スズメの天下

今日も我が家の小鳥の餌台は、スズメの天下です。
肝心のメジロやシジュウカラが長居をしてくれません。

b0197433_11200071.jpg

朝から20羽近く、木の枝や電線の上で餌を待っているスズメ達、
それはそれで可愛いけれど・・・・・・。

今年は、餌を食べ直ぐメジロの為のミカン食べ始めます。

b0197433_11194863.jpg

スズメの餌台を作り直し、離れた場所に置いても関係ありません。

b0197433_11184652.jpg

食べられない筈のシジュウカラのヒマワリの種は、
穴から引っ張り出し、まき散らしています。

b0197433_11181610.jpg


シジュウカラが食べているのを見て、
その内美味しい物が出て来ると思うのかしら。

シジュウカラは地面に落ちたヒマワリの種を拾って、直ぐ電線の上に。
この春までは拾って、近くの木の枝に止まって種を突いていたのに・・・。

b0197433_11192389.jpg


喧嘩をしているのを見た事はないけれど
スズメの方が多いし、体も大きいので、恐いのかもしません。
水飲み場も、水浴びもスズメ、砂浴びの穴も地面にポコポコ。

b0197433_11231028.jpg


散歩の公園でもまだ野鳥達をあまり見かけないので、
山にまだ餌が一杯あるのかしら・・・・・。
その内、シジュウカラやメジロが山から下りてきてくれるかな~~~、
気を揉む毎日です。


[PR]
# by hibi-odayakani | 2017-12-17 11:31 | 小鳥、魚

パエリア

今年最後の刺繍の日、
久しぶりに皆でパエリア等を作りランチ会をしました。

b0197433_15071635.jpg

久しぶりのパエリアは、魚介類の味が効いて皆で美味しい時間を過ごしました。


材料 5人分
米:1,5合(洗わない) 水:2,5C オリーブ油:大さじ2 レモン:半分

鶏モモ肉:100g 海老:5匹 アサリ:1パック 生タラ:1切れ

b0197433_15094774.jpg
ミニトマト大:4個 パプリカ青:半分、黄色、赤少々 玉ねぎ:中1個 ニンニク:1かけ ブロッコリー:少々 
パプリカパウダー:小匙1 サフラン:10本 コンソメ:1個 塩:小さじ3/4  レモン

下ごしらえ
①アサリは砂出しし、1Cの水から入れ煮立て、貝を取り出し身とスープに分ける。
(見た目は貝があった方が豪勢だけれど、食べる時面倒なので私は貝を外す)
②サフランは熱いアサリのスープに浸け置き、水を加え2,5Cにする。

b0197433_15064224.jpg

③鶏、タラ、背ワタを取って酒を振り掛けた海老は、塩、胡椒しておく。
④トマトは湯剥き、小口に切る。
⑤ニンニクはみじん切り、ピーマン、玉葱は粗みじん切りに。

b0197433_15062267.jpg


作り方
①フライパンにオリーブオイル小匙1を敷き、エビ、タラ、を焼き、
鶏肉は皮を下にして焼き小さく切る。(エビも鶏も焦げ目を付ける)

b0197433_15060738.jpg


②油を拭き、オリーブ油大さじ2を加え、
ニンニク、玉ねぎを色が付くまで炒め、ピーマン、トマトを加える。

③②にパプリカ、コンソメ、サフランの色が出たスープ2,5C、塩、胡椒、
米を入れ、良く混ぜ、海老、鶏、タラ、アサリを乗せ、

b0197433_15065814.jpg

中火の弱火で10分、穴がブツブツ開いてきたら、蓋をして弱火で15分煮る。
④蓋を取って水分を飛ばし、茹でたブロッコリーを乗せ、もう一度弱火で蒸す。
⑤櫛形に切ったレモンをかけて食べる。

昔は、4人分用だったけれど、今回は同じ量でも5人分でも十分でした。年かな~。

16年前から、<談話室 ○○>と名前を付けて、月2回お友達が集まって、
お料理、食事、刺繍、お喋りの賑やかな会をしていました。

脚の痛みと私も準備が大変になり、ここ6年位お料理作りは中止、
月1回の集まりになりました。

でも、時折、家で簡単に出来るお料理を作る会を開くと、
皆さんとっても楽しそうで張り切ります。

b0197433_15073185.jpg


主婦だから、それとも皆でワイワイ作るのが気が楽のなのかしら?

来年も皆元気で楽しく集える会にしたいものです。
昔、私が作ったレシピをまだ持っていて下さるそうで嬉しい。

b0197433_15132877.jpg




[PR]
# by hibi-odayakani | 2017-12-12 15:37 | 美味しい物

ほぼ日5年手帳

b0197433_18562920.jpg


黄色の箱に入った<ほぼ日5年手帳>が届きました。
https://www.1101.com/store/5year/index.html

私はこの頃、パソコンや携帯使用で文字を書く事がめっきり減り、
思い出せない漢字も事多くなって来ました。あぶない、あぶない。

来年の目標は、
文字を丁寧に書く事、忘れている漢字も思い出すように頑張る事!

