が・・・・・。
川に魚の採集に行く美容室のオーナーのボスも、
「夏は泥ごとすくわないと獲れない。」と、言っていました。
臆病だから?、それとも暑いので、潜っている方が涼しいのかしら?
少し涼しくなってきたからか、このところ潜ることが少なくなりました。

b0197433_1458167.jpg

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-23 14:48 | 小鳥、魚

ゼフィランサス ロゼア


b0197433_12231385.jpg

今年も可愛らしいピンクの咲いています。
大雨の後、突然、蕾がニョキニョキ出て来て、あっという間に花が咲き2.3日で萎れます。
レインリリーとも呼ばれているそうです。
先日、静岡県小山町では豪雨で大変な被害があり、
こちらも雨がひどく驚きましたが、その後、我が家のロゼアがあちこちに咲きました。

中南米 ヒガンバナ科
花径 4センチ 草丈10~15センチ 葉の幅4ミリ
花期 6~10月


b0197433_12281351.jpg

松葉ボタンの葉の隙間から、ニュキニュキ出てきて咲いたりします。

この地に引っ越しして来て10年、
狭い庭に、いかに、いつも花を絶やさずにいられるかが課題でした。

あの花も好き、この花も好き・・・・、
でも、とってもお気に入りの花でも、数年経つと我家の庭には大きくなり過ぎて、
他の花が可愛そうと、諦めた花々も数々ありました。
ゼフィランサス ロゼアは、一番最初に買った球根で、
我が家に来てから10年近くになる花です。
花壇の淵に植えてありますが、毎年花の数が増え、
しかも葉も小さく少ないので、邪魔にならず、
植えたままなのに、毎年可愛い花を咲かせてくれます。
白い<玉スダレ>のピンク版というところでしょうか。
虫の被害もなく、お勧めです

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-22 12:52 | 庭の花

ツユクサ

b0197433_1494888.jpg

朝晩涼しくなり、庭の手入れも苦にならなくなりました。
今朝、チロリアンランプの枝を整理しようとしたら、草の陰から、ツユクサが咲いているのが見えました。
全然気が付かなかったのですが、いつの間にか我が家の住人になっていたんですね。
この華やかなブルー、嫌味がなくて大好きです。
b0197433_14103816.jpg

b0197433_1411585.jpg

b0197433_14112843.jpg

ツユクサは直ぐ萎れてしまいますが、午前中くらいは大丈夫、トイレに挿すことにしました。

昔はその辺に咲いていたのですが、今は私の周りではなかなか見当たりません。
抜かないように大事に育てようと思いますが、来年も咲いてくれるかしら?

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-21 14:28 | 庭の花

金魚の名前

b0197433_10285298.jpg

今朝、孫のKちゃんから、金魚の名前のファックスが届きました。

赤い金魚・・・・・・リボン    ニックネーム・・・・・りんりん
白い金魚・・・・・・しらたま   ニックネーム・・・・しーちゃん 

なるほど、赤い魚は尾びれが長く優雅です。泳ぐ時ひら~り、ひら~り、リボンみたいですし、
白い金魚は、白いお腹がとっても大きく丸く、食いしんぼうなので、<しらたま>は打ってつけでした。

離れて住んでるので、パソコンの画像だけ見て付けた名前ですが、的を得ていて、嬉しかったです。
b0197433_10362241.jpg
b0197433_10364423.jpg

りんりん と しーちゃん 毎日すごい食欲で、
Kちゃんが今度我が家に来る時には、どれくらいの大きさになっているかしら?

金魚には胃袋がないそうで、食べた物が直ぐ腸に行くそうです。
それで、いつもお腹が減っていて、パクパクしているとの事。
甘い顔をして、餌を与えすぎないように、注意しないといけません

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-20 11:07 | 小鳥、魚

もう一匹 オランダ

b0197433_13542670.jpg

赤い金魚オランダが我が家の水槽の水にOKだったので、お友達を買ってあげました。
喧嘩する事もなく、二匹でヒラヒラ、とっても可愛いです。
b0197433_1357352.jpg
b0197433_1358431.jpg

最初の一日は、後から来た白い金魚が、体が大きいからか?、赤い金魚を追いかけていましたが、
二日目からはそれもなく、平穏な水槽です。
私達がちょっとでも傍に行くと、2匹で、ヒラヒラ餌をあげる場所に集まって来るけれど、
餌をあげたいのをじーっと我慢、傍に行くのも憚れます。

