カテゴリ:美味しい物( 188 )

大根醤油漬け

b0197433_11095114.jpg


この季節にとっても合う大根の醤油漬けを作りました。

隅田川河畔の高層マンションに住む友人が、
手作りのラッキョと大根の漬け物を送って下さった。
都会に住む友人からこういう物を送って頂くって、逆かもしれないのに・・・。

その大根漬けが、歯触りも良く、甘辛さも丁度良く暑い中とっても合います。

夫は、「これは、酒のつまみに良いので、作って欲しい!」と。

早速彼女にレシピを教えて頂き、どうせ作るなら沢山作ろうと、
大汗を掻きながら作りました。 
冷凍もOKとの事なので冷凍室にも保存しました。


材料
大根:2kg 生姜:3かけ 醤油:600cc 砂糖:400g 酢:240cc  七味唐辛子:適宜、出し粉:小さじ2杯

①大根の皮を剥き、5ミリ位の銀杏切にする。

b0197433_11090611.jpg


 根生姜は皮を剥き、千切りにする。

②調味料を煮たてる。

③熱いまま、①の大根にかけて、冷めたらざるに上げる。
 水分が出て来る。

b0197433_11091548.jpg


④先程の液を煮立て、また大根にかけて冷めるまで置き、ザルに上げる。

b0197433_11092897.jpg


⑤もう一回、液を煮立てて大根に掛け、今度は一晩漬けたままにする。

b0197433_11093808.jpg


この時、七味唐辛子を入れる。
⑥翌朝ザルに上げ、水分を切る。
これは少し濃いめの味に仕上がるので、
薄味にしたい場合は、一晩置かなくても良いような気がします。
大根を沢山頂いた時、最適です。


調味料を沢山使い、液が勿体ないので、
翌日、朝市でキュウリの摘果した物や大根を買い、
その液を使い、漬け込む回数を2回にして、少し薄味にしてみました。

b0197433_11103862.jpg


薄味なので、ポリポリしても大丈夫。

べったりのお付き合いではないけれど、
年に数回「私は携帯がかけ放題なので。」と、長い電話をくれ、
宅急便の中身には、びっくり箱のように色々な物が入っていて楽しく、
我が家に<ニコニコ>を運んでくれる友人です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-07-07 11:26 | 美味しい物

生うに

b0197433_09441255.jpg


忙しさも一段落して、昨日は久しぶりにジムで泳ぎ、疲れてうとうとしていると、
友人が北海道から届いたばかりの大好物の生うにを届けて下さいました。

b0197433_09432447.jpg


昨年も頂き、とっても美味しかったので、
美味しい物は直ぐ頂かなければ、と早速夕食に頂きました。

形もしっかりしていて、見るからに新鮮、
甘~く濃い味を堪能しました。
大好きなウニ、色々試した時期もあったけれど、
私はワサビとお醤油をちょこっとかけるのが、失敗しないで好きです。

b0197433_09442513.jpg


薬味入れに、ハマグリやトコブシの殻を少し残してあります。

b0197433_09444101.jpg


今回も、ワサビと醤油を入れて添え、溶いてからウニに掛けました。

夫はチルドに保存しておいた日本酒 獺祭(だっさい)を飲みながらご満悦。

届けて下さったKさんとは、7年位前ちょっとしたご縁でお友達になり、
趣味や考え方が私と似ていて、仲良しになりました。

夫は、家ご飯が大好きで外での食事を好みません。
彼女と時々ランチをしたりお宅に伺ったり、お喋りをするのが私の楽しみです。
他所のお宅に伺うと、色々刺激を受け、家に帰ってお掃除したり・・・。

私はこの頃、お洒落をしたいとか、旅行したいとか思わなくなりました。
家でゆっくりしながら、マイペースで過ごし、
少しでも良いから、好きな美味しい物を食べられる事が幸せです。

今年の父の日のプレゼントは、初物の佐藤錦と山口県の日本酒 獺祭(だっさい)
サクランボは見ているだけでも可愛らしく、気持ちをホンワカさせてくれました。
夫は何故か 獺祭(だっさい)一本残してチルドに保存していました。
グットタイミングでウニが届きました。
周りの皆さんのお気遣いが嬉しい今日この頃です。



[PR]
by hibi-odayakani | 2017-06-21 09:53 | 美味しい物

釜あげしらすで色々、

b0197433_10550185.jpg


この地に住んでラッキーな事の一つは、
朝まで駿河湾で泳いでいたシラスを、釜揚げにして昼には頂ける事♪
漁協に予約しておいた揚げたてのシラスは、
フンワリ、塩味も少~し、色々なお料理に使えます。

b0197433_10551378.jpg


今回は、オリーブオイルで焼いたズッキーニー、茄子、ミニトマトにトッピングして、
お気に入りの青唐辛子入りのノンオイルのドレッシングをかけて。
ドレッシングが美味しいので、他の調味料なし、野菜を焼くだけ。
九州野菜ドレッシング

b0197433_13084314.jpg


この熊本ゆず×大分青唐辛子ドレッシング、我が家で人気の商品です。

b0197433_10542301.jpg


プランターのアイスプラントは今最盛期、ちょっと添えて。歯触りとちょっと塩味が良く合う。

b0197433_10544815.jpg

卵焼きにも入れます。
シラスを一杯入れると硬めのしっかりした卵焼きが出来ます。

b0197433_10543594.jpg


砂糖、塩、味醂と少しだし汁も加えて。

b0197433_10541140.jpg


いんげんの胡麻和えとあえて、
卵汁を残しておいて、薄焼き卵を作り、一緒に混ぜました。


このシラス、取れるか日にちが解らないのが、難点、
10時過ぎ、「今、取れましたので、昼ごろ取りに来て下さい。」のお電話。
塩味が薄く、添加物もないので、注文以外は直ぐ冷凍してしまうとの事。

幸い?な事に、今夫は腰痛でゴルフはお休み中、家にいるので、
車で片道30~40分、取りに行ってもらえる事。
以前は金曜日にお電話があり、夫はゴルフ、土日は漁協はお休みで、
折角獲れたのに取りに行けない・・・、私は運転免許無しで駄目な事も。

毎年、皆さんが楽しみにして下さるので、
北海道から福岡まで、知人、友人、息子・・・、春漁が始まるとお届けします。
遠方で、クール便でお送りすると、一箱の単価が高くなるので、
ほぼ2箱づつ送ります。
皆さん、先ず、シラス丼、外にどんな食べ方をされているのかしら?

今年は海水温が低くて、なかなかシラスが獲れないそうで、
しらす祭りも中止され、冷凍庫にもないとの事。

先日は、漸く2回目を買う事が出来ました。
前回お送りできなかった方達にも送り、皆さんからお礼の電話やメール、
手間いらず、薄味の釜あげしらす、特に年配者に大好評です。
皆さん、2,3日はしらす三昧かしら?



[PR]
by hibi-odayakani | 2017-06-09 11:35 | 美味しい物

生ワサビが美味しい

b0197433_16482962.jpg

この所、知人から生ワサビを頂く事が多い。

今までは、お蕎麦や、お刺身に使っていたけれど、
太いとなかなか使い切れません。

下さった方より、
「ご飯の上に花カツオを乗せ、その上に擦りワサビ、お醤油を垂らすと美味しいよ。」
と教えて頂きました。早速試してみました。


b0197433_16373303.jpg
簡単でさっぱりと美味しい、かなりワサビを乗せても甘くてまろやか、そしてツーーン。

先日は、牛や、塩麹を擦りこんだ鶏モモ肉に乗せたりお肉の上に、

b0197433_16565030.jpg

b0197433_16392584.jpg


お醤油を少々垂らして、お肉もさっぱりと美味しい。

b0197433_16563162.jpg
b0197433_16374539.jpg


やっぱり擦りたては、甘くて、香りがあって、ツンとして辛くて最高です。
伊豆に近くても自分で買ってまで使わないので、お気遣いに感謝です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-05-14 17:12 | 美味しい物

かき揚げに相性抜群

b0197433_10265791.jpg

黄金柑の花が次々咲き、
花壇や部屋の中、道まで良い香りが漂っています。

b0197433_10271019.jpg

一杯咲いているけれど、自然落果するので、心配なし。
今季も、立派な果実が出来るようしっかり世話をしたいと思います。

b0197433_10275691.jpg

2月末収穫し、余措をしてから美味しさを堪能しましたが、
少し残して、桜えびが出回る時期まで冷蔵庫で寝かせておきました。

b0197433_10272237.jpg

今年もスーパーに漸く生桜えびが出回り、黄金柑の出番です。

b0197433_10273645.jpg


濃い目の柚子系の甘酸っぱい味は、
かき揚げの後、口の中がさっぱりになり最高です。

月曜日には、桜えびのかき揚げ大好きな刺繍の皆さんと、
手仕事そっちのけで、かき揚げ作りの予定、
只今冷凍室で生桜えびストック中です。

黄金柑も出番です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-05-11 10:54 | 美味しい物

山菜が続々

春は友人知人弟妹から、旬の山菜が次から次と届き、
私は調理にてんてこ舞いです。

b0197433_11173767.jpg

夫は年と共に、酒の肴には山菜が大好きになりました。

b0197433_11175167.jpg


大好物を目の前に「お酒が美味しい!!!」と、ご満悦です。

b0197433_11183268.jpg

昨日は朝早く弟が筍と蕨を届けてくれました。今季2回目。
いつも下処理済みなので、助かります。

b0197433_11184920.jpg

早速、蕨のタタキ(まな板でとんとん叩くと粘りが出て、でも歯触りがしっかり)、
薄めた麺つゆをかけ、頂き物の生ワサビをトッピング。

b0197433_11190605.jpg


出汁を利かせた蕨とタケノコの先の部分の炊き合わせを作りました。
どちらもヘルシーで美味しい。


今季、妹も2回も沢山の蕗を沢山届けてくれました。
最初の蕗は少し太いので、皮を剥きました。

b0197433_11322464.jpg

2回目は細いので、小さく切って茹でて灰汁を抜き

b0197433_11164680.jpg
きゃら蕗にしました。


b0197433_11181003.jpg

初めてきゃら蕗を作りましたが、皮も気にならず、美味しく出来ました。

b0197433_11221939.jpg


調味料は茹でた蕗1㎏に、
だし汁:80cc 三温糖:100g 味醂:150cc 醤油:85cc 昆布10㎝

b0197433_11443001.jpg


濃いめの甘辛に仕上げます。日持ちがして冷凍も出来ます。
蕗は毎年2,3キロ佃煮にして、ストックしておきます。
(でも煮ると少しになってしまいますが・・・103.png
当地の春漁の釜あげシラスとセットで、あちらこちらに発送し大好評です。


つい数年前までは弟妹と、
一緒に山にタケノコ堀りや蕨、蕗等取りに行ったけれど、
夫婦ともあちらこちらが痛く同行できなくなりました。

周りの皆さんがが気遣ってくれ、大好物を
下処理をして届けてくれ、
忙しいけれど<ありがとう!!!>の日々です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-05-06 12:39 | 美味しい物

