女川のお土産

b0197433_1085518.jpg

女川のお土産を頂きました。

秋田出身のお友達が、<旅行でお金を落とすなら東北で>と、
かねてから気になっていた震災後の女川や釜石等を旅行して来たとの事。

お茶をしながら、まだまだ復興途中の様子を色々話して下さいました。
「やっぱり現場に行ってみると、想像以上に大変で、言葉が出なかったわ。」と
震災直後は、義援金や義援物資等、色々気にかけていた私も、このところ・・・・・、
反省も込め身が引き締まる思いでお話を聞きました。

「これも復興支援になるかしら?」と、女川の市場で色々お土産を買って来て下さいました。
地元の方が作られた焼き菓子、タコの柔らか煮、タコ飯の素など。
b0197433_10104159.jpg

タコの柔らか煮は柔らかく、タコにしっかり味が付いて、そのまま酒の肴になりました。
私がタコの柔らか煮を作ると凄く時間がかかるので、お勧めです。
b0197433_1011966.jpg

昨日はタコ飯の素で炊き込みご飯を炊きました。
といたお米に入れるだけで簡単です。
b0197433_10113735.jpg

あらかじめタコを煮てあるので、タコに味がしっかり滲みていて、
b0197433_10135050.jpg

炊き上がったご飯もタコの出汁が出ていて、美味しく頂きました。


焼き菓子も美味しく、<女川の方々が頑張って作られたのだ>と思いを馳せながら頂きました。
b0197433_10183287.jpg

折しも泉州の水茄子の漬物が届き、ぴったりの相性でした。

私より3歳年上の彼女、現地での移動はタクシーを使い、あちらこちら案内していただいたそうです。
お土産を一杯買って、私なりに実りある旅行だったと、話していました。

思っていてもなかなか実行できない私、彼女に拍手を送りたいと思います。

[PR]
by hibi-odayakani | 2015-07-05 10:52 | 日々の暮らし


<< パッションフルーツの花 パッションフルーツを育てるー2 >>