そんな日々、<ほぼ日刊イトイ新聞>を読んでいると、
ほぼ日ストアで<5年手帳>を発売するとの事、即、注文しました。

b0197433_18553228.jpg


これからの5年間、
毎日数行の日記の文字位は丁寧に書こうと、心に決めて。

b0197433_18555738.jpg

縦に、5年間の簡単な日記を書き、右はフリーページなのも嬉しい。
11×15センチ、大きさもお気に入りです。

結婚当初から簡単な家計簿と日記は付けていましたが、
1882年、<我が家の歴史>という10年間の日記帳を頂きました。

b0197433_18561315.jpg


それは、10年間の今日、何をしていたのか、
一冊で即調べる事が出来、とっても重宝でした。

10年過ぎてからは、B5のノートを買って自分で作っていました。
縦1列に10年の記録が出来るようにして、1年間が4冊のノートに。
自分で作ったノートは、自分だけ解れば良しと、
雑に書く事が多く、作るのも結構面倒でした。

今回買った物、5年くらいは丁寧に書けるのではないかしら?と、思って・・・。
少し高いと思ったけれど、1年にすれば、安い、
5年間文字を綺麗に書ける、頭と体でいる事が肝心!


[PR]
# by hibi-odayakani | 2017-12-06 19:28 | 日々の暮らし

奥湯河原の紅葉

昨日、今日と奥湯河原の紅葉を満喫してきました。

b0197433_16074272.jpg

湯河原の藤木川沿いを奥に進んでみました。

b0197433_16083701.jpg

色々な紅葉が重なり合って、奥湯河原の紅葉は想像以上に素晴らしく感激しました。

b0197433_16091667.jpg

京都の紅葉、東北のスケールの大きな紅葉など、


b0197433_16102119.jpg


今まで全国の素晴らしい紅葉を楽しんできたけれど、

b0197433_16134837.jpg


こんなに、身近に沢山の紅葉が楽しめる事はラッキー!!!♪、


b0197433_16153010.jpg

しかも人が少ない♪

川沿いに遊歩道もあり、安全に紅葉を楽しむ事が出来ました。

b0197433_16161323.jpg

杖を突きながら、夫には道の先に進んで車で待ってもらい、
川のせせらぎを聞きながら川沿いの坂の遊歩道をゆっくり上って行きました。
膝の人工関節手術のお蔭で、坂の散歩も楽しむ事が出来、幸せでした。

昨日は、紅葉亭までの紅葉を楽しみました。
今日は、紅葉亭から先、湯河原パークウェイで箱根に出ました。
昨日以上に素晴らしい紅葉でした。

b0197433_16221470.jpg
パークウェイから見る山々は、色々な木々の紅葉で綺麗だったので、
春の芽吹きの季節はきっと素晴らしいに違いない・・・、

芽吹きの季節にも是非来たい、山麓公園のウォーキングを頑張って足腰を鍛えよう!

[PR]
# by hibi-odayakani | 2017-11-30 16:55 | 風景

散歩の公園で

散歩の公園、紅葉がだんだん綺麗になってきました。

b0197433_13545879.jpg


腰の痛む夫と今年の元旦から始めた散歩、
日々の積み重ねは凄いもので、二人共少しづつ楽になって来ています。

b0197433_13544233.jpg


そんな日々、色々な方と言葉を交わすようになりました。
過日、左半身麻痺で杖を突きながら、
リハビリに励んでいらっしゃる男性と知り合いました。

b0197433_13542709.jpg

一人で車を運転して来られます。

最初、何となく声をかけにくかったのですが、
私は杖を突いているし、白髪のお爺さん、お婆さんなので、
大丈夫かしら?と思いながら、声をお掛けしました。
それから、お会いすると挨拶をし、色々お話をするようになりました。

b0197433_13535896.jpg


麻痺はかなり酷く歩みもゆっくりで大変そうです。
でも、凄く前向きな方で、凄いなーーーと思います。

b0197433_13534346.jpg

退院すると、ご自宅は階段を上らなければならないので、
病院では、家に帰りたい一心でリハビリを頑張り、
自宅に戻る事が出来たと話していらっしゃいました。
病後、車も小回りのきく小型車に変え、
お医者様にも一人で運転して行くそうです。
きっと日々の積み重ねで、もっともっと快方に向かわれる事と思います。

b0197433_13541369.jpg


先日私は、両足の人工関節挿入を終えて2年、
ずーーーと気になりながら試乗しなかった自転車に乗ってみました。
結局右足首にも変形があるので、足首が綺麗に曲がりきらず、
ぺタルを完全に踏み込めず、危なっかしい乗り方しか出来ませんでした。

その方とお話しするうちに、
自転車に乗れなくても、一応歩ける自分がいる(車の免許はなし)、
乗れない事をくよくよ考えていた自分が恥ずかしくなりました。
そして、無理に乗って転んだ時の大変さを思いました。

自転車には楽しい思い出が一杯、
折りたたみ自転車を車に積んで、あちらこちら旅行したり、
一番楽しかったのは、八ヶ岳の清泉寮から駅までの長い坂道を、
あっという間に下りきった事、
楽しかった思い出に辛い思い出が加わらならない様に、やっと決心しました。
15歳から60年間、事故もなく自転車に乗る事が出来良かったです。


[PR]
# by hibi-odayakani | 2017-11-26 14:13 | 日々の暮らし