二匹とも病気が治って良かったのですが、実は大変だったのです。
赤い金魚を買って一週間後、
一匹では可愛そうなので、、ホームセンターにお友達を買いに行ってあげました。
ところが、たった一週間しか経っていないのに、
あんなに沢山いたオランダが、もう、3匹くらいしかいませんでした。
私は大慌て、眼鏡も掛けず、その中の一番かわいい金魚を指名し、買ってきました。
b0197433_147834.jpg

b0197433_1494712.jpg

ところが、翌日、水槽をよく見ると、金魚の尾びれの先が白くなっていて、先の方がない!!
これは話しに聞くく尾ぐされ病>では???
でも、とっても元気にしているし、赤いオランダとも仲良しになったし、
折角我が家に連れて来てあげたのに、今さら、ホームセンターに返しに行くのも可哀想・・・・・・・。
赤い金魚の背びれにも白い物がポツンと一つ。他の魚にもうつる可能性があるかも?
「これは絶対治さなければ、治してあげる!!!。」
インターネットで尾ぐされ病について調べ、塩水浴が良い事が解りました。
直ぐ、別の容器に0,5パーセントの塩水を作り、交代で塩水浴をしてあげました。
塩水浴は一日1時間、二日目は二時間、3日目は三時間、3日ほど続け、
水槽の水も三分の一替え、マットも掃除をしたところ、だんだん綺麗な尾になりました。
何より良かったのは、人を怖がらないので、逃げないから捕まえるのが簡単な事。
でも、尾びれは、赤いオランダのように伸びてくるのかしら?
一番上の三枚の写真は、尾ぐされ病が完治した二匹です。
金魚を買うときは、こんな事がないように、隅から隅まで、しっかり見て買ってくださいね。

孫のKちゃんは、我が家に遊びに来ると、いつも水槽の魚達に餌をあげ可愛がっています。
きっと、この金魚達の事も気に入ってくれると思います。
「今日、金魚に名前を付けてね。」と、ファックスを送りました。
さて、孫のKちゃんは、この金魚達になんという名前を付けてくれるかしら?
楽しみ!!!

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-18 15:01 | 小鳥、魚

金魚 オランダ

b0197433_15202781.jpg

我が家の水槽に新しく加わった金魚、オランダ、現在体調6センチです。

ホームセンターに水槽の濾過用マットを買いに行ったら、<金魚フェアー>をやっていて、
この可愛らしい口元の金魚と目があってしまいました。

b0197433_11244768.jpg


始めてみる可愛い金魚、<もう、買わずばなるまい>、
折しも、この夏の暑さで?タナゴが3匹、ドジョウが3匹なくなってしまったので、
水槽の中も少し隙々状態、
<ドジョウもタナゴもヌマエビも、皆、川に住んでいる>
<金魚もフナを掛け合わせて出来た同じ仲間>
<いじめそうな魚もいないし、同居しても大丈夫><毎日私の楽しみになり、525円、これはお安い!>
等と、名目を付けて、買ってしまいました。
我が家の水槽の水に合うかどうか解らないので、取りあえず、一匹購入。

帰ってインターネットで調べると、
リューキンの突然変異で出来た魚、人懐っこく、手から餌をもらったりする可愛い性格とあり、
ますますお気に入り。
b0197433_10265711.jpg

新しい魚が入ると、他の魚が好奇心一杯で近寄って来ます。
お店では自分と同じ金魚ばかりの水槽に入っていたので、我が家の色々な同居人にびっくりのようでした。
すぐ、壺の中に入って底に貼り付いて、中から、じっと周りを観察していました。
b0197433_10241466.jpg

一日~2日、金魚はどじょうの傍を離れませんでした。
そういえば、<どんぐりころころ、どんぐりこ・・・・・・>の歌にもあるように,
ドジョウは優しい性格でそれを知っているのかな? べったりです。

b0197433_115594.jpg

あれから、半月、今では、壺に入る事もなく、すっかり我が家の水槽に解け込み、
タナゴ2匹、ドジョウ2匹、ヌマエビ4匹、コリドラス2匹の同居も、もめ事もなく上手くいっています。

水槽の中を泳ぎまわり、私がそばに行くと餌をあげる場所に、ヒラヒラと近寄ってきます。
その尾びれを振る様子も嬉しく、楽しい。
でも、その気になって餌をあげると、飼い主みたいに肥満になってしまう・・・・・難しいところです。
本当に指を入れても逃げないし、指の先に餌を付けると、食べにきます。可愛い!!!
ここまで生きたら、もう大丈夫、今度孫のKちゃんに名前を付けてもらいます。
あまり早く名前を付けてもらって、死んでしまったらがっかりするので、おばあちゃんとしては、じっと我慢していました。

[PR]
by hibi-odayakani | 2010-09-16 11:13 | 小鳥、魚