カテゴリ:美味しい物( 182 )

今年もイチゴシロップ

b0197433_10422312.jpg


今年も恒例の色と香りが大好きなイチゴシロップとジャムを作りました。

b0197433_10451139.jpg


1箱買って、1パックは生で、シロップを作った後は少しお砂糖を加えジャムに。
少しだけ手間がかかるけれど、この時期は生よりこちらの方が好きです。

b0197433_10425651.jpg

風邪気味、ちょっと疲れた時、冷蔵庫にストックしてある、

b0197433_10431361.jpg


COーOPのバニラビーンズ入りのアイスクリームにかけて食べたり、
朝食のヨーグルトに乗せたり、少しでも赤が加わると美味しそうです。

b0197433_10432702.jpg


急なお客様の時も便利です。

作り方は こちら → http://nodokani.exblog.jp/20248154/


b0197433_10560487.jpg


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-04-07 10:59 | 美味しい物

馬路ずじの素

b0197433_15351234.jpg


馬路村の馬路ずしの素が、とってもまろやかで美味しく好評です。


一度に10本取り寄せても、あちらこちらに嫁入りしたり、
自宅で使ったり、あっという間に無くなります。

b0197433_15355963.jpg


我が家では、ご飯を炊く時、少し大きめのチリメンをこのすし酢に漬けておき、

b0197433_15434779.jpg


炊き上がったらご飯に混ぜます。

b0197433_15354379.jpg

卵焼きを上に乗せたり、海苔で手巻き風にしたりします。

b0197433_15363245.jpg


4合炊いて、多い分は冷凍保存。


私の留守の昼食時、夫はチンして、卵焼きを乗せ、
具沢山の味噌汁で取り敢えずOK、とっても重宝です。

先日は脚を怪我した妹宅へ届けました。
直ぐ食べられ、保存が効くのでお見舞いにも好評です。
明後日は退院したばかりの友人宅に届けようと思います。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-03-22 15:49 | 美味しい物

酒粕

b0197433_15414185.jpg


先日、酒粕もそろそろ終わりかな?と、
酒屋さんで1キロ入りを3袋も買ってきました。冷蔵、冷凍保存もOKなので。

12月になると新酒の絞り込みが始まり、

b0197433_15415599.jpg


酒粕は我が家の必需品になり、毎日具沢山の味噌汁か粕汁に使います。

芯から温まるのか、真冬の朝の散歩も寒さを感じませんでした。
一月に500グラム位は使います。

魚久の粕漬けが大好きだけれど、
自分で買うにはちょっと高価過ぎます。
先日、ギンダラで粕漬けを作ってみました。

b0197433_15422418.jpg


ギンダラ:三切れ
酒粕:大さじ4杯 味噌:大さじ1 酒:大さじ2 みりん:大さじ1

酒粕をお酒と味醂で溶き、味噌を入れて混ぜ、

b0197433_15405874.jpg


半量をラップの上に敷き、その上に魚を乗せ、残りを上に乗せ包んで、

b0197433_15411419.jpg

冷蔵庫で四日位保存すると味が滲みて来る。

焦がさないように焼く。結構美味しく出来ました。
生タラはもう一つでした。脂がのっている魚の方が美味しいです。

その他、くっ付かないアルミホイルで両面焼いて、焼ねぎ味噌を付けたり、
お酒は飲まないけれど、酒粕大好きです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-03-14 15:56 | 美味しい物

紅はるかの干しイモ

b0197433_17540807.jpg


紅はるかの干し芋が美味しい!

甥が建設業の傍ら、箱根西麓の休耕地を利用して農作物を育てています。
今回は、昨年晩秋収穫した紅はるかを貯蔵庫で貯蔵し、

b0197433_17531877.jpg


干し芋に仕上げたものを頂きました。

ネットリとして、甘~く、しかも後味がよく後を引きます。
高齢者にはスイートポテトより、胃に優しくてお気に入りです。

湿度や温度を管理する貯蔵庫を作り、
2か月以上貯蔵すると紅はるかは一層美味しくなるのだそうです。
干場は屋根の付いた立派な物を作っていて、
これで採算が合うのかしら?と、心配してしまいますが、
高齢化に伴い、増える休耕地を黙って見ていられないようです。
サツマイモはそのままより、加工する方が人気があるそうです。

b0197433_17530331.jpg

無くならないうちにと、早速少し多めに注文し、

b0197433_17535175.jpg


郵便局のスマートレターに入れあちらこちらに送り喜ばれています。
送料も180円と安いし、丁度二袋入る、(1キロ以下、厚さ2センチまで)

b0197433_17533650.jpg


その折、「伯父さん、酒のつまみにどうぞ。」と、菌床椎茸を頂いてきました。
毎日霧を吹くだけとの事、
お酒のつまみにもなるし物を育てるのは楽しいので、管理は夫にしてもらう事に。

先日友人から、「さっと焼いて、焼ねぎ味噌を乗せると美味しい」と聞いたばかり、

b0197433_17560091.jpg


早速試してみました。ヘルシー、お酒のつまににもピッタリです。
簡単で美味しい、3回転くらい取れるそうで楽しみです。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-03-05 18:18 | 美味しい物