今年もイチゴシロップ

b0197433_10422312.jpg


今年も恒例の色と香りが大好きなイチゴシロップとジャムを作りました。

b0197433_10451139.jpg


1箱買って、1パックは生で、シロップを作った後は少しお砂糖を加えジャムに。
少しだけ手間がかかるけれど、この時期は生よりこちらの方が好きです。

b0197433_10425651.jpg

風邪気味、ちょっと疲れた時、冷蔵庫にストックしてある、

b0197433_10431361.jpg


COーOPのバニラビーンズ入りのアイスクリームにかけて食べたり、
朝食のヨーグルトに乗せたり、少しでも赤が加わると美味しそうです。

b0197433_10432702.jpg


急なお客様の時も便利です。

作り方は こちら → http://nodokani.exblog.jp/20248154/


b0197433_10560487.jpg


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-04-07 10:59 | 美味しい物

馬路ずじの素

b0197433_15351234.jpg


馬路村の馬路ずしの素が、とってもまろやかで美味しく好評です。


一度に10本取り寄せても、あちらこちらに嫁入りしたり、
自宅で使ったり、あっという間に無くなります。

b0197433_15355963.jpg


我が家では、ご飯を炊く時、少し大きめのチリメンをこのすし酢に漬けておき、

b0197433_15434779.jpg


炊き上がったらご飯に混ぜます。

b0197433_15354379.jpg

卵焼きを上に乗せたり、海苔で手巻き風にしたりします。

b0197433_15363245.jpg


4合炊いて、多い分は冷凍保存。


私の留守の昼食時、夫はチンして、卵焼きを乗せ、
具沢山の味噌汁で取り敢えずOK、とっても重宝です。

先日は脚を怪我した妹宅へ届けました。
直ぐ食べられ、保存が効くのでお見舞いにも好評です。
明後日は退院したばかりの友人宅に届けようと思います。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-03-22 15:49 | 美味しい物

酒粕

b0197433_15414185.jpg


先日、酒粕もそろそろ終わりかな?と、
酒屋さんで1キロ入りを3袋も買ってきました。冷蔵、冷凍保存もOKなので。

12月になると新酒の絞り込みが始まり、

b0197433_15415599.jpg


酒粕は我が家の必需品になり、毎日具沢山の味噌汁か粕汁に使います。

芯から温まるのか、真冬の朝の散歩も寒さを感じませんでした。
一月に500グラム位は使います。

魚久の粕漬けが大好きだけれど、
自分で買うにはちょっと高価過ぎます。
先日、ギンダラで粕漬けを作ってみました。

b0197433_15422418.jpg


ギンダラ:三切れ
酒粕:大さじ4杯 味噌:大さじ1 酒:大さじ2 みりん:大さじ1

酒粕をお酒と味醂で溶き、味噌を入れて混ぜ、

b0197433_15405874.jpg


半量をラップの上に敷き、その上に魚を乗せ、残りを上に乗せ包んで、

b0197433_15411419.jpg

冷蔵庫で四日位保存すると味が滲みて来る。

焦がさないように焼く。結構美味しく出来ました。
生タラはもう一つでした。脂がのっている魚の方が美味しいです。

その他、くっ付かないアルミホイルで両面焼いて、焼ねぎ味噌を付けたり、
お酒は飲まないけれど、酒粕大好きです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-03-14 15:56 | 美味しい物

紅はるかの干しイモ

b0197433_17540807.jpg


紅はるかの干し芋が美味しい!

甥が建設業の傍ら、箱根西麓の休耕地を利用して農作物を育てています。
今回は、昨年晩秋収穫した紅はるかを貯蔵庫で貯蔵し、

b0197433_17531877.jpg


干し芋に仕上げたものを頂きました。

ネットリとして、甘~く、しかも後味がよく後を引きます。
高齢者にはスイートポテトより、胃に優しくてお気に入りです。

湿度や温度を管理する貯蔵庫を作り、
2か月以上貯蔵すると紅はるかは一層美味しくなるのだそうです。
干場は屋根の付いた立派な物を作っていて、
これで採算が合うのかしら?と、心配してしまいますが、
高齢化に伴い、増える休耕地を黙って見ていられないようです。
サツマイモはそのままより、加工する方が人気があるそうです。

b0197433_17530331.jpg

無くならないうちにと、早速少し多めに注文し、

b0197433_17535175.jpg


郵便局のスマートレターに入れあちらこちらに送り喜ばれています。
送料も180円と安いし、丁度二袋入る、(1キロ以下、厚さ2センチまで)

b0197433_17533650.jpg


その折、「伯父さん、酒のつまみにどうぞ。」と、菌床椎茸を頂いてきました。
毎日霧を吹くだけとの事、
お酒のつまみにもなるし物を育てるのは楽しいので、管理は夫にしてもらう事に。

先日友人から、「さっと焼いて、焼ねぎ味噌を乗せると美味しい」と聞いたばかり、

b0197433_17560091.jpg


早速試してみました。ヘルシー、お酒のつまににもピッタリです。
簡単で美味しい、3回転くらい取れるそうで楽しみです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-03-05 18:18 | 美味しい物