パリッと、干しリンゴ

b0197433_1959721.jpg

干しリンゴを作ってみました。
パリッとして、噛んでいる間にリンゴの味が、口中に広がり、とっても美味しいです。

そのまま食べても美味しいし、
荒く潰して、アイスクリームにトッピングしても、食感が楽しいと思います。

b0197433_20453632.jpg

今日は、お友達が集まりましたので、干したままの物を試食して頂きました。
皆、「とっても美味しい!!。」と。
胃にも優しく、作り方も切って干すだけと簡単、お勧めです。

リンゴを縦横に4等分に切り、芯をくりぬく。
3分の一は皮を残し(色が綺麗なので)
残りは皮を剥き、5ミリくらいの厚さに切る。薄い塩水にさっと通し(変色を防ぐ為)、水を切る。
b0197433_20473340.jpg

網などに入れて、干す。
これが、なかなか干しあがらず(中がなかなか乾燥しない)、
1週間では、濡れ煎餅のように、フニャフニャしていますが、
味は凝縮して、これはこれで美味しいので、このまま食べても。

でも、もう少し我慢して、干し柿を作る積りで、気長に2,3週間干すと、
パリッとして、歯触りも良く、添加物のない、美味しい干しリンゴが出来上がります。

b0197433_20481530.jpg

待ちきれない時は1週間くらい干したら、
電子レンジに並べ、オーブンで110度、10分、
裏返して110度をもう一回10分、焼く。
レンジから出すと、フニャフニャしていますが、
ザルに広げると、だんだん固くなり、パリッとしてきます。

干し具合にもよりますが、まだ、パリッとしない時は、もう一度オーブンで焼く。
温度を高くし過ぎると、焦げ目が付いてしまうので、注意!!


昨年、生姜のお菓子
干しプルーン や干しイチジクなど色々な物を干し、それがとっても美味しかった事や、
以前、お嫁さんが、リンゴをフリーズドライした物を贈って下さったのを思い出し、
干しリンゴに挑戦してみました。

b0197433_20512466.jpg

小ぶりのリンゴ3個で、これだけ出来上がりました。
(干している間、チョコチョコ味見しているので、少し減っているかな?)

b0197433_20525892.jpg

頂き物のリンゴが沢山ある時等、お試し下さい。
今日、好評だったので、又作りたいと思います。

時間はかかりますが、保存も効くし、本物の味が楽しめると思います。


[PR]
by hibi-odayakani | 2012-02-20 21:59 | 美味しい物


<< バラの刺繍のティーマット メジロの餌箱、納品 >>