日光の揚巻湯葉と秋田の漬物

b0197433_09413526.jpg



昨日の刺繍の日のおやつは、日光海老屋の<揚巻湯葉>と、

b0197433_09305159.jpg


秋田のお土産のお漬物でした。

b0197433_09320007.jpg


揚巻湯葉は、お友達がお里帰りの折に心に掛けて買って来て下さる物、
沢山入っていて、その上一個食べただけで大満足になる一品です。

b0197433_09322543.jpg


油抜きが少し大変ですが、凍ったまま水から入れ、
落し蓋をしてゆっくり弱火で解凍し、沸騰したら水を捨入れ替え、もう一回油抜きを。
1,5倍くらいに膨らむので、大き目な鍋に入れた方が良いです。
湯葉は柔らかいので、強火だと巻が崩れるので取扱いに注意。

b0197433_09324245.jpg

出汁は、お友達から頂いた兵四朗だしで取ったたっぷりの出汁で、
味付けは、味醂大さじ2とと塩少々で薄味に。
弱火で20分くらい煮含めて、液に浸しておく。

b0197433_09333173.jpg


懐石料理などで湯葉をちょこっと食べる機会はあるけれど、
これは、ボリューム感たっぷり、柔らかく、
味も良く滲みて凄く美味しくて大好きです。
ヘルシーで栄養満点です。
お友達も味わいながらゆっくり箸を進め、とっても喜んで頂きました。

秋田出身のお友達からも、珍しいお漬物を頂きました。
<茄子のはなずし>

b0197433_09330811.jpg

 
丸茄子に菊花を乗せた漬け物、甘じょっぱい感じ、
味が濃いので、小さく切るとお茶うけに丁度良いと喜ばれました。

b0197433_09314347.jpg


<ちーずがっこ>は、いぶりがっこにチーズの珍しい組み合わせ、
いぶりがっこととろけるチーズのまろやかさがマッチ、
食感も面白く美味しい!、ワインに合いそうです。


私の体重を考え、友人達はお菓子を避けた珍しいお土産を下さる。
お菓子を食べる機会は少なくなっているのに、それでも痩せるのは難しい・・・。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-02-21 10:04 | 美味しい物

箱根西麓の沢庵

b0197433_14111881.jpg


毎年予約して樽で買う箱根西麓の細井さんの沢庵が、
美味しい時期を迎えました。

b0197433_14124119.jpg


毎年、我が家も楽しみに賞味しているけれど、
知人友人にもこれを楽しみに待っている方が沢山います。
箱根の斜面を利用し、天火干しされた大根は良く曲がり、歯触り抜群です。

糠、塩、唐辛子、柿の皮、ウコン、鰹節粉、だし昆布で漬けてあり、
あまり塩辛くなく、良い味で飽きが来ず我が家では欠かせない品です。
歯の良い夫はボリボリサラダ感覚で食べるので、薄ーーーく切ります。

b0197433_14450315.jpg
漬け込んで一か月、まだウコンの色が出ていないので色白です。
b0197433_14442512.jpg
二月になると色が濃くなり、塩もすっかり枯れ食べ頃です。


気前よく、プレゼントしていたら、残り少なくなってきました。
今日は離れて住む友人、知人に宅急便で送りました。

b0197433_14125747.jpg

今日の荷物には朝市の、甘くてネットリの安納芋と紅あづまの干し芋、
プチベール、ミニトマトの<たもっちゃん>も入れました。

甘い干し芋に、薄味の沢庵ポリポリ、
おやつに持って来いと喜んで頂けるかな?と、荷造りしながらにっこり。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-02-08 14:52 | 美味しい物

蕪蒸し

b0197433_14440168.jpg


寒いこの時期、根菜類が甘くて美味しい。
特にこの時期の蕪が美味しくて好きです。
蕪蒸しを作りました。
我が家の冬の定番で、胃に優しくて、ヘルシーで簡単です。

蕪:中2個 卵白身:1個 塩:少々 カニのほぐし身:適宜 水溶き片栗粉:適宜

b0197433_14265566.jpg


①蕪の皮を剥き、摩り下ろし、ザルに上げ布巾で軽く水気を切る。

b0197433_14271236.jpg


②卵白を泡立てる。

b0197433_14263782.jpg


③卵白の中に水を切った蕪と塩少々を入れ混ぜる。

b0197433_14272853.jpg


④器に入れる。沢山入れると膨らむので、注意。
ラップをふわっとかけ、
電子レンジ(スチーム対応)で茶碗蒸しと同じ要領でチン。

b0197433_14280464.jpg


その間に、濃いめのお吸い物くらいの汁を作り、
蟹のほぐし身を入れ沸騰したら、
水溶き片栗粉を入れて餡を作り上に乗せる。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-02-02 14:48 | 美味しい物

うるい

b0197433_16070619.jpg


スーパーで早々と<うるい>を見つけました。

仙台時代、初めて口にしたのは山形の山寺でお蕎麦を食べた時、
その食感と、ぬめり感がとてもお気に入りに。

お店の方に教えて頂き、
よく仙台の朝市で買って食べたものです。
ずっとご無沙汰、久しぶりに食べる事が出来ました。
促成栽培なので、山寺で食べた時より頼りないけれど満足でした。


今年に入って初めての刺繍の日、
皆さん、いつも甘い物を色々持参して下さるので、
私は違う感じの物を用意。

b0197433_16073698.jpg

皆さん食べた事がないだろうと早速用意、さっと茹でて、

b0197433_16075883.jpg
b0197433_16081524.jpg


鯛とのカルパッチョや胡麻ドレッシング和えに使ってみました。

b0197433_16083945.jpg


とろろ昆布の小さなおにぎりと赤カブの漬物も添えて。
岩手出身の友人は昔食べた事があり、久~しぶりと言っていましたが、
皆さん初めてでした。

山寺は、仙台時代に仙山線に乗り(単線ののんびり感が良い~!)、
渓谷沿いの新緑や紅葉を楽しみながら、よくお蕎麦を食べに行きました。

b0197433_16085536.jpg


お勧めなのは雪が降った時の山寺、最高です。
まさに幽玄のの世界でした。
前日から雪が降っていて、丁度仙台勤務だった次男と落合い、山寺へ。  

b0197433_16250582.jpg

雪の渓谷を走る電車の車窓の美しさや長いつららに感動したり、
山寺は良き思い出の地です。


[PR]
by hibi-odayakani | 2017-01-25 17:13 | 美味しい物

神戸 べっぴんロール ♪ oishii

b0197433_11201066.jpg


先日、すみれ色がとっても綺麗な、上品なロールケーキが届きました。

その名も〈 神戸 べっぴんロール >

b0197433_11204936.jpg


NHKの朝の連続ドラマ<べっぴんさん>のタイトルロゴ許諾商品です。

b0197433_11212771.jpg


マシュマロにブルーベリーを練りこんですみれ色にした皮で包み、
ロールケーキにした物です。

b0197433_11220581.jpg

上には綺麗な色の食用花がトッピングされていて、とっても綺麗です。
(今回は金魚草かな?)
べっぴんさんのお花の刺繍のイメージのようです。
華やか過ぎず、大人しい感じでしかも可愛い・・・、
べっぴんさんでキアリスを立ち上げた4人の女性たちのようです。

b0197433_11225498.jpg

マシュマロの皮は弾力性があり、何時ものマシュマロのイメージとは違うけれど、
暫くして口の中で溶け、中のふんわりしたスポンジの食感との違いも面白い。
甘さは控えめなので、1/4カット、ペロッと美味しく頂きました。


甘すぎず、老人家庭のお茶の時間は、可愛らしい雰囲気になりました。

1ピースで十分4人分取れるので、
近かったら買に行き、お友達とのお茶の時間に頂けるのに・・・、
神戸は遠いな~。
贈って下さった、宝塚に住む甥に感謝です。

冷凍なので、2、3個取り寄せれば、良いのかもしれません。

b0197433_11231999.jpg
神戸マシュマロ専門店では、
私のまだ口にした事がない美味しそうなお菓子が一杯ありそうです。
良いな~~~。


[PR]
by hibi-odayakani | 2016-12-27 12:48 | 美味しい物

干し柿

干し柿が漸く食べ頃になりました。

b0197433_14230015.jpg


中は柔らかく、市販のあんぽ柿みたいでとっても美味しい!!!。

b0197433_14264446.jpg


朝市で、渋抜きをしてある柿と干し柿用を間違えたお蔭で、
自宅でこんな美味しい干し柿が出来るなんて、怪我の功名です。

過日、ふらつきで朝の調子が悪い時、
夫が一人で朝市に買い物に行ってくれる事になりました。
買って来てほしい物を聞かれ、<ぬき柿>を頼みました。
その時期美味しい渋抜きした柿です。

何時もは運転で同行するだけで、買い物の中身にはあまり関心がありません。
帰ってきて、「立派な柿があったよ!」と、早速剥いてくれましたが、
「ウェーーー、渋い!!!。」の声が・・・・・、

間違えて干し柿用を買って来てしまいました。
結構大きな柿、これは干し柿にするしかないと、パッションフルーツの網に吊るしました。

b0197433_14304531.jpg


吊るしてみると、色の変化や萎んでゆく様子が何か楽しい、
吊るし柿越しに、メジロを見るのも楽しいので、

b0197433_14311764.jpg
暫くしてまた買って来て吊るしました。

b0197433_14324508.jpg

こちらの食べごろは一週間後かしら?

作り方は、毎年我が家に美味しい干し柿をプレゼントして下さる
友人のお母様の作り方で。
皮を剥き、紐を付け熱湯にさっと漬け、
その後35度の焼酎を霧吹きでかけ、吊るして干す。
表面が少し柔らかくなったら、全体を揉みほぐし柔らかくする。
2週間後くらいから食べ頃との事、正解でした。

来年は、もっと沢山吊るしてみようかな。





[PR]
by hibi-odayakani | 2016-12-25 14:56 | 美味